ずいぶん間が空いてしまいましたが、先日作ってみた ODYSSEY Stroke Lab 風のパターといつも使っているパターのストロークを分析してみました。

事前の練習なく、何も考えずに打ってみた結果です。今回は SAM PuttLab の分析を受けてみたことがある方ならすぐにわかる一番上に出てくるパラメータで比較してみました。

これが新しく作ってみた Stroke Lab チックなパターの数字

これがいつも使っているパターの数字

いつも注目してみているのは Consistency(再現性) のパーセンテージ。もちろん一番右の Overall Rating も気になるのですが、やはり Consistency(再現性) がどうなっているかが一番気になります。

今回その部分を比較してみるといつものパターの方が高いパーセンテージが出ています。やはり使い慣れたパターの方が再現性は高いのか…?でも Tendency(傾向) は今回作ったパターの方が高い点数になっています。

今回の数字は今日以降徐々に説明する細かい数字の総合的な点数になっていますので、これからそれらの細かい部分で違いが出ていないか探してみようと思います。

ひとまず今日の結果は今までの「重シャフト/軽グリップ/普通ヘッド」の方が良さそうに見えます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パターのロフト調整は…

    2018.10.2

    パターのロフト調整は…

    パッティングストロークの分析を受けていただくと、インパクト時のハンドファーストの度合いや上下のストロ…

    パターのロフト調整は…
  2. パッティングストローク分析を受けてみませんか?

    2019.05.22

    パッティングストローク分析を受けてみませんか?

    いつもお勧めしているパッティングストローク分析ですが、5月いっぱいに限ってパッティングラボを見たと…

    パッティングストローク分析を受けてみませんか?
  3. インパクトはアドレスの再現

    2018.12.17

    インパクトはアドレスの再現

    ショットではアドレスの位置に戻ってくるよりは若干ハンドファースト気味になるので、厳密にはインパクトが…

    インパクトはアドレスの再現
  4. カップを見ながらストロークすると

    2018.11.22

    カップを見ながらストロークすると

    私は距離感をつかむためにカップを見ながら素振りをします。このやり方をしている人は結構いるので…

    カップを見ながらストロークすると
  5. SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    2018.12.26

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    今回は一番簡単な打点についてチェックしてみました。SAM PuttLab(SPL) …

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」
  6. STABILITY Shaft 実験6

    2019.06.27

    STABILITY Shaft 実験6

    昨日の比較データに引き続きこれも STABILITY Sahft の効果だろうと思える部分を紹介し…

    STABILITY Shaft 実験6
  7. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」

    2018.09.10

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフ…

    今回はロフト角とライ角の決定です。ここは転がりに影響する一番重要なところです。このスペックの…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」
  8. ショットとストロークの連動

    2020.03.5

    ショットとストロークの連動

    パッティングストロークの分析をしていると、結構な確率で起こる現象があります。これまでの打…

    ショットとストロークの連動
  9. イップスが起こりやすい環境

    2020.05.12

    イップスが起こりやすい環境

    先日読んだ本に出ていたことです。イップスはどんな時に起こりやすいか?がその本には書かれていました。…

    イップスが起こりやすい環境

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP