最近では ODYSSEY が純正グリップに Super Stroke を採用したり、Scotty Cameron は Winn Grip の OEM グリップを純正グリップに採用したりしています。

これらのグリップはグリップ本体に印刷で模様がつけられたり、色の変更など簡単にできるため、デザイン性に優れている感じです。

もちろん性能的にも良いので採用になっていると思うのですが、私をはじめこれらの柔らかいグリップが合わない人も少なくありません。

常々言っているように手首の角度をストローク中動かないようにキープするために、グリップはしっかり握ることを推奨しています。

この柔らかいグリップをしっかり握った時に私の場合余計な力が必要になる感覚になってしまいます。

しっかり握ったという感覚になれるまで力を結構入れなくてはならないという感じです。握っても沈まない(凹まない)グリップではそれほど力が必要ないのに柔らかいとしっかり握ろうとしていつもより力が入ります。

先日の実験パターのグリップも柔らかく、なんだか疲れる感じがするのはそのせいだったかもしれません。

ということで、グリッププレッシャーが強めでしっかりインパクトをするストロークをしたい人には柔らかいグリップは向かないと思います。

  • コメント: 1

関連記事

  1. 自分のスタイルを変えたくない

    2020.05.20

    自分のスタイルを変えたくない

    パッティングに関する相談を受けたときに、ほとんどの方は今の打ち方を変えても良いと言っていらっしゃい…

    自分のスタイルを変えたくない
  2. 本当にパッティングが悪かったのか?

    2020.01.17

    本当にパッティングが悪かったのか?

    パッティングの結果は結構ラウンドでひきずることがあります。でもそれってもしかしたらパッテ…

    本当にパッティングが悪かったのか?
  3. 実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    2019.04.3

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    「軽いシャフト」に「重いヘッド」と「重いグリップ」の実験で使うシャフトが決まりました。US…

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge
  4. ショートパットを確実に入れるために その3

    2019.11.7

    ショートパットを確実に入れるために その3

    ショートパットを確実に入れるための方法の3回目です。今回はパッティングはリズムが重要という…

    ショートパットを確実に入れるために その3
  5. 予期せぬ事が起きても…

    2019.11.13

    予期せぬ事が起きても…

    先日のラウンドで数年ぶりに36パット以上打ちました(21-17の38パット)。グリーンのス…

    予期せぬ事が起きても…
  6. Scotty Cameron T22 NEWPORT 2 CIRCLE-T

    2019.12.4

    Scotty Cameron T22 NEWPORT 2 CIRCLE…

    今日はちょっとお客さんに見せてもらった Scotty Cameron のツアーパターをお見せします…

    Scotty Cameron T22 NEWPORT 2 CIRCLE-T
  7. ルーティーンのどこで距離感を作るか?

    2020.02.20

    ルーティーンのどこで距離感を作るか?

    距離感を作るには目標地点(カップ)まで届かせるイメージを持ちながら素振りなどをする場合が多いです…

    ルーティーンのどこで距離感を作るか?
  8. フェースの向きが作るストローク軌道

    2019.10.16

    フェースの向きが作るストローク軌道

    インパクト時のフェースの向きはなかなか直すのが難しい部分です。インパクト時のフェースの向き…

    フェースの向きが作るストローク軌道
  9. Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

    2018.06.14

    Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

    この話も直接 Scotty Cameron 氏からお聞きした話です。Tiger Woods …

    Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP