一日空いてしまいましたが、今日も実験の考察です。

今回はフェースローテーションに注目してみました。そうするとなんと初めて実験パターの方が良い結果になりました。

ローテーションの数字が明らかに変わっていました。ローテーションの数値も再現性の数値が出るのですが、いつものパターでは92%、実験用パターでは98%という高い数値が出ました。

その中身を見てみるとこんな感じです。こちらがテストパター…

こちらがいつものパターのデータです。

テークバックが終わったところでのフェースの開きは全く同じ数値の5.6度。インパクト時のフェースの向きは0.2度差でほとんど変わりません。

インパクト前10cmからインパクトまでのフェースの動きはどちらも2.3度になっていますが、インパクト後の10cmの動きはテストパターは1.9度なのですが、いつものパターは2.1度になっています。

この数値は対称になっているのが良いような気がしますが私の場合、フェースがかぶってインサイドから当たるのでインパクト後の動きはあまり大きくない方が良いのです。

という動きがテストパターで再現性高くできているのは良いことだと思います。

これはシャフトの軽量化か?グリップが太いからか?ヘッドが重いからかの検証は難しいですが、なんらかの効果は出ているようです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 打ち方と打点で転がる距離が変わる

    2019.08.9

    打ち方と打点で転がる距離が変わる

    先日のラウンドの時にすごく打っている感じなのになかなかカップに届かない人がいました。使って…

    打ち方と打点で転がる距離が変わる
  2. VISIO PUTTING LASER

    2020.04.7

    VISIO PUTTING LASER

    先日導入した Precision Laboratory の CAPTO ですが、そのセットに含ま…

    VISIO PUTTING LASER
  3. STRAIGHT TRAX で練習

    2019.01.24

    STRAIGHT TRAX で練習

    先日購入してみたレッドベターの練習グッズの「STRAIGHT TRAX」で練習してみました。…

    STRAIGHT TRAX で練習
  4. 左目の下にボール

    2018.12.21

    左目の下にボール

    パッティングストロークの分析にいらしてくださった方からどんなことを気をつけてストロークしていますか?…

    左目の下にボール
  5. ライ角/ロフト角調整時の注意 その1

    2020.03.9

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その1

    最近は月に20本以上のパターの調整をしています。他で断られたパターもお持ちいただければだいたいの…

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その1
  6. ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    2018.07.3

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    まずは簡単に違いがわかるところから見ていきましょう。1カップ左、および右の角度は先日のタンジ…

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編
  7. こんなになる前に交換!

    2019.09.17

    こんなになる前に交換!

    先日のラウンドでは新しいシャフトを入れたパターを持って帰るのを忘れてしまい、家にあるパターをとりあ…

    こんなになる前に交換!
  8. アドレス時のフェース向き

    2018.11.12

    アドレス時のフェース向き

    パッティングストローク分析をしていただくと、一番最初に出てくるのがアドレス時のフェースの向きです。…

    アドレス時のフェース向き
  9. 長尺パター復活のための下準備 1

    2020.07.7

    長尺パター復活のための下準備 1

    長尺用のグリップが準備できたので、色々準備を始めました。まず最初に現状のスペック計測。…

    長尺パター復活のための下準備 1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP