パッティングストローク分析にいらした方に最適なライ角についてお話しすると、ほとんどの方が納得していただき調整されます。

以前にも書きましたが、アイアンのように地面に接して打つことが無いクラブですので、ライ角がアップライトだから左に引っかかるとか、ライ角がフラットだからつかまらないということはありません。

ただ大きく変わるのがパターのすわりです。パターのすわりが悪ければフェース面を打ちたい方向に真っすぐに向けることが難しくなり、ソール面を地面につけた状態で合わせることが困難になります。

これがライ角を合わせることでソールしただけでフェースが真っすぐに向きやすくなります。この感覚は本当にストレスがありません。

毎回トウ側が浮いていてその景色を見ながら合わせたり、逆にヒール側が浮いてその景色を見ながら浮かせた状態で向きを合わせることはなかなかストレスを感じるものです。

1度程度の多少のライ角が合っていない感覚は何とか吸収できる場合もありますが、それ以上のずれがある場合は影響があるはずですので調整をお勧めします。

Putting Labo では他店で断られたパターのライ角調整もお受けできます(ある程度の限界はあります)。どうしてもライ角調整したい方はご相談ください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. フェースバランスだから易しい?

    2020.03.27

    フェースバランスだから易しい?

    ストローク分析にいらっしゃる方に話を聞くと、大きいヘッドでフェースバランスだと易しいと思っている…

    フェースバランスだから易しい?
  2. 爪先でも踵でもない

    2019.08.1

    爪先でも踵でもない

    アドレス時の体重がかかる位置は爪先でもないですし踵でもありません。パッティングストローク分…

    爪先でも踵でもない
  3. 変わったパターを使う時の注意

    2018.06.28

    変わったパターを使う時の注意

    世の中には色々なコンセプトのパターが存在します。Edel トルクバランスパター、ODYSSE…

    変わったパターを使う時の注意
  4. パターのバランスについて

    2019.11.27

    パターのバランスについて

    ゴルフクラブにバランス(スイングバランス)という概念が定着しています。このバランスという概…

    パターのバランスについて
  5. なぜショートパットを外すのか?

    2018.06.29

    なぜショートパットを外すのか?

    これは永遠のテーマな感じがします。しばらく外さないでいると徐々に自信も出てきて、良いストロー…

    なぜショートパットを外すのか?
  6. 調整を断られたパターの持込がたくさん

    2020.03.2

    調整を断られたパターの持込がたくさん

    最近パターの調整だけにいらっしゃる方も増えてきました。以前は高額のパターや、大型マレット…

    調整を断られたパターの持込がたくさん
  7. グリップエンドの動きに注目

    2018.08.22

    グリップエンドの動きに注目

    パッティングのストローク中のグリップエンドに注目してみてください。上の動画のようにシ…

    グリップエンドの動きに注目
  8. グリップが真っ直ぐに入っているか?

    2018.10.22

    グリップが真っ直ぐに入っているか?

    ストローク分析にいらした方のグリップを見てみると結構色々です。アドレスでどうしてもまっすぐに…

    グリップが真っ直ぐに入っているか?
  9. アドレスの時の顎の位置を考える

    2019.08.6

    アドレスの時の顎の位置を考える

    パッティングのアドレスの時の体重のかけ方については何回かに分けてお話ししましたが、今日は顎の位置に…

    アドレスの時の顎の位置を考える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP