一日空いてしまいましたが、今日も実験の考察です。

今回はフェースローテーションに注目してみました。そうするとなんと初めて実験パターの方が良い結果になりました。

ローテーションの数字が明らかに変わっていました。ローテーションの数値も再現性の数値が出るのですが、いつものパターでは92%、実験用パターでは98%という高い数値が出ました。

その中身を見てみるとこんな感じです。こちらがテストパター…

こちらがいつものパターのデータです。

テークバックが終わったところでのフェースの開きは全く同じ数値の5.6度。インパクト時のフェースの向きは0.2度差でほとんど変わりません。

インパクト前10cmからインパクトまでのフェースの動きはどちらも2.3度になっていますが、インパクト後の10cmの動きはテストパターは1.9度なのですが、いつものパターは2.1度になっています。

この数値は対称になっているのが良いような気がしますが私の場合、フェースがかぶってインサイドから当たるのでインパクト後の動きはあまり大きくない方が良いのです。

という動きがテストパターで再現性高くできているのは良いことだと思います。

これはシャフトの軽量化か?グリップが太いからか?ヘッドが重いからかの検証は難しいですが、なんらかの効果は出ているようです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. フェース素材の違いによるロフト調整

    2018.09.25

    フェース素材の違いによるロフト調整

    パターのロフト調整をする際に考慮していることがあります。ロフトはボールをつかまえるために必要です。ボ…

    フェース素材の違いによるロフト調整
  2. STRAIGHT TRAX で練習

    2019.01.24

    STRAIGHT TRAX で練習

    先日購入してみたレッドベターの練習グッズの「STRAIGHT TRAX」で練習してみました。…

    STRAIGHT TRAX で練習
  3. インパクト後の余計な動き

    2018.11.8

    インパクト後の余計な動き

    結構このインパクト後の余計な動きをされる方が多いです。この余計な動きが自分が行きたくない方向…

    インパクト後の余計な動き
  4. 課題を持って練習するときの注意

    2020.03.25

    課題を持って練習するときの注意

    ANSERFREAK と内容が似てしまいますが、家で練習をするときに気をつけてもらいたいことを書…

    課題を持って練習するときの注意
  5. 「決めたら打つ」って良い言葉

    2019.08.7

    「決めたら打つ」って良い言葉

    全英女子オープンを制した渋野プロのインタビューで印象的な言葉がこの「決めたら打つ」です。良…

    「決めたら打つ」って良い言葉
  6. 重いヘッドが本当にいいのか?

    2019.07.4

    重いヘッドが本当にいいのか?

    最近はヘッド重量が360gオーバーというパターが増えてきました。最初はマレットタイプだけだ…

    重いヘッドが本当にいいのか?
  7. 練習グリーンでの練習

    2019.04.23

    練習グリーンでの練習

    練習グリーンでの練習はどんな感じでしていますか?私の場合最初はグリーンのスピードを知りたい…

    練習グリーンでの練習
  8. 興味深い練習器具が届きました

    2020.05.29

    興味深い練習器具が届きました

    今回届いたのは「Edison Golf」の「PUTT NAVIGATION」です。この練習…

    興味深い練習器具が届きました
  9. アドレスの手の位置とパターのすわり

    2018.10.9

    アドレスの手の位置とパターのすわり

    パッティングにおけるヘッドを置く位置と、手の位置の関係は本当に人それぞれになります。例えばハ…

    アドレスの手の位置とパターのすわり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP