練習グリーンでの練習はどんな感じでしていますか?

私の場合最初はグリーンのスピードを知りたいので少し長め(5m以上)で自分の中のその距離感で打ってみます。

その時に大体のスピードをつかんで次は入るとうれしい2~3mを色々なラインで練習します。曲がり方はグリーンのスピードや上りなのか下りなのかでずいぶん変わりますので、その感覚をつかみます。

その感じが大体つかめたところで次は絶対に入れたい1.5m以内をこれもいろいろな方向から練習します。

これも自分の想像の曲がり幅と、実際の曲がり幅にどのくらいギャップがあるのか?を確認しながら打ちます。

ただせっかくこんなに練習をして感覚をつかんでも、実際コースに出てみるとスピードの感じ方がぜんぜん違ったりしてしまうことがあります。

そんな時は出だしの何ホールかでその感覚をつかまなければならなくなるのでちょっと大変です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パターの重心で打つこと

    2019.06.5

    パターの重心で打つこと

    パターの重心がどこにあるか意識したことがありますか?パターにはサイトラインやサイトドットが…

    パターの重心で打つこと
  2. 実験用グリップは「TOUR SNSR」

    2019.04.4

    実験用グリップは「TOUR SNSR」

    昨日の実験用シャフトに続いて実験に使うグリップはこれに決めました。Golf Pride T…

    実験用グリップは「TOUR SNSR」
  3. 市販パターを使う上での知っておくべきこと

    2018.06.18

    市販パターを使う上での知っておくべきこと

    なんだかパターが構えにくいと言っていらっしゃる方が結構います。その違和感はこんな感じです。1…

    市販パターを使う上での知っておくべきこと
  4. duckbill golf Putters

    2018.05.3

    duckbill golf Putters

    ここでは duckbill golf のオリジナルパターの作品集を紹介します。duckbill go…

    duckbill golf Putters
  5. 一般的なANSER型の重心位置

    2019.02.7

    一般的なANSER型の重心位置

    少し前の Scotty Cameron NEWPORT ですがシャフトを外して重心位置を調べてみま…

    一般的なANSER型の重心位置
  6. 意識しすぎてやりすぎは注意

    2019.02.15

    意識しすぎてやりすぎは注意

    以前も書いたことがあるかもしれませんが、何度も注意したい内容なのでまたと思うかもしれませんが書いて…

    意識しすぎてやりすぎは注意
  7. パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    2018.07.31

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    最近パター用のカーボンシャフトが増えてきましたね。大手シャフトメーカーはもちろん、パターを作っている…

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?
  8. 軟鉄素材とステンレス素材の違い

    2018.12.11

    軟鉄素材とステンレス素材の違い

    先日久しぶりに軟鉄ヘッドに銅メッキを施した duckbill golf Rocker Sole Re…

    軟鉄素材とステンレス素材の違い
  9. インサイドからはアッパー

    2019.06.11

    インサイドからはアッパー

    昨日はアウトサイドインの軌道がダウンブローになりやすいという話をしましたが、今日はその逆の話です。…

    インサイドからはアッパー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP