パッティングで距離感が合わなくなる要因はかなりたくさんあります。

一番多いのは前に打った人が打ち過ぎてオーバーしてしまって、それを見ていた印象で自分が打てなくなってしまう。もしくはそうならないようにしっかり打ち過ぎて同じようにオーバーしてしまう….

その人のパッティングがしっかり芯で当てて良い転がりをした結果なのか?当たりが悪いのが原因だったのか?

同伴プレーヤーのパッティングを参考にするならこのあたりをよく見ていなければなりません。

ですので、いつも参考になりそうなラインからパッティングをする人には上手く打ってほしいと祈っています(笑)。

特に傾斜が強かったり、芝目がきついグリーンでは曲がり幅の情報はかなり重要です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    2019.04.3

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    「軽いシャフト」に「重いヘッド」と「重いグリップ」の実験で使うシャフトが決まりました。US…

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge
  2. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2018.08.1

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よくそんな事を言う人がいますが、この表現は危険です。正しくストロークすると真っ直ぐには引けま…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  3. 自分の癖をつかむ

    2019.06.6

    自分の癖をつかむ

    パッティングストロークの分析をしていただいてよくわかるのは自分の癖です。癖はほとんどの場合…

    自分の癖をつかむ
  4. バーディパットが入る人、入らない人

    2018.12.5

    バーディパットが入る人、入らない人

    色々な人とラウンドしていて感じる事なのですが、バーディチャンスをモノにできる人と、そうではない人に差…

    バーディパットが入る人、入らない人
  5. 調整してもまた調整…

    2018.10.1

    調整してもまた調整…

    今日の話は結構ある話です。身に覚えのある方もいると思います。こうなってしまう状況の調整はほぼライ角の…

    調整してもまた調整…
  6. マレット型が合うタイプ

    2018.12.27

    マレット型が合うタイプ

    今回はちょっと違うアプローチでマレット型が合う人はどんな人なのか考えてみました。マレット型と…

    マレット型が合うタイプ
  7. 調子のいい時の状態を知っておく

    2019.04.16

    調子のいい時の状態を知っておく

    パッティングが調子が悪いというときにストローク分析に来られる方が多いのですが、調子の良い時のデータ…

    調子のいい時の状態を知っておく
  8. 私に合うパターはどんな形ですか?

    2019.01.21

    私に合うパターはどんな形ですか?

    パッティングストロークの分析にいらして、自分にどんなパターが合うかを知りたいという方が結構いらっしゃ…

    私に合うパターはどんな形ですか?
  9. インパクトで大事なこと

    2018.11.13

    インパクトで大事なこと

    インパクトで思った方向に打ち出すために必要な条件は、フェース向きとクラブ軌道の条件があった時です。…

    インパクトで大事なこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP