今日は細かいデータではなく、結果どっち打ち出せたかのデータを見てみました。

このデータが一番シンプルでわかりやすい評価方法ですね。今回のこの比較でも使い慣れたパターに軍配が上がりました。

まず打ち出し方向が決まる要素であるインパクト時のフェースの向きと、クラブ軌道を比較してみました。

こちらが Stroke Lab 仕様のパター

こちらがいつも使っているパター

これを見るとテストパターのインパクト時のフェースの向きは平均値が0.4度左向き(再現性91%)、いつものパターは0.6度左向き(再現性98%)になります。ですが Consistency(再現性) でずいぶん差が出ました。

フェースの向きに影響を与えそうなのはバランスと、グリップの種類でしょうか…。テストパターは太く、いつものパターは細い(PINGラバー)ので条件に違いはあります。

これに対してクラブ軌道はテストパターが1.5度インサイドアウト(再現性87%)、いつものパターは2.1度インサイドアウト(再現性90%)になっていてやはり安定しています。

この打ち方で実際に飛んで行っている方向(Ball Direction)を見てみると…

こちらが Stroke Lab 仕様のパター

こちらがいつも使っているパター

これは明らかにいつものパターの方が信じられないくらい真ん中に集まっていて、テストパターはかなり右に左にばらつきがあります。

今日の比較でもまだテストパターの優位性は見出せません…。まずは打ち慣れているのと、太いグリップが苦手なことを考えるとその効果が出る前にそこの違和感が勝ってしまっているのかもしれません。

次回はまた違う視点から見てみます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. フェースバランスのパターでプッシュ

    2019.05.31

    フェースバランスのパターでプッシュ

    私も経験があるのですが、フェースバランスのパターや大型ヘッドのパターを使うとプッシュアウトのミスが…

    フェースバランスのパターでプッシュ
  2. 速いグリーンでのラインの読み

    2019.11.25

    速いグリーンでのラインの読み

    最近そこそこ速いグリーンでやっていてグリーンの読み方がちょっと変わった感じがします。転がり…

    速いグリーンでのラインの読み
  3. 良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    2019.03.19

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    ハンドファーストの仕方には良い方法と悪い方法があります。ハンドファーストというのはヘッドの…

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト
  4. パッティングストローク分析を受けてみませんか?

    2019.05.22

    パッティングストローク分析を受けてみませんか?

    いつもお勧めしているパッティングストローク分析ですが、5月いっぱいに限ってパッティングラボを見たと…

    パッティングストローク分析を受けてみませんか?
  5. ボールを置く位置が左過ぎないか?

    2018.10.12

    ボールを置く位置が左過ぎないか?

    みなさんボールを置く位置はある程度一定になっている方が多いです。ですが、そこに置いているからいつも同…

    ボールを置く位置が左過ぎないか?
  6. 自分にどんなパターが合っているか?

    2019.07.10

    自分にどんなパターが合っているか?

    このお題は何回かやっていますが、これにはなかなか明確な答えがありません。ラウンド中30回以…

    自分にどんなパターが合っているか?
  7. CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド

    2019.09.25

    CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft を入れてラウンドしてきま…

    CUPRUM w/UST Mamiya FF でラウンド
  8. 松山プロの練習グッズを効果的に使う

    2018.09.19

    松山プロの練習グッズを効果的に使う

    松山プロが使っているということで話題になった練習グッズがあります。これの何が良いのか?どんな使い方を…

    松山プロの練習グッズを効果的に使う
  9. 打感とボールの硬さ/柔らかさ

    2019.03.15

    打感とボールの硬さ/柔らかさ

    パッティングで打感という話が結構出てきます。少し前までは柔らかい打感が良くて硬い打感はダメ…

    打感とボールの硬さ/柔らかさ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP