ボールの転がりの評価は、クラブの縦の軌道と当たるときのインパクトロフトです。

その組み合わせでボールの打ち出し角度が決まります。高く打ち上げられると、ボールがバウンドするので、順回転が始まるタイミングが遅くなります。

それはどんな時に起こるかと言うと、ハンドファーストが少なくアッパーの軌道が大きくなった時。

手首を使ってしまい、ロフトが寝て当たってしまった時。物理的なロフトが大きすぎる時も同じ現象が起きます。

ということで、現在のストロークを変えなくても転がりがよくなる可能性があるのはパターのロフトです。

通常パターのロフトは3度から4度です。転がりが良いと言っているパターのほとんどは物理的なロフトを2度くらいにしているか、もしくはフェース面の加工や、素材で工夫をしているものがほとんどです。

ロフトが変わると本当に目に見えて転がりが変わります。ただ人によって最適ロフトは変わりますので、ストローク分析をすることが必要になります。

  • コメント: 5

関連記事

  1. ストロークを分析するメリット

    2020.01.10

    ストロークを分析するメリット

    パッティングストロークには理想の動きはあると思っています。やはり手の意識を無にして体で動ければ、…

    ストロークを分析するメリット
  2. 良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    2019.03.19

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    ハンドファーストの仕方には良い方法と悪い方法があります。ハンドファーストというのはヘッドの…

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト
  3. STABILITY Shaft 実験5

    2019.06.26

    STABILITY Shaft 実験5

    STABILITY Shaft 装着のパターと、通常のシャフトを装着したパターの比較を SAM P…

    STABILITY Shaft 実験5
  4. 風が強い日のパッティング

    2019.03.25

    風が強い日のパッティング

    先日のラウンドはかなり強い風が吹いていました。ショットで言うとアゲインストの時は2番手でも…

    風が強い日のパッティング
  5. グリップエンドの動きに注目

    2018.08.22

    グリップエンドの動きに注目

    パッティングのストローク中のグリップエンドに注目してみてください。上の動画のようにシ…

    グリップエンドの動きに注目
  6. 長くゴルフをやっている人ほど…

    2020.01.30

    長くゴルフをやっている人ほど…

    20年くらいのゴルフ歴だとまだそんなこともないのですが、もう40年もゴルフをやっているという人の…

    長くゴルフをやっている人ほど…
  7. 自信を無くすことが一番ダメ

    2020.02.6

    自信を無くすことが一番ダメ

    人それぞれ性格があるので、ダメって言われてもしょうがない部分はあると思いますが、血液型「O型」の…

    自信を無くすことが一番ダメ
  8. トウバランスのパターを試したくて

    2019.12.23

    トウバランスのパターを試したくて

    ANSERFREAK の方ではレポートしましたが、先日久しぶりにパターを購入しました。購入…

    トウバランスのパターを試したくて
  9. ほとんどの人が動いている右膝

    2018.11.28

    ほとんどの人が動いている右膝

    パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。…

    ほとんどの人が動いている右膝

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP