最近これは入れたいと思うパーパットが結構入ってくれています。なんでこうなっているか考えてみると、色々思い当たる節はあります。

バーディーパットをがっついて打ち過ぎてしまった返しのパーパットは、カップを過ぎてからのボールの動きを最後まで見ています。

これを見ていることでボールをマークしに行くときにはすでに打ち出し方向のイメージができていることが多いです。

カップの縁を狙うのか、カップを外すのか…しっかりイメージして打てているのが一番大きな要因になっていると思います。

とにかくパッティングはどこに打つかのイメージをしっかり持つことが重要ですね。自分が打ったボールの転がりを見ることもそうですが、同伴プレーヤーが打った球の転がりを見ることでももちろん参考になりますね。

あとはしっかりそこにフェースを向けて良いストロークをすることだけを考えます。大事です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 自分のパッティングストロークとは?

    2019.10.29

    自分のパッティングストロークとは?

    みなさんパッティングに関する知識は、本で見たり最近では YouTube でみて得ているという方が結…

    自分のパッティングストロークとは?
  2. WRISTLOCK Putter のストローク(動画有)

    2021.02.2

    WRISTLOCK Putter のストローク(動画有)

    先日出来上がった WRISTLOCK のパターをストロークしている動画を撮ってみました。思…

    WRISTLOCK Putter のストローク(動画有)
  3. インサイドに引きすぎると…

    2019.02.4

    インサイドに引きすぎると…

    パターヘッドの軌道はインサイドインが良いという話を聞いたりして、わざわざその動きを自分でしようとし…

    インサイドに引きすぎると…
  4. 高麗グリーンで心掛けていること

    2020.09.18

    高麗グリーンで心掛けていること

    暑い時期に高麗グリーンになるコースが結構あります。高麗グリーンは色々な意味で難しいですよね…

    高麗グリーンで心掛けていること
  5. フェース向きのコントロールの練習 2

    2018.08.7

    フェース向きのコントロールの練習 2

    今日はスクエアインパクトを練習する簡単な方法を紹介します。使うのはこれです。名刺が入…

    フェース向きのコントロールの練習 2
  6. ストローク軌道が作るフェースの向き

    2019.10.17

    ストローク軌道が作るフェースの向き

    昨日のパターンとは逆でストローク軌道が先に決まってそれに合わせてフェースの向きができている人もいま…

    ストローク軌道が作るフェースの向き
  7. 長尺パター復活1 グリップ装着

    2020.07.9

    長尺パター復活1 グリップ装着

    長尺パターネタが続きますが、おつきあいください。長尺パターのグリップを入れるのはちょっと神…

    長尺パター復活1 グリップ装着
  8. CAPTO 検証2 打点の影響2

    2020.04.22

    CAPTO 検証2 打点の影響2

    今日の検証は上下の打点の違いによる影響をエネルギーロスに注目して検証してみました。このデー…

    CAPTO 検証2 打点の影響2
  9. カップを見ながら打ってみる

    2019.01.11

    カップを見ながら打ってみる

    距離感が合わないという話をよく聞きますが、距離感を練習で養うのはなかなか難しいです。そんな人…

    カップを見ながら打ってみる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP