よくその日のグリーンのスピードをどう考えるんですか?と聞かれることがあります。

そんな時にお答えするのが、自分の基準になるストロークを作ることをお勧めしています。どんなやり方かというと、まずは自分が何も考えないで普通に打った時に転がる距離を把握します。

家にあるパターマットの上で2mを転がす感覚でも問題ありません。

練習グリーンで平らな場所を見つけていつものストロークをしてみます。その時に普段は2m転がるくらいのストロークなのに2.5m転がるとか、逆に1.5mしか転がらないということになれば、自分が思っているより弱い力で打つとか、強く打つとかの判断がある程度できるわけです。

なかなか短い時間で距離感をその場でやしなうのは難しいので、なるべく自分の持っている感覚を利用してやるとうまくいくことも多くなるはずです。

少し普段の練習でどんな感覚でやっているのかを確認しながら練習してみてください。

  • コメント: 4

関連記事

  1. ロフト調整で変わるインパクト音

    2019.01.31

    ロフト調整で変わるインパクト音

    パッティングストローク分析をして最適なロフトに調整する方が30%くらいの確率でいらっしゃいます。…

    ロフト調整で変わるインパクト音
  2. 肘は伸ばすのか曲げるのか?

    2018.12.18

    肘は伸ばすのか曲げるのか?

    パッティングのアドレスで肘を伸ばした方がいいのか、曲げた方がいいのかをよく聞かれます。私の答…

    肘は伸ばすのか曲げるのか?
  3. 綺麗なストロークが入るわけではない

    2019.07.11

    綺麗なストロークが入るわけではない

    パッティングストロークン分析をしてみると、ほとんどの方が自分の理想とはかけ離れていてがっかりしてい…

    綺麗なストロークが入るわけではない
  4. 細いグリップが合う人

    2018.08.31

    細いグリップが合う人

    先日は太いパターグリップが合う人について話しました。今回は逆に細いグリップが合う人の話です。…

    細いグリップが合う人
  5. マレット型は本当に易しいのか?

    2018.12.12

    マレット型は本当に易しいのか?

    パターがあまり得意ではないという理由でマレット型のパターを選んでいる方が結構いらっしゃいます。…

    マレット型は本当に易しいのか?
  6. ロフト調整で変わる打音

    2019.05.30

    ロフト調整で変わる打音

    インパクト時のハンドファーストもしくはハンドレイトの度合いによってインパクトロフトが変わります。…

    ロフト調整で変わる打音
  7. 練習グリーンでの動画を撮ってみて

    2019.04.26

    練習グリーンでの動画を撮ってみて

    久しぶりに自分のパッティング練習の様子を動画で撮ってみました。お客さんのストロークはかなり…

    練習グリーンでの動画を撮ってみて
  8. 体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    2018.11.5

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    自宅にパッティングミラーがあればいいのですが、なかなかそれを持っている人は少ないと思います。…

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認
  9. 「決めたら打つ」って良い言葉

    2019.08.7

    「決めたら打つ」って良い言葉

    全英女子オープンを制した渋野プロのインタビューで印象的な言葉がこの「決めたら打つ」です。良…

    「決めたら打つ」って良い言葉

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP