一日空いてしまいましたが、今日も実験の考察です。

今回はフェースローテーションに注目してみました。そうするとなんと初めて実験パターの方が良い結果になりました。

ローテーションの数字が明らかに変わっていました。ローテーションの数値も再現性の数値が出るのですが、いつものパターでは92%、実験用パターでは98%という高い数値が出ました。

その中身を見てみるとこんな感じです。こちらがテストパター…

こちらがいつものパターのデータです。

テークバックが終わったところでのフェースの開きは全く同じ数値の5.6度。インパクト時のフェースの向きは0.2度差でほとんど変わりません。

インパクト前10cmからインパクトまでのフェースの動きはどちらも2.3度になっていますが、インパクト後の10cmの動きはテストパターは1.9度なのですが、いつものパターは2.1度になっています。

この数値は対称になっているのが良いような気がしますが私の場合、フェースがかぶってインサイドから当たるのでインパクト後の動きはあまり大きくない方が良いのです。

という動きがテストパターで再現性高くできているのは良いことだと思います。

これはシャフトの軽量化か?グリップが太いからか?ヘッドが重いからかの検証は難しいですが、なんらかの効果は出ているようです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. “パッティングラボ限定” TRUECoG SUS303 Special Black Version

    2018.07.20

    “パッティングラボ限定” TRUECoG SU…

    Putting Labo. では TRUECoG SUS303 のカスタムバージョンとして、ブラック…

    “パッティングラボ限定” TRUECoG SUS303 Special Black Version
  2. ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    2018.10.16

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    私の場合ストローク軌道が悪い状態になるとインに引きすぎてしまいます。インに引いて主に起こるのはプッシ…

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法
  3. ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    2018.07.4

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    今日はフェースの向きに注目してみました。フェースの向きにはアドレス時の向きとインパクト時の向きがあり…

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編
  4. Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話

    2018.06.6

    Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話

    以前 Scotty Cameron 氏にインタビューした時、NEWPORT のサイトラインの話を聞い…

    Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話
  5. ”がっかり” してしまいました…

    2020.01.27

    ”がっかり” してしまいました…

    先日はがっかりしないことが次のホールに引きずらないために必要だという話を少し前にしましたが、先日…

    ”がっかり” してしまいました…
  6. デシャンボーのストロークを見て

    2020.06.22

    デシャンボーのストロークを見て

    デシャンボーが変身していてびっくりしましたね。肉体改造して人ってあんなにも変われるんだと思いました…

    デシャンボーのストロークを見て
  7. ストロークを安定させるには

    2019.03.29

    ストロークを安定させるには

    パッティングストロークの分析をしていると、ストロークの安定感に問題がある人が結構います。安…

    ストロークを安定させるには
  8. なになに!サイトライン無しがオーダーできる?

    2020.07.13

    なになに!サイトライン無しがオーダーできる?

    先日たまたま良い状態の PING DALE ANSER を購入したのですが、本当は ANSER だ…

    なになに!サイトライン無しがオーダーできる?
  9. パターの重心で打つこと

    2019.06.5

    パターの重心で打つこと

    パターの重心がどこにあるか意識したことがありますか?パターにはサイトラインやサイトドットが…

    パターの重心で打つこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP