カテゴリー
パターのスペックについて パターの調整/カスタマイズ パッティングストロークについて ブログ全投稿

転がりの良いボールを打つには

ボールの転がりの評価は、クラブの縦の軌道と当たるときのインパクトロフトです。

その組み合わせでボールの打ち出し角度が決まります。高く打ち上げられると、ボールがバウンドするので、順回転が始まるタイミングが遅くなります。

それはどんな時に起こるかと言うと、ハンドファーストが少なくアッパーの軌道が大きくなった時。

手首を使ってしまい、ロフトが寝て当たってしまった時。物理的なロフトが大きすぎる時も同じ現象が起きます。

ということで、現在のストロークを変えなくても転がりがよくなる可能性があるのはパターのロフトです。

通常パターのロフトは3度から4度です。転がりが良いと言っているパターのほとんどは物理的なロフトを2度くらいにしているか、もしくはフェース面の加工や、素材で工夫をしているものがほとんどです。

ロフトが変わると本当に目に見えて転がりが変わります。ただ人によって最適ロフトは変わりますので、ストローク分析をすることが必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。