ずいぶん間が空いてしまいましたが、先日作ってみた ODYSSEY Stroke Lab 風のパターといつも使っているパターのストロークを分析してみました。

事前の練習なく、何も考えずに打ってみた結果です。今回は SAM PuttLab の分析を受けてみたことがある方ならすぐにわかる一番上に出てくるパラメータで比較してみました。

これが新しく作ってみた Stroke Lab チックなパターの数字

これがいつも使っているパターの数字

いつも注目してみているのは Consistency(再現性) のパーセンテージ。もちろん一番右の Overall Rating も気になるのですが、やはり Consistency(再現性) がどうなっているかが一番気になります。

今回その部分を比較してみるといつものパターの方が高いパーセンテージが出ています。やはり使い慣れたパターの方が再現性は高いのか…?でも Tendency(傾向) は今回作ったパターの方が高い点数になっています。

今回の数字は今日以降徐々に説明する細かい数字の総合的な点数になっていますので、これからそれらの細かい部分で違いが出ていないか探してみようと思います。

ひとまず今日の結果は今までの「重シャフト/軽グリップ/普通ヘッド」の方が良さそうに見えます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 小さいテークバックがダメな理由

    2020.11.24

    小さいテークバックがダメな理由

    本当に誰が言っているのかわかりませんが、「小さいテークバックでフォローでボールを転がす」って思って…

    小さいテークバックがダメな理由
  2. フェースの向き/ストローク軌道のつじつまを合わせる

    2019.09.26

    フェースの向き/ストローク軌道のつじつまを合わせる

    ボールが飛び出す方向(打ち出し方向)は、インパクト時のフェースの向きとその時のストローク軌道で決ま…

    フェースの向き/ストローク軌道のつじつまを合わせる
  3. CAPTO 検証3 グリッププレッシャーの影響

    2020.04.24

    CAPTO 検証3 グリッププレッシャーの影響

    今日は再び戻って CAPTO での実験シリーズです。日頃からグリップはゆるゆるはダメでしっ…

    CAPTO 検証3 グリッププレッシャーの影響
  4. 柔らかいグリップに注意すべき人

    2019.05.23

    柔らかいグリップに注意すべき人

    最近では ODYSSEY が純正グリップに Super Stroke を採用したり、Scotty …

    柔らかいグリップに注意すべき人
  5. マレット型が合うタイプ

    2018.12.27

    マレット型が合うタイプ

    今回はちょっと違うアプローチでマレット型が合う人はどんな人なのか考えてみました。マレット型と…

    マレット型が合うタイプ
  6. パッティングはシンプルに

    2019.10.15

    パッティングはシンプルに

    以前はショートパットの自信がなく、いつもびくびくしながら打っていました。ですが、パッティン…

    パッティングはシンプルに
  7. 超難しい練習グッズ

    2018.12.4

    超難しい練習グッズ

    先日やってみた練習グッズがどうにも難しくて練習になっているのかどうかわからないほどだったので紹介しま…

    超難しい練習グッズ
  8. 左足(前足)の開き具合をどうするか?

    2018.08.16

    左足(前足)の開き具合をどうするか?

    これまでたくさんの人のアドレスを見てきました。今回のお話の足の置き方は人それぞれかなり違います。これ…

    左足(前足)の開き具合をどうするか?
  9. テークバックは手で引かない

    2019.05.24

    テークバックは手で引かない

    パッティングストロークの分析にいらした方の話を聞くと、テークバックをどう引いたらいいかということを…

    テークバックは手で引かない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP