パッティングストローク分析にいらした方に最適なライ角についてお話しすると、ほとんどの方が納得していただき調整されます。

以前にも書きましたが、アイアンのように地面に接して打つことが無いクラブですので、ライ角がアップライトだから左に引っかかるとか、ライ角がフラットだからつかまらないということはありません。

ただ大きく変わるのがパターのすわりです。パターのすわりが悪ければフェース面を打ちたい方向に真っすぐに向けることが難しくなり、ソール面を地面につけた状態で合わせることが困難になります。

これがライ角を合わせることでソールしただけでフェースが真っすぐに向きやすくなります。この感覚は本当にストレスがありません。

毎回トウ側が浮いていてその景色を見ながら合わせたり、逆にヒール側が浮いてその景色を見ながら浮かせた状態で向きを合わせることはなかなかストレスを感じるものです。

1度程度の多少のライ角が合っていない感覚は何とか吸収できる場合もありますが、それ以上のずれがある場合は影響があるはずですので調整をお勧めします。

Putting Labo では他店で断られたパターのライ角調整もお受けできます(ある程度の限界はあります)。どうしてもライ角調整したい方はご相談ください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    2018.10.16

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    私の場合ストローク軌道が悪い状態になるとインに引きすぎてしまいます。インに引いて主に起こるのはプッシ…

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法
  2. パット数を数えていますか?

    2018.12.7

    パット数を数えていますか?

    パット数といってもいろいろな数え方があります。グリーン上で打ったパット数だけを数える方法と、…

    パット数を数えていますか?
  3. マレット型が合うタイプ

    2018.12.27

    マレット型が合うタイプ

    今回はちょっと違うアプローチでマレット型が合う人はどんな人なのか考えてみました。マレット型と…

    マレット型が合うタイプ
  4. STABILITY Shaft 実験2

    2019.06.14

    STABILITY Shaft 実験2

    今エースで使用している HILLCREST TRUECoG CUPRUM は良い感じで使えているの…

    STABILITY Shaft 実験2
  5. シャフトを重くすると… その2

    2018.11.1

    シャフトを重くすると… その2

    重いシャフトは軽いシャフトよりも硬くなる場合がほとんどです。硬くなるとヘッドの硬さの感じ方も変わって…

    シャフトを重くすると… その2
  6. 遠過ぎるボールとの距離

    2019.03.13

    遠過ぎるボールとの距離

    先日近すぎるボールとの距離についてお話ししましたが、今日はその逆の遠すぎるボール位置についてです。…

    遠過ぎるボールとの距離
  7. パターはライ角を変えても球のつかまりは…

    2018.09.28

    パターはライ角を変えても球のつかまりは…

    パッティングでボールがつかまらないで右に行ってしまうとか、逆に引っかけてしまうということが結構あるの…

    パターはライ角を変えても球のつかまりは…
  8. フェース向きのコントロールの練習 3

    2018.08.10

    フェース向きのコントロールの練習 3

    ちょっと間が空いてしまいましたが、フェース向きのコントロールの練習の難しいバージョンを紹介します。…

    フェース向きのコントロールの練習 3
  9. できあがった実験用パター

    2019.04.8

    できあがった実験用パター

    実験用のパターができあがりました。使うパーツとしては、ヘッドが「Scotty Camero…

    できあがった実験用パター

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP