今日は細かいデータではなく、結果どっち打ち出せたかのデータを見てみました。

このデータが一番シンプルでわかりやすい評価方法ですね。今回のこの比較でも使い慣れたパターに軍配が上がりました。

まず打ち出し方向が決まる要素であるインパクト時のフェースの向きと、クラブ軌道を比較してみました。

こちらが Stroke Lab 仕様のパター

こちらがいつも使っているパター

これを見るとテストパターのインパクト時のフェースの向きは平均値が0.4度左向き(再現性91%)、いつものパターは0.6度左向き(再現性98%)になります。ですが Consistency(再現性) でずいぶん差が出ました。

フェースの向きに影響を与えそうなのはバランスと、グリップの種類でしょうか…。テストパターは太く、いつものパターは細い(PINGラバー)ので条件に違いはあります。

これに対してクラブ軌道はテストパターが1.5度インサイドアウト(再現性87%)、いつものパターは2.1度インサイドアウト(再現性90%)になっていてやはり安定しています。

この打ち方で実際に飛んで行っている方向(Ball Direction)を見てみると…

こちらが Stroke Lab 仕様のパター

こちらがいつも使っているパター

これは明らかにいつものパターの方が信じられないくらい真ん中に集まっていて、テストパターはかなり右に左にばらつきがあります。

今日の比較でもまだテストパターの優位性は見出せません…。まずは打ち慣れているのと、太いグリップが苦手なことを考えるとその効果が出る前にそこの違和感が勝ってしまっているのかもしれません。

次回はまた違う視点から見てみます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 小さいテークバックで良いことはありません

    2019.06.3

    小さいテークバックで良いことはありません

    パッティングストローク分析をするときに、フリーで打ってもらって色々な考えをお聞きします。そ…

    小さいテークバックで良いことはありません
  2. 自宅での効果的な練習 その2

    2019.01.18

    自宅での効果的な練習 その2

    自宅でできる効果的なパッティング練習の2回目です。今回は打ち出し方向を合わせる練習です。これ…

    自宅での効果的な練習 その2
  3. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面処理/打刻/色入れ」

    2018.09.13

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面…

    今回の Rocker Sole Remake はバックフェースの彫刻がある SUS303 素材のモデ…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面処理/打刻/色入れ」
  4. Other Brand Putters

    2018.05.3

    Other Brand Putters

    ここではその他のブランドのカスタマイズしたパターの作品集を紹介します。カスタマイズオーダー時の参考に…

    Other Brand Putters
  5. アッパー軌道の間違った認識

    2019.04.15

    アッパー軌道の間違った認識

    パッティングストローク分析に来ていただいた方に質問することがあります。それは自分が考える理…

    アッパー軌道の間違った認識
  6. 期待しすぎないパッティング

    2018.11.20

    期待しすぎないパッティング

    私自身も含めてパッティングの結果を期待し過ぎている方が多いと思います。期待が大きければ大きい…

    期待しすぎないパッティング
  7. 普通のパットとショートパットの打ち方

    2019.01.10

    普通のパットとショートパットの打ち方

    私の場合ですが、普通のパットの打ち方と、絶対に入れたいパットの打ち方は違う打ち方です。打つ時の意識だ…

    普通のパットとショートパットの打ち方
  8. パンチは本当にダメなのか?

    2018.11.7

    パンチは本当にダメなのか?

    結構「パンチが入っちゃうんだよね」という人がいらっしゃいます。パンチが入ってダメなのは、ある…

    パンチは本当にダメなのか?
  9. インパクトでパンチが入る人、緩む人

    2018.08.27

    インパクトでパンチが入る人、緩む人

    パッティングストロークをシンプルに考えるには、インパクトで急激な加速や減速はしたくありません。…

    インパクトでパンチが入る人、緩む人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP