私も経験がありますが、自分では一生懸命届かせようと思って打っているのに、カップまで届かずアマサイドに外れていく…

入れようとする気持ちが強いほどますますショートする。下りのパットで距離を合わせるつもりで調整したら手前で止まってしまう。こうなると悪循環になってしまいます。

私の場合これをどう乗り越えたか(乗り越えたつもりになっているか)というと、こんなことをしてみました。

で、こんな風に考えるようにしました。カップに届かないは×、カップを過ぎたら○をスコアカードに印を入れてあとで分析してみるようにしたんです。

今日は6○12×とか、11○7×みたいに書いてパット数よりこの数字の方で頑張るようにしました。今も続けていたら多分14○4×くらいにはなっていると思いますが、もちろんグリーンの形状で変わってくると思います。

少し視点を変えてみると頑張れるかもしれませんのでやってみてください。そうそう、自分に罰金を課すともっと気合が入れられます(笑)

  • コメント: 2

関連記事

  1. ラウンド前のパター練習

    2018.11.14

    ラウンド前のパター練習

    みなさんラウンド前にショットの練習はしなくてもパットの練習はしている方が多いと思います。今日は私がど…

    ラウンド前のパター練習
  2. 右足体重?左足体重?

    2019.08.5

    右足体重?左足体重?

    パッティングのアドレスの時に左に体重がかかり過ぎている方がたまにいらっしゃいます。飛球方向…

    右足体重?左足体重?
  3. ルーティーンのどこで距離感を作るか?

    2020.02.20

    ルーティーンのどこで距離感を作るか?

    距離感を作るには目標地点(カップ)まで届かせるイメージを持ちながら素振りなどをする場合が多いです…

    ルーティーンのどこで距離感を作るか?
  4. 一般的なピン型の重心位置

    2019.10.23

    一般的なピン型の重心位置

    PING の Anser の形状のパターを使っている人に知っておいてもらいたいことがあります。…

    一般的なピン型の重心位置
  5. 期待しすぎないパッティング

    2018.11.20

    期待しすぎないパッティング

    私自身も含めてパッティングの結果を期待し過ぎている方が多いと思います。期待が大きければ大きい…

    期待しすぎないパッティング
  6. 曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    2018.07.23

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    このブログを見てらっしゃる方はほとんどの方がわかっていることだとは思いますが、念のため書いておきます…

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる
  7. カップを見ながら打ってみる

    2019.01.11

    カップを見ながら打ってみる

    距離感が合わないという話をよく聞きますが、距離感を練習で養うのはなかなか難しいです。そんな人…

    カップを見ながら打ってみる
  8. フェース面のイメージは手の平?

    2019.02.14

    フェース面のイメージは手の平?

    私のフェース面のイメージは右の手の平です。右手のグリップを決める時に手の平がフェース面になるように…

    フェース面のイメージは手の平?
  9. ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

    2018.07.27

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

    ショルダーストロークを正しく理解できている人がどれだけいるでしょうか?もちろん自分もつい最近まで理解…

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP