ずいぶん間が空いてしまいましたが、先日作ってみた ODYSSEY Stroke Lab 風のパターといつも使っているパターのストロークを分析してみました。

事前の練習なく、何も考えずに打ってみた結果です。今回は SAM PuttLab の分析を受けてみたことがある方ならすぐにわかる一番上に出てくるパラメータで比較してみました。

これが新しく作ってみた Stroke Lab チックなパターの数字

これがいつも使っているパターの数字

いつも注目してみているのは Consistency(再現性) のパーセンテージ。もちろん一番右の Overall Rating も気になるのですが、やはり Consistency(再現性) がどうなっているかが一番気になります。

今回その部分を比較してみるといつものパターの方が高いパーセンテージが出ています。やはり使い慣れたパターの方が再現性は高いのか…?でも Tendency(傾向) は今回作ったパターの方が高い点数になっています。

今回の数字は今日以降徐々に説明する細かい数字の総合的な点数になっていますので、これからそれらの細かい部分で違いが出ていないか探してみようと思います。

ひとまず今日の結果は今までの「重シャフト/軽グリップ/普通ヘッド」の方が良さそうに見えます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    2018.07.2

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    今日は今回の実験の方法を説明します。狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップ…

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編
  2. フェースミーリングと打感の関係

    2018.08.2

    フェースミーリングと打感の関係

    よくゴルフクラブは打感がどうと言う話が出てきますね。その中でもパターに関しては好きな打感というのが存…

    フェースミーリングと打感の関係
  3. 自宅での効果的な練習 その2

    2019.01.18

    自宅での効果的な練習 その2

    自宅でできる効果的なパッティング練習の2回目です。今回は打ち出し方向を合わせる練習です。これ…

    自宅での効果的な練習 その2
  4. バーディパットが入る人、入らない人

    2018.12.5

    バーディパットが入る人、入らない人

    色々な人とラウンドしていて感じる事なのですが、バーディチャンスをモノにできる人と、そうではない人に差…

    バーディパットが入る人、入らない人
  5. 軟鉄素材とステンレス素材の違い

    2018.12.11

    軟鉄素材とステンレス素材の違い

    先日久しぶりに軟鉄ヘッドに銅メッキを施した duckbill golf Rocker Sole Re…

    軟鉄素材とステンレス素材の違い
  6. 自分の基準になるストロークを作る

    2019.04.17

    自分の基準になるストロークを作る

    よくその日のグリーンのスピードをどう考えるんですか?と聞かれることがあります。そんな時にお…

    自分の基準になるストロークを作る
  7. アドレスの手の位置とパターのすわり

    2018.10.9

    アドレスの手の位置とパターのすわり

    パッティングにおけるヘッドを置く位置と、手の位置の関係は本当に人それぞれになります。例えばハ…

    アドレスの手の位置とパターのすわり
  8. インパクトで大事なこと

    2018.11.13

    インパクトで大事なこと

    インパクトで思った方向に打ち出すために必要な条件は、フェース向きとクラブ軌道の条件があった時です。…

    インパクトで大事なこと
  9. SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    2018.12.26

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    今回は一番簡単な打点についてチェックしてみました。SAM PuttLab(SPL) …

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP