前から興味があった ODYSSEY の STROKE LAB のようなパター。

シャフトを軽量化して、ヘッドを重めにさらにグリップも重め。これで本当にストロークの安定がはかれるのか?

今回の材料は UST Mamiya のウェッジ用のシャフトの ATTAS SPINWEDGE IP。今回はあえて一番重い125gは使わず、80g と 100g を使ってみます。

この ATTAS SPINWEDGE IP はチップ径が約9mmなので、Cameron のパターや、TRUECoG シリーズに使えます。

グリップは重めの80gくらいの重めのグリップか、カウンターバランスにしてやってみようと思います。

そのパターを使って普通のスペックのパターと比較して有意差が出るのかを、色々なパラメータで比較しようと思います。

  • コメント: 5

関連記事

  1. ライ角が合っていないと

    2020.08.13

    ライ角が合っていないと

    アドレス時のライ角が合っていないとフェースの向きが合わせにくくなります。その主な原因はパタ…

    ライ角が合っていないと
  2. 止めながら動かす場所

    2019.12.12

    止めながら動かす場所

    昨日はパッティングストロークをする際に止めておきたい場所についてお話ししました。今回は先日…

    止めながら動かす場所
  3. ボールがつかまりすぎる原因

    2020.01.14

    ボールがつかまりすぎる原因

    どうしても思ったより左に行ってしまうというときに考えるべきことがあります。一つはフェース…

    ボールがつかまりすぎる原因
  4. サイトラインの場所が重心のパター

    2020.08.6

    サイトラインの場所が重心のパター

    サイトラインは本来方向を確認するだけでなく、そこで打つイメージで打っている方が多いと思います。…

    サイトラインの場所が重心のパター
  5. パッティングストローク中に動かさない

    2020.09.2

    パッティングストローク中に動かさない

    パッティングストローク中に動かさないイメージを持っていただきたい箇所は2つ。まず一つは右膝…

    パッティングストローク中に動かさない
  6. 普通のパットとショートパットの打ち方

    2019.01.10

    普通のパットとショートパットの打ち方

    私の場合ですが、普通のパットの打ち方と、絶対に入れたいパットの打ち方は違う打ち方です。打つ時の意識だ…

    普通のパットとショートパットの打ち方
  7. STRAIGHT TRAX で練習

    2019.01.24

    STRAIGHT TRAX で練習

    先日購入してみたレッドベターの練習グッズの「STRAIGHT TRAX」で練習してみました。…

    STRAIGHT TRAX で練習
  8. ショートパットで考えること

    2019.01.22

    ショートパットで考えること

    ショートパットはこれまでのロングパット、ミドルパットと違って入れたいという意識が強くなりますし、考え…

    ショートパットで考えること
  9. Scotty Cameron T22 NEWPORT 2 CIRCLE-T

    2019.12.4

    Scotty Cameron T22 NEWPORT 2 CIRCLE…

    今日はちょっとお客さんに見せてもらった Scotty Cameron のツアーパターをお見せします…

    Scotty Cameron T22 NEWPORT 2 CIRCLE-T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP