パッティングストロークの分析にいらした方の話を聞くと、テークバックをどう引いたらいいかということをよく聞かれます。

右手で引くのか?左手で引く意識なのか…?

私の答えはそのどちらでもなく、体の動きに腕はついていくだけです。

私の場合の意識は左サイドを縮める意識で、その動きを腹筋に力を入れながらやるという感じになります。なかなか言葉で説明するのが難しいのですが、背骨を軸にした回転ではなく背骨をセンターにした肩の上下の動きのイメージです。

背骨の角度は左右に変わりますが、前後の変わることがなく、その動きは左サイドを縮めたテークバック、右サイドを縮めたフォワードストロークということになります。

ですのでテークバックは手で引くのではなく「体と両腕を一体にして体の左サイドを縮める」動きをするだけでできます。

ちょっとそんな意識でやってみてください。ちょっとショルダーストロークが理解できるかもしれません。

  • コメント: 1

関連記事

  1. アウトサイドからはダウンブロー

    2019.06.10

    アウトサイドからはダウンブロー

    ちょっとストローク軌道の話をします。ストロークやスイングの軌道には縦方向と横方向の軌道があります。…

    アウトサイドからはダウンブロー
  2. グリップを握らないと手首が動く

    2020.09.9

    グリップを握らないと手首が動く

    ここ最近また増えてきたゆるゆるグリップ...。どこからそんな情報が出ているのか?力を抜いて…

    グリップを握らないと手首が動く
  3. ソール面にも角度があります

    2019.10.10

    ソール面にも角度があります

    パターの種類やそのパターのコンセプトによって違いますが、パターのソール面には角度があります。…

    ソール面にも角度があります
  4. 肘は伸ばすのか曲げるのか?

    2018.12.18

    肘は伸ばすのか曲げるのか?

    パッティングのアドレスで肘を伸ばした方がいいのか、曲げた方がいいのかをよく聞かれます。私の答…

    肘は伸ばすのか曲げるのか?
  5. 距離感が変わっってしまう要素

    2020.04.1

    距離感が変わっってしまう要素

    パターを変えたら距離感が合わなくなってしまったという話をよく聞きます。この距離感が変わって…

    距離感が変わっってしまう要素
  6. 足裏全体でスタンスする

    2019.05.7

    足裏全体でスタンスする

    パッティングをする際の足裏にかかる体重が結構偏っている方がいらっしゃいます。前かがみになり…

    足裏全体でスタンスする
  7. PT82 に STROKE LAB のシャフト

    2020.11.18

    PT82 に STROKE LAB のシャフト

    お客様から ODYSSEY PROTYPE PT82(L字パター) に STROKE LAB(スト…

    PT82 に STROKE LAB のシャフト
  8. 打ち方と打点で転がる距離が変わる

    2019.08.9

    打ち方と打点で転がる距離が変わる

    先日のラウンドの時にすごく打っている感じなのになかなかカップに届かない人がいました。使って…

    打ち方と打点で転がる距離が変わる
  9. Scotty Cameron T22 NEWPORT 2 CIRCLE-T

    2019.12.4

    Scotty Cameron T22 NEWPORT 2 CIRCLE…

    今日はちょっとお客さんに見せてもらった Scotty Cameron のツアーパターをお見せします…

    Scotty Cameron T22 NEWPORT 2 CIRCLE-T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP