練習グリーンでの練習はどんな感じでしていますか?

私の場合最初はグリーンのスピードを知りたいので少し長め(5m以上)で自分の中のその距離感で打ってみます。

その時に大体のスピードをつかんで次は入るとうれしい2~3mを色々なラインで練習します。曲がり方はグリーンのスピードや上りなのか下りなのかでずいぶん変わりますので、その感覚をつかみます。

その感じが大体つかめたところで次は絶対に入れたい1.5m以内をこれもいろいろな方向から練習します。

これも自分の想像の曲がり幅と、実際の曲がり幅にどのくらいギャップがあるのか?を確認しながら打ちます。

ただせっかくこんなに練習をして感覚をつかんでも、実際コースに出てみるとスピードの感じ方がぜんぜん違ったりしてしまうことがあります。

そんな時は出だしの何ホールかでその感覚をつかまなければならなくなるのでちょっと大変です。

  • コメント: 1

関連記事

  1. ヘッド形状が変わっても変わらないストローク

    2019.11.14

    ヘッド形状が変わっても変わらないストローク

    パターのヘッド形状は色々ありますが、その違いを表すスペックは重心角です。一般的に重心角が大…

    ヘッド形状が変わっても変わらないストローク
  2. VAULT 2.0 DALE ANSER Customize 1

    2020.12.8

    VAULT 2.0 DALE ANSER Customize 1

    少し程度が良くないので安く売られていた PING VAULT 2.0 DALE ANSER を手に…

    VAULT 2.0 DALE ANSER Customize 1
  3. 自分がどう動かそうとしているかの確認

    2018.10.24

    自分がどう動かそうとしているかの確認

    パッティングストロークの分析を受けに来ていただいた方には、必ず最初に打っていただきながらどんなイメー…

    自分がどう動かそうとしているかの確認
  4. インサイドに引きすぎると…

    2019.02.4

    インサイドに引きすぎると…

    パターヘッドの軌道はインサイドインが良いという話を聞いたりして、わざわざその動きを自分でしようとし…

    インサイドに引きすぎると…
  5. アドレスでヘッドを浮かすのは?

    2020.11.20

    アドレスでヘッドを浮かすのは?

    パッティングカウンセリングを受けていただく方でアドレスでフェースの向きを決めた後にヘッドを地面から…

    アドレスでヘッドを浮かすのは?
  6. 下半身を止められると

    2020.06.23

    下半身を止められると

    今日はパッティングにおいてかなり大事な話をします。パッティングで「下半身を動かさない」はよ…

    下半身を止められると
  7. STABILITY Shaft 実験2

    2019.06.14

    STABILITY Shaft 実験2

    今エースで使用している HILLCREST TRUECoG CUPRUM は良い感じで使えているの…

    STABILITY Shaft 実験2
  8. 理想のストロークが入るわけではない

    2020.01.8

    理想のストロークが入るわけではない

    この手の話は何度もしていますが、やはりみなさん綺麗な打ち方で打ちたいという願望が大きいせいか、ど…

    理想のストロークが入るわけではない
  9. Super Stroke Traxion Claw Grip

    2020.09.8

    Super Stroke Traxion Claw Grip

    先日の Wrist Lock グリップに引き続き、今日はクローグリップ用のグリップの紹介です。…

    Super Stroke Traxion Claw Grip

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP