今日は細かいデータではなく、結果どっち打ち出せたかのデータを見てみました。

このデータが一番シンプルでわかりやすい評価方法ですね。今回のこの比較でも使い慣れたパターに軍配が上がりました。

まず打ち出し方向が決まる要素であるインパクト時のフェースの向きと、クラブ軌道を比較してみました。

こちらが Stroke Lab 仕様のパター

こちらがいつも使っているパター

これを見るとテストパターのインパクト時のフェースの向きは平均値が0.4度左向き(再現性91%)、いつものパターは0.6度左向き(再現性98%)になります。ですが Consistency(再現性) でずいぶん差が出ました。

フェースの向きに影響を与えそうなのはバランスと、グリップの種類でしょうか…。テストパターは太く、いつものパターは細い(PINGラバー)ので条件に違いはあります。

これに対してクラブ軌道はテストパターが1.5度インサイドアウト(再現性87%)、いつものパターは2.1度インサイドアウト(再現性90%)になっていてやはり安定しています。

この打ち方で実際に飛んで行っている方向(Ball Direction)を見てみると…

こちらが Stroke Lab 仕様のパター

こちらがいつも使っているパター

これは明らかにいつものパターの方が信じられないくらい真ん中に集まっていて、テストパターはかなり右に左にばらつきがあります。

今日の比較でもまだテストパターの優位性は見出せません…。まずは打ち慣れているのと、太いグリップが苦手なことを考えるとその効果が出る前にそこの違和感が勝ってしまっているのかもしれません。

次回はまた違う視点から見てみます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. フェースミーリングと打感の関係

    2018.08.2

    フェースミーリングと打感の関係

    よくゴルフクラブは打感がどうと言う話が出てきますね。その中でもパターに関しては好きな打感というのが存…

    フェースミーリングと打感の関係
  2. カップを見ながら打ってみる

    2019.01.11

    カップを見ながら打ってみる

    距離感が合わないという話をよく聞きますが、距離感を練習で養うのはなかなか難しいです。そんな人…

    カップを見ながら打ってみる
  3. なぜショートパットを外すのか?

    2018.06.29

    なぜショートパットを外すのか?

    これは永遠のテーマな感じがします。しばらく外さないでいると徐々に自信も出てきて、良いストロー…

    なぜショートパットを外すのか?
  4. グリーンエッジからのパッティング

    2019.05.10

    グリーンエッジからのパッティング

    転がせる状況にあるときは結構グリーンの外からでもパターを使います。アプローチのミスよりも明…

    グリーンエッジからのパッティング
  5. 理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない

    2018.12.13

    理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない

    ストローク分析を受ける方のほとんどは、自分がどうしたいと思っているかが結構明確です。ですがま…

    理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない
  6. なぜショルダーストロークか?

    2018.12.14

    なぜショルダーストロークか?

    ショルダーストロークがパッティングストロークでは大事な動きであることはずっと言ってきました。それはど…

    なぜショルダーストロークか?
  7. パターが変わったときに気を付けること

    2018.10.5

    パターが変わったときに気を付けること

    先日久しぶりにエースパターではないパターを使ってみたのですが、距離感が合わず苦労しました。ヘ…

    パターが変わったときに気を付けること
  8. 細いグリップが合う人

    2018.08.31

    細いグリップが合う人

    先日は太いパターグリップが合う人について話しました。今回は逆に細いグリップが合う人の話です。…

    細いグリップが合う人
  9. ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    2018.07.2

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    今日は今回の実験の方法を説明します。狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップ…

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP