みなさんは旗をさしたままプレーしてみましたか?

それほど強い感じではなく旗竿に触れれば、確かに弾かれることはなく入っていました。

この時のラウンドでは自分は抜きたいとか、抜きたくないという人がいなかったので、スムーズに進められたと思います。

ですが、抜いて打ちたいという人がいるとかえって面倒な話になりますね。それと旗が立ったままカップインしたボールを拾うのが結構面倒です。拾いにいった方向の逆にあったりすると結構大変です。

旗に当たれば入るとわかっていてもなかなか強く打てない感じがありました。真っすぐ打つ技術があって、多少曲がるラインも強めに打って旗に当たれば入る確率が上がることになります。

でも、ピンやフラッグの影がちょうど自分のボールのあたりに来てしまっている時はさすがに抜きたくなります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. カップを見ながらストロークすると

    2018.11.22

    カップを見ながらストロークすると

    私は距離感をつかむためにカップを見ながら素振りをします。このやり方をしている人は結構いるので…

    カップを見ながらストロークすると
  2. つま先の向きを利用する

    2019.05.14

    つま先の向きを利用する

    これはショットでもいえるのですが、つま先がどちらを向いているかは体の動きに影響を与えます。…

    つま先の向きを利用する
  3. コースで打つ方が打感が良い

    2019.06.25

    コースで打つ方が打感が良い

    自宅のパッティングマットで打っている時と、グリーン上で打っている時の感覚が違うということが結構あり…

    コースで打つ方が打感が良い
  4. TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft

    2019.09.24

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaf…

    以前 STABILITY Shaft を入れてバランスが重くなり過ぎてしまった HILLCREST…

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft
  5. ロングパットで考えること

    2019.01.15

    ロングパットで考えること

    みなさんロングパットでどんなことを考えていますか?私はとにかく2パットで確実に行けるパットを…

    ロングパットで考えること
  6. 爪先でも踵でもない

    2019.08.1

    爪先でも踵でもない

    アドレス時の体重がかかる位置は爪先でもないですし踵でもありません。パッティングストローク分…

    爪先でも踵でもない
  7. フェースローテーションはするものではありません 2/2

    2018.07.18

    フェースローテーションはするものではありません 2/2

    先日はフェースバランスだからローテーションが少なくなって、L字タイプだからローテーションが多くなるの…

    フェースローテーションはするものではありません 2/2
  8. ボール位置を確認する上での注意点

    2018.10.11

    ボール位置を確認する上での注意点

    自分がボールをどこに置いているかチェックするときに大事なことをお話します。ショットでのボール…

    ボール位置を確認する上での注意点
  9. 下半身を動かさない

    2019.08.23

    下半身を動かさない

    ストローク軌道を再現性高くする際に意識したいのが下半身を動かさない意識です。簡単そうに思い…

    下半身を動かさない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP