これはショットでもいえるのですが、つま先がどちらを向いているかは体の動きに影響を与えます。

その影響は意外と大きいことにやってみると気が付くと思います。

例えば(右利きの人の)こんな状況では..

右足のつま先が開いている→テークバックがインに入りやすい
右足のつま先が閉じている→真っ直ぐもしくはアウトに上げやすくなる
左足のつま先が開いている→フォロースルーがインに入りやすい
左足のつま先が閉じている→フォロースルーがストレートに行きやすい

これを利用して自分の悪い癖を矯正することもできます。このつま先の向きに加えて体の向きも意識するとかなり矯正が色々できるようになります。

こんな観点からもパッティングストローク分析は考えています。今月もお得なキャンペーンを開催していますので是非パッティングストローク分析を受けてみてください!

今月のキャンペーンに関してはこちらをご覧ください

http://www.actekgolf.com/campaign/index.html

  • コメント: 0

関連記事

  1. アドレスの時の顎の位置を考える

    2019.08.6

    アドレスの時の顎の位置を考える

    パッティングのアドレスの時の体重のかけ方については何回かに分けてお話ししましたが、今日は顎の位置に…

    アドレスの時の顎の位置を考える
  2. 実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    2019.04.3

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    「軽いシャフト」に「重いヘッド」と「重いグリップ」の実験で使うシャフトが決まりました。US…

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge
  3. 再現性を上げるには?

    2020.02.5

    再現性を上げるには?

    パッティングストローク分析で重要視している項目は再現性(Consistency)です。こ…

    再現性を上げるには?
  4. 考えなくてもできるから再現性が上がる

    2020.02.12

    考えなくてもできるから再現性が上がる

    どうしたら再現性が高い動きができるか?よく聞かれます。その時にお話しすることを今日は書こうと思い…

    考えなくてもできるから再現性が上がる
  5. 自分に合っているパターとは?

    2018.06.1

    自分に合っているパターとは?

    この質問はパッティングストロークの分析をしていてよく聞かれる質問です。一般的にはフェースロー…

    自分に合っているパターとは?
  6. 練習グリーンでの練習

    2019.04.23

    練習グリーンでの練習

    練習グリーンでの練習はどんな感じでしていますか?私の場合最初はグリーンのスピードを知りたい…

    練習グリーンでの練習
  7. ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    2018.07.3

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    まずは簡単に違いがわかるところから見ていきましょう。1カップ左、および右の角度は先日のタンジ…

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編
  8. 一般的なピン型の重心位置

    2019.10.23

    一般的なピン型の重心位置

    PING の Anser の形状のパターを使っている人に知っておいてもらいたいことがあります。…

    一般的なピン型の重心位置
  9. インサイドに引きすぎると…

    2019.02.4

    インサイドに引きすぎると…

    パターヘッドの軌道はインサイドインが良いという話を聞いたりして、わざわざその動きを自分でしようとし…

    インサイドに引きすぎると…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP