最近これは入れたいと思うパーパットが結構入ってくれています。なんでこうなっているか考えてみると、色々思い当たる節はあります。

バーディーパットをがっついて打ち過ぎてしまった返しのパーパットは、カップを過ぎてからのボールの動きを最後まで見ています。

これを見ていることでボールをマークしに行くときにはすでに打ち出し方向のイメージができていることが多いです。

カップの縁を狙うのか、カップを外すのか…しっかりイメージして打てているのが一番大きな要因になっていると思います。

とにかくパッティングはどこに打つかのイメージをしっかり持つことが重要ですね。自分が打ったボールの転がりを見ることもそうですが、同伴プレーヤーが打った球の転がりを見ることでももちろん参考になりますね。

あとはしっかりそこにフェースを向けて良いストロークをすることだけを考えます。大事です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 転がりの良いボールを打つには

    2019.04.10

    転がりの良いボールを打つには

    ボールの転がりの評価は、クラブの縦の軌道と当たるときのインパクトロフトです。その組み合わせ…

    転がりの良いボールを打つには
  2. パッティングで大事なのは打ち出し方向

    2018.06.5

    パッティングで大事なのは打ち出し方向

    パッティングストローク分析をしていて重要なのは綺麗に打つことではなく、打ちたい方向に真っ直ぐに打ち出…

    パッティングで大事なのは打ち出し方向
  3. “パッティングラボ限定” TRUECoG SUS303 Special Black Version

    2018.07.20

    “パッティングラボ限定” TRUECoG SU…

    Putting Labo. では TRUECoG SUS303 のカスタムバージョンとして、ブラック…

    “パッティングラボ限定” TRUECoG SUS303 Special Black Version
  4. パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    2018.06.13

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2

    昨日予告した実験をしました。下の表が結果の生データです。表の中の10の位が1はBバラ…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 2/2
  5. またもや小さいテークバックの人が

    2020.02.10

    またもや小さいテークバックの人が

    先日ストローク分析をしにいらした方のテークバックがまたもや小さかったです。小さいので距離…

    またもや小さいテークバックの人が
  6. フェース面のイメージは手の平?

    2019.02.14

    フェース面のイメージは手の平?

    私のフェース面のイメージは右の手の平です。右手のグリップを決める時に手の平がフェース面になるように…

    フェース面のイメージは手の平?
  7. 重いヘッドが本当にいいのか?

    2019.07.4

    重いヘッドが本当にいいのか?

    最近はヘッド重量が360gオーバーというパターが増えてきました。最初はマレットタイプだけだ…

    重いヘッドが本当にいいのか?
  8. パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    2018.07.25

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    色々な人のパッティングストロークを見ていて「これはダメだな...」と思うことが一つだけあります。多少…

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要
  9. パッティングには自分に合ったストロークがある

    2019.07.18

    パッティングには自分に合ったストロークがある

    ショットと違い大きな力を入れる必要が無いパッティング。カップまで転がす方法はかなりたくさん…

    パッティングには自分に合ったストロークがある

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP