ボールの転がりの評価は、クラブの縦の軌道と当たるときのインパクトロフトです。

その組み合わせでボールの打ち出し角度が決まります。高く打ち上げられると、ボールがバウンドするので、順回転が始まるタイミングが遅くなります。

それはどんな時に起こるかと言うと、ハンドファーストが少なくアッパーの軌道が大きくなった時。

手首を使ってしまい、ロフトが寝て当たってしまった時。物理的なロフトが大きすぎる時も同じ現象が起きます。

ということで、現在のストロークを変えなくても転がりがよくなる可能性があるのはパターのロフトです。

通常パターのロフトは3度から4度です。転がりが良いと言っているパターのほとんどは物理的なロフトを2度くらいにしているか、もしくはフェース面の加工や、素材で工夫をしているものがほとんどです。

ロフトが変わると本当に目に見えて転がりが変わります。ただ人によって最適ロフトは変わりますので、ストローク分析をすることが必要になります。

  • コメント: 5

関連記事

  1. どうやって実験するか考え中…

    2018.12.25

    どうやって実験するか考え中…

    先日 ANSERFREAK の方でアナウンスした実験について考えています。EPSON M-T…

    どうやって実験するか考え中…
  2. パッティングでのふところ

    2018.08.17

    パッティングでのふところ

    アドレスの時にボールの距離があっていない人が結構いらっしゃいます。今回はこのボールとの距離についてお…

    パッティングでのふところ
  3. Customized Scotty Cameron Putters

    2018.05.3

    Customized Scotty Cameron Putters

    ここではパッティングラボでカスタマイズした Scotty Cameron のパターを紹介します。…

    Customized Scotty Cameron Putters
  4. アウトサイドからはダウンブロー

    2019.06.10

    アウトサイドからはダウンブロー

    ちょっとストローク軌道の話をします。ストロークやスイングの軌道には縦方向と横方向の軌道があります。…

    アウトサイドからはダウンブロー
  5. どうやって打つか考えない?

    2019.12.19

    どうやって打つか考えない?

    ストローク分析で最初に打ちながらお話しをしているときに、どんなことを意識しながら打っているかを必ず…

    どうやって打つか考えない?
  6. TaylorMade TRUSS パターの調整

    2020.07.2

    TaylorMade TRUSS パターの調整

    先日パターのロフトライ調整にいらしていただいたお客様が翌日にも来ていただきました。今回の調…

    TaylorMade TRUSS パターの調整
  7. パターを吊ってアドレスする人は

    2019.11.15

    パターを吊ってアドレスする人は

    先日パターをつって構える人の話になった時の話です。なんでつるのか?まず一つは前傾が浅くなる…

    パターを吊ってアドレスする人は
  8. 「無意識のパッティング」 その4

    2020.04.16

    「無意識のパッティング」 その4

    今日で最後の「無意識のパッティング」の話です。今日は自分自身も少し考え方に影響を受けた重要な話で…

    「無意識のパッティング」 その4
  9. なぜショートパットを外すのか?

    2018.06.29

    なぜショートパットを外すのか?

    これは永遠のテーマな感じがします。しばらく外さないでいると徐々に自信も出てきて、良いストロー…

    なぜショートパットを外すのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP