芝目があるゴルフ場で常にやっている方はそれほど違和感がなくなっているのだと思いますが、普段普通のグリーンでばかりやっていて芝目が強いグリーンでやると、まったくイメージが出なくなってしまいます。

私の場合そういう時はもう自分の意見は入れず、どこを狙うというキャディさんの助言を100%信じて打つようにしています。

キャディさんがいればそれもできますが、セルフだと難しいですよね。

基本的な芝目の大きな流れとしてよく言われるのは、山や水ですね。

山から順目とか池に向かって順目という話は聞くと思います。これは一番わかりやすいですね。それを考慮して曲がる厚みを考えて打ちます。

順目の下りはすごく速くなりますし、順目の上りはそれほど遅くなりません。曲がる度合いもどちらから目が来ているかで変わってきます。

芝目がありそうなところではそれを意識しながらラインや強さを考えてみてください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ほとんどの人が動いている右膝

    2018.11.28

    ほとんどの人が動いている右膝

    パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。…

    ほとんどの人が動いている右膝
  2. 実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    2019.04.3

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    「軽いシャフト」に「重いヘッド」と「重いグリップ」の実験で使うシャフトが決まりました。US…

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge
  3. パット数を数えていますか?

    2018.12.7

    パット数を数えていますか?

    パット数といってもいろいろな数え方があります。グリーン上で打ったパット数だけを数える方法と、…

    パット数を数えていますか?
  4. 重いパターヘッドのメリット

    2019.06.4

    重いパターヘッドのメリット

    最近のパターは350gオーバーの物がほとんどで、340gというとずいぶん軽く感じる重さになりました…

    重いパターヘッドのメリット
  5. しっかり届かせようと思っているのに届かない

    2019.10.25

    しっかり届かせようと思っているのに届かない

    しっかり打ってカップまで届かせようと思っているのにどうしても届かないってときありますよね。…

    しっかり届かせようと思っているのに届かない
  6. 速いグリーンのラウンド前の練習

    2019.12.24

    速いグリーンのラウンド前の練習

    先日行ったゴルフ場のグリーンがめっちゃ速かったんです。数字的には 10.5ft でそれほどでもない…

    速いグリーンのラウンド前の練習
  7. バランスが重いパターで打てない

    2019.06.17

    バランスが重いパターで打てない

    ここのところ何名かの方で同じような症状が見受けられたのでちょっと書いておきます。ヘッド重量…

    バランスが重いパターで打てない
  8. 計測機器は使い方次第では逆効果も

    2019.09.9

    計測機器は使い方次第では逆効果も

    計測機器は使い方次第で問題を複雑にしてしまうこともあります。理想のストロークをさせるためだ…

    計測機器は使い方次第では逆効果も
  9. 自宅での効果的な練習 その1

    2019.01.17

    自宅での効果的な練習 その1

    自宅でパッティングも練習を効果的にする方法の一つ目です。自宅にパターマットがあるという方は結…

    自宅での効果的な練習 その1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP