Putting Labo ではパターの色入れカスタマイズを行っています。

今回は最近出番がない Scotty Cameron GSS NEWPORT をお色直ししてみました。

これまでの色はオレンジの色を入れたり、ブルーを入れたりしていたのですが、最近お客さんの GSS TIMELESS を見て良い感じだったので、自分のもティファニーブルーを入れてみました。

Scotty Cameron のパターには3つのドットが入っているものがたくさんありますが、これが取れてしまったという人もかなりの数相談にいらっしゃいました。

プラスチックの部品とおっしゃる方もいらっしゃいますが、あの部分は通常の塗料と違って硬くなる塗料なので、乾燥や低温で綺麗に取れてしまうことがあるんです。

そこが取れてしまったのを機に色を入れ替えることを提案すると、みなさん色々なアイデアを出して楽しんでいただいています。

今回のティファニーブルーも人気の色で良い感じに仕上がります。これが仕上がった感じです。

サイトラインと Cameron さんに入れてもらったイニシャルは白で、それ以外をティファニーブルーにしました。なかなか綺麗な感じになりました。

ちょっと色を変えたりするだけで気分も変わります。Putting Labo ではこの色入れや、打刻のサービスも行っています。興味のある方は info@puttinglabo.com までお問い合わせください。

  • コメント: 5

関連記事

  1. 障害物を置いて練習

    2019.01.25

    障害物を置いて練習

    自分がどんな軌道でストロークをしているのか?パッティングストローク分析をするとそれが手に取る…

    障害物を置いて練習
  2. 修正が難しいパターンに遭遇

    2019.09.4

    修正が難しいパターンに遭遇

    先日ストローク分析に来ていただいた方で、その方がしたいと思うストロークにするためのイメージづくりが…

    修正が難しいパターンに遭遇
  3. VISIO PUTTING LASER

    2020.04.7

    VISIO PUTTING LASER

    先日導入した Precision Laboratory の CAPTO ですが、そのセットに含ま…

    VISIO PUTTING LASER
  4. 自分に合っているパターとは?

    2018.06.1

    自分に合っているパターとは?

    この質問はパッティングストロークの分析をしていてよく聞かれる質問です。一般的にはフェースロー…

    自分に合っているパターとは?
  5. ソール面にも角度があります

    2019.10.10

    ソール面にも角度があります

    パターの種類やそのパターのコンセプトによって違いますが、パターのソール面には角度があります。…

    ソール面にも角度があります
  6. 再現性を上げるには?

    2020.02.5

    再現性を上げるには?

    パッティングストローク分析で重要視している項目は再現性(Consistency)です。こ…

    再現性を上げるには?
  7. パターはライ角を変えても球のつかまりは…

    2018.09.28

    パターはライ角を変えても球のつかまりは…

    パッティングでボールがつかまらないで右に行ってしまうとか、逆に引っかけてしまうということが結構あるの…

    パターはライ角を変えても球のつかまりは…
  8. パターが変わったときに気を付けること

    2018.10.5

    パターが変わったときに気を付けること

    先日久しぶりにエースパターではないパターを使ってみたのですが、距離感が合わず苦労しました。ヘ…

    パターが変わったときに気を付けること
  9. 曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    2018.07.23

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    このブログを見てらっしゃる方はほとんどの方がわかっていることだとは思いますが、念のため書いておきます…

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP