パッティングが調子が悪いというときにストローク分析に来られる方が多いのですが、調子の良い時のデータを記録しておくことも重要です。

良い時と何が違っているのかがわかれば、修正することも簡単なんです。

私の場合はインサイドに引きすぎる癖があり、そうなるとボールが右目に出てしまうことが多くなります。

そんな時にデータを見てみるとテークバックの軌道が良い時とは違いかなりインサイドに入ってしまっています。

自分の場合チェックポイントはそこが一番大きなポイントで、ほかにもいくつかあります。いろいろな要素が絡み合って出ている現象があるので、そこも合わせてみています。

先日はハンドファーストの角度が結構変わっているときがありました。これは気が付かなかったですね。どうも転がりが悪いと思ったんです。それと合わせてヘッドの上下の軌道もチェックします。

こうやって良い感じで打てているときの数字を知っておくと修正の役に立ちますので、調子が良くて満足な時も是非ストローク分析してみてください。

パッティングストロークのデータはずっと保存してありますので、パターを変えた時など何か変化があった時と比較をしていただくことができますので是非ご利用ください。

  • コメント: 4

関連記事

  1. パッティングでのグリップの持ち方を考える

    2018.08.14

    パッティングでのグリップの持ち方を考える

    パッティングでのグリップの持ち方は人それぞれで正解はありません。ですが、自分のやろうとしていることや…

    パッティングでのグリップの持ち方を考える
  2. パッティングで大事なこと

    2018.09.21

    パッティングで大事なこと

    パッティングだけに限らないのですが、ゴルフで大事だと思っていることがあります。これは持論でも…

    パッティングで大事なこと
  3. パッティングストローク分析をしていて感じること

    2018.05.27

    パッティングストローク分析をしていて感じること

    これまでたくさんのアマチュアゴルファー、プロゴルファーのパッティングストローク分析をしてきました。…

    パッティングストローク分析をしていて感じること
  4. ライ角調整と打ち出し方向

    2019.05.28

    ライ角調整と打ち出し方向

    パッティングストローク分析にいらした方に最適なライ角についてお話しすると、ほとんどの方が納得してい…

    ライ角調整と打ち出し方向
  5. 下半身を動かさない意識

    2019.04.19

    下半身を動かさない意識

    パッティングストローク分析をしていると、下半身(特に後ろ足の膝)が動く人がかなりいます。膝…

    下半身を動かさない意識
  6. 普通のパットとショートパットの打ち方

    2019.01.10

    普通のパットとショートパットの打ち方

    私の場合ですが、普通のパットの打ち方と、絶対に入れたいパットの打ち方は違う打ち方です。打つ時の意識だ…

    普通のパットとショートパットの打ち方
  7. ショートパットを左に外しやすい

    2019.03.22

    ショートパットを左に外しやすい

    ショートパットを左に外す人は結構多いです。そのミスのよくある原因をお話しします。思い当たる…

    ショートパットを左に外しやすい
  8. ラウンド中に打ち方を変える

    2019.01.9

    ラウンド中に打ち方を変える

    パッティングが調子悪くて普段やらないことを急にやるのは難しいです。ですが普段から練習していてその打ち…

    ラウンド中に打ち方を変える
  9. PING型はカッコイイんだけど…

    2018.11.21

    PING型はカッコイイんだけど…

    パッティングストロークの分析にいらっしゃる方で結構多い話が、PING型はカッコイイんだけど...って…

    PING型はカッコイイんだけど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP