パターの長さを身長で決めている方が多いです。

身長が180cmだから35インチとか、身長が160cmだから33インチと言う考え方は万人に当てはまりません。

身長が低くても35インチが合う人もいますし、身長が高くても33インチが合う人もいます。

長さの決め方はストロークが安定する肘の位置を決めて、どのくらい前傾をしたいか?さらに力が入りやすい(手首の角度をキープしやすい)手首の角度を決めると長さが決まります。

身長が高くても前傾が深ければ手は下の方にいきますので合うパターは短くなります。

身長が低くても前傾が浅く、ボールを近くに置きたい人は手の位置も高くなるので、合うパターは長くなります。

こうやって長さを決めると、今までと違う長さが自分には合うのかもしるないと思う方が結構いるのではないでしょうか?

そうそう、先日実験用に作成したパターの練習グリーンで打ってみた感想を ANSERFREAK の方でアップしています。そちらも併せてご覧ください。http://www.anserfreak.ne.jp/

  • コメント: 5

関連記事

  1. パット数を数えていますか?

    2018.12.7

    パット数を数えていますか?

    パット数といってもいろいろな数え方があります。グリーン上で打ったパット数だけを数える方法と、…

    パット数を数えていますか?
  2. 打ち方と打点で転がる距離が変わる

    2019.08.9

    打ち方と打点で転がる距離が変わる

    先日のラウンドの時にすごく打っている感じなのになかなかカップに届かない人がいました。使って…

    打ち方と打点で転がる距離が変わる
  3. ラウンド中に打ち方を変える

    2019.01.9

    ラウンド中に打ち方を変える

    パッティングが調子悪くて普段やらないことを急にやるのは難しいです。ですが普段から練習していてその打ち…

    ラウンド中に打ち方を変える
  4. 今年もお付き合いありがとうございました

    2020.12.29

    今年もお付き合いありがとうございました

    Putting Labo. Blog は本日をもちまして2020年の更新を終了いたします。…

    今年もお付き合いありがとうございました
  5. 良いストロークをしようと思いすぎると…

    2018.11.2

    良いストロークをしようと思いすぎると…

    パッティングで自分の思う理想のストロークをしようと思うと、いくつも気をつけなくてはならない場合があり…

    良いストロークをしようと思いすぎると…
  6. 速いグリーンでのラインの読み

    2019.11.25

    速いグリーンでのラインの読み

    最近そこそこ速いグリーンでやっていてグリーンの読み方がちょっと変わった感じがします。転がり…

    速いグリーンでのラインの読み
  7. ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    2018.07.4

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    今日はフェースの向きに注目してみました。フェースの向きにはアドレス時の向きとインパクト時の向きがあり…

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編
  8. 速いグリーンでショートする

    2019.06.18

    速いグリーンでショートする

    普段やらないスピードのグリーンでプレーすると、距離感が崩されますよね。最初のパッティングの…

    速いグリーンでショートする
  9. ソールに鉛は注意が必要

    2019.02.1

    ソールに鉛は注意が必要

    ヘッド重量をアップするのに手っ取り早いのはソール面に鉛を張ることです。ですがそれが原因です…

    ソールに鉛は注意が必要

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP