ここ10年くらいでパターのヘッド重量は20g以上重くなっています。

320g程度のヘッド重量だったものが今では350gは当たり前、360gオーバーのヘッドも結構見かけます。

昔はなぜヘッドが軽かったのか?それはグリーンもスピードが遅く、しっかり打っていかなければカップに届かなかったんです。

最近では一般のゴルフ場でも遅くても8.5フィートくらいは出ているので、打ち出し方向を意識してラインに乗せる打ち方が主流になってきました。

そうするとインパクトで力を入れる打ち方よりは振り子のように打つ打ち方がその環境に合うと考えられるようになったんです。

この重いヘッドはやはりストロークの軌道が安定しやすい効果があります。それは昔の軽いヘッドを打ってみるとよくわかります。

ヘッド重量が重いとか、バランスが出ているというのはストロークが安定することにつながりますので、機会がったらどんな感じになるか試してみてください。

私もずっとANSER型を使っていますが、やはり軽いヘッドよりも重いヘッドの方がストロークは安定します。打ち方によっては重いヘッドが打ちにくく感じる人もいます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 肩のラインがどこを向いているか?

    2019.05.9

    肩のラインがどこを向いているか?

    昨日のスタンスの向きに続いて、肩のラインがどこを向いているかも、テークバックのしやすさにかなり影響…

    肩のラインがどこを向いているか?
  2. スタート前のパッティング練習

    2019.03.26

    スタート前のパッティング練習

    練習グリーンでの朝の練習はそのコースのグリーンのスピードの感覚を得るための大事な時間です。…

    スタート前のパッティング練習
  3. 多方面からラインを見る

    2018.11.26

    多方面からラインを見る

    先日のラウンドではこれまでよりも入念にラインを読むことを心掛けました。ラインを読むことも他の…

    多方面からラインを見る
  4. 何故突然パンチが入るのか?

    2018.10.10

    何故突然パンチが入るのか?

    ショートパットでソフトに打てないという方が結構いらっしゃいます。ショートパットですのでテーク…

    何故突然パンチが入るのか?
  5. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果4

    2019.05.21

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果4

    一日空いてしまいましたが、今日も実験の考察です。今回はフェースローテーションに注目してみま…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果4
  6. 障害物を置いて練習

    2019.01.25

    障害物を置いて練習

    自分がどんな軌道でストロークをしているのか?パッティングストローク分析をするとそれが手に取る…

    障害物を置いて練習
  7. ボール位置を確認する上での注意点

    2018.10.11

    ボール位置を確認する上での注意点

    自分がボールをどこに置いているかチェックするときに大事なことをお話します。ショットでのボール…

    ボール位置を確認する上での注意点
  8. 手首を使わないために

    2018.12.19

    手首を使わないために

    ストローク中に手首を使わないためにどうしたらいいか?そんなことを結構聞かれることがあります。…

    手首を使わないために
  9. ミドルパットで考えること

    2019.01.16

    ミドルパットで考えること

    前回はロングパットの話でした。今回はミドルパットの話です。ミドルパットというとあわよくば入れ…

    ミドルパットで考えること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP