ボールの転がりの評価は、クラブの縦の軌道と当たるときのインパクトロフトです。

その組み合わせでボールの打ち出し角度が決まります。高く打ち上げられると、ボールがバウンドするので、順回転が始まるタイミングが遅くなります。

それはどんな時に起こるかと言うと、ハンドファーストが少なくアッパーの軌道が大きくなった時。

手首を使ってしまい、ロフトが寝て当たってしまった時。物理的なロフトが大きすぎる時も同じ現象が起きます。

ということで、現在のストロークを変えなくても転がりがよくなる可能性があるのはパターのロフトです。

通常パターのロフトは3度から4度です。転がりが良いと言っているパターのほとんどは物理的なロフトを2度くらいにしているか、もしくはフェース面の加工や、素材で工夫をしているものがほとんどです。

ロフトが変わると本当に目に見えて転がりが変わります。ただ人によって最適ロフトは変わりますので、ストローク分析をすることが必要になります。

  • コメント: 5

関連記事

  1. フェースの上の方で打たない意識

    2019.07.2

    フェースの上の方で打たない意識

    パッティングストローク分析に来ていただき、フェース面のどのあたりで打っているかを見ていただくと色々…

    フェースの上の方で打たない意識
  2. なぜショートパットが難しいか? Part 2

    2020.05.8

    なぜショートパットが難しいか? Part 2

    先日読み始めた本に、確かにそういうこともあるかもしれないなという記述があったのでちょっと触れておき…

    なぜショートパットが難しいか? Part 2
  3. 距離感が合わない原因

    2018.11.9

    距離感が合わない原因

    パッティングストロークには大きく分けて2種類のタイプがあると思っています。一つはストローク中…

    距離感が合わない原因
  4. 芝目を意識する

    2019.05.13

    芝目を意識する

    芝目があるゴルフ場で常にやっている方はそれほど違和感がなくなっているのだと思いますが、普段普通のグ…

    芝目を意識する
  5. フェースを真っ直ぐ出そうと思うと

    2019.02.13

    フェースを真っ直ぐ出そうと思うと

    パッティングストローク分析をしていてよく聞くストロークのイメージが打った後のフェースの向きのイメー…

    フェースを真っ直ぐ出そうと思うと
  6. テークバックで地面に引っかかる

    2019.10.9

    テークバックで地面に引っかかる

    昨日に引き続きテークバックでのトラブルについてです。昨日のテークバックで揺れるという人と同…

    テークバックで地面に引っかかる
  7. グリップの向きがおかしいと

    2019.01.30

    グリップの向きがおかしいと

    グリップ交換を自分でされる方がたまにいらっしゃいます。そう言う方は普通のクラブであればバックライン…

    グリップの向きがおかしいと
  8. フェースの下目で打つイメージを作る練習

    2018.06.25

    フェースの下目で打つイメージを作る練習

    パッティングストローク分析をしていると、ヘッドの縦方向の動きがわかります。ダウンブローに当たっている…

    フェースの下目で打つイメージを作る練習
  9. 自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    2018.06.8

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    前回は長いこと、短いことによるデメリットについてお話ししました。ではそうならないために自分に合った長…

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP