パッティングで距離感が合わなくなる要因はかなりたくさんあります。

一番多いのは前に打った人が打ち過ぎてオーバーしてしまって、それを見ていた印象で自分が打てなくなってしまう。もしくはそうならないようにしっかり打ち過ぎて同じようにオーバーしてしまう….

その人のパッティングがしっかり芯で当てて良い転がりをした結果なのか?当たりが悪いのが原因だったのか?

同伴プレーヤーのパッティングを参考にするならこのあたりをよく見ていなければなりません。

ですので、いつも参考になりそうなラインからパッティングをする人には上手く打ってほしいと祈っています(笑)。

特に傾斜が強かったり、芝目がきついグリーンでは曲がり幅の情報はかなり重要です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. フェースローテーションはするものではありません 2/2

    2018.07.18

    フェースローテーションはするものではありません 2/2

    先日はフェースバランスだからローテーションが少なくなって、L字タイプだからローテーションが多くなるの…

    フェースローテーションはするものではありません 2/2
  2. テークバックの時の意識

    2019.07.12

    テークバックの時の意識

    パッティングでテークバックのイメージについて聞かれることがあります。その時に答えるのは右利…

    テークバックの時の意識
  3. フェース素材とロフトの関係

    2019.07.5

    フェース素材とロフトの関係

    フェースの素材は打感に大きく影響を与えます。打感が柔らかい物は硬く感じるものに比べてボールがフェー…

    フェース素材とロフトの関係
  4. ライ角調整をしていると…

    2019.07.31

    ライ角調整をしていると…

    パッティングストロークの分析をして、最適なライ角がみつかりその場で調整ということは結構あります。…

    ライ角調整をしていると…
  5. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3

    2019.05.17

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3

    今日も実験結果の検証をしてみました。 今回は上から見たときのストローク軌道を見てみました。…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3
  6. パターのロフト調整は…

    2018.10.2

    パターのロフト調整は…

    パッティングストロークの分析を受けていただくと、インパクト時のハンドファーストの度合いや上下のストロ…

    パターのロフト調整は…
  7. グリップの向きがおかしいと

    2019.01.30

    グリップの向きがおかしいと

    グリップ交換を自分でされる方がたまにいらっしゃいます。そう言う方は普通のクラブであればバックライン…

    グリップの向きがおかしいと
  8. アッパー軌道で打つには

    2019.10.3

    アッパー軌道で打つには

    アッパー軌道、ハンドファースト、フェースの下目で打つ。これがボールの転がりを良くする条件で…

    アッパー軌道で打つには
  9. 膝の位置が変わらない意識

    2019.07.30

    膝の位置が変わらない意識

    私もそうなのですがフォワードストロークの際に右膝が動いてしまうことがあります。右膝が動くと…

    膝の位置が変わらない意識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP