転がせる状況にあるときは結構グリーンの外からでもパターを使います。

アプローチのミスよりも明らかにミスの度合いが少なくて済むのがパターだからです。

でもこのグリーンエッジからのパッティング、慣れていないと結構事故が起きますので、普段から練習しておくことが必要です。

パッティングの練習グリーンでも練習はできますし、自分が思っているほど手前で食われないと感じたり、状況によっては思ったより食われたということが起きます。

ロングパットではボールの勢いがあるので、それほど手前の芝に影響を受けず、ショートパットではその上を転がっていくのでロングパットよりも影響を受けやすくなります。

同じ場所から遠い目標、近い目標に対して打ってみてその感覚をつかんでおくとラウンド中でも自信を持って打てるようになります。

コースでやることは練習する、練習でやったことはコースでもやってみることが必要です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. イップスになったことはありませんが…

    2019.07.26

    イップスになったことはありませんが…

    先日イップスの話を聞く機会がありました。諸説あると思いますが、なるほどなと思ったことがあったのでち…

    イップスになったことはありませんが…
  2. スタンスの向きをチェック

    2019.05.8

    スタンスの向きをチェック

    昨日は足裏全体で立つという話をしました。正しく立てているという状況にはまだいくつか条件があります。…

    スタンスの向きをチェック
  3. フェースの下目で打つイメージを作る練習

    2018.06.25

    フェースの下目で打つイメージを作る練習

    パッティングストローク分析をしていると、ヘッドの縦方向の動きがわかります。ダウンブローに当たっている…

    フェースの下目で打つイメージを作る練習
  4. ライ角調整をしていると…

    2019.07.31

    ライ角調整をしていると…

    パッティングストロークの分析をして、最適なライ角がみつかりその場で調整ということは結構あります。…

    ライ角調整をしていると…
  5. フェースが真っ直ぐに向く感覚

    2018.10.25

    フェースが真っ直ぐに向く感覚

    アドレス時のフェースの向きは絶対に真っ直ぐに向いていなければならないというとそうでもないのですが、や…

    フェースが真っ直ぐに向く感覚
  6. 膝の位置が変わらない意識

    2019.07.30

    膝の位置が変わらない意識

    私もそうなのですがフォワードストロークの際に右膝が動いてしまうことがあります。右膝が動くと…

    膝の位置が変わらない意識
  7. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 1 「ヘッド選択」

    2018.09.6

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 1 「ヘッ…

    自分用に SUS303 素材の Rocker Sole Remake を作ってみようと思います。これ…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 1 「ヘッド選択」
  8. なぜショートパットを外すのか?

    2018.06.29

    なぜショートパットを外すのか?

    これは永遠のテーマな感じがします。しばらく外さないでいると徐々に自信も出てきて、良いストロー…

    なぜショートパットを外すのか?
  9. 距離感が合わない原因

    2018.11.9

    距離感が合わない原因

    パッティングストロークには大きく分けて2種類のタイプがあると思っています。一つはストローク中…

    距離感が合わない原因

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP