練習グリーンでの朝の練習はそのコースのグリーンのスピードの感覚を得るための大事な時間です。

ですが、練習グリーンで得た感覚が本グリーンと違うことが結構あります。それは傾斜だったり、芝目だったりが原因のことがあります。

ですので朝の練習は練習グリーンの上り傾斜や下り傾斜があったらその場所で入念に練習すると良いと思います。特に高麗グリーンは普段やらないので、全くスピードが違います。

私が練習グリーンで練習するのは、自分の想像する曲がり幅と実際の曲がり幅がどのくらい違うかの確認と、平らではないところにカップが切られていることを想定したものです。

それと1m前後のショートパットの練習も入念にしますね。

なるべく色々なことを想定して、本グリーンで何が起きても対応できるようにしておきたいものです。自分より先に打つ人の転がりの情報も貴重な情報になりますので、自分だったらどのくらいの力加減で、どのくらい膨らますのかを考えて実際の転がりと比較することも良いと思います。

  • コメント: 5

関連記事

  1. テークバックを小さくは禁物です

    2020.08.4

    テークバックを小さくは禁物です

    先日テークバックが小さい方がいらっしゃいました。小さいテークバックなのでボールに力が伝わりづらく、…

    テークバックを小さくは禁物です
  2. たまに性質の違うパターを使ってみる

    2020.05.27

    たまに性質の違うパターを使ってみる

    ここのところ ANSER型 ばかり使っていますが、たまにマレット型を使ってみたりするとボコボコ入っ…

    たまに性質の違うパターを使ってみる
  3. フォローを必要以上に出さないために その1

    2020.01.22

    フォローを必要以上に出さないために その1

    先日パッティングストロークの分析をしていて小さいテークバックから、かなり大きなフォローを出す人が…

    フォローを必要以上に出さないために その1
  4. カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2

    2018.06.20

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2

    今日は実際のデータをお見せします。その前にまずは前回の3パターンを図にして、カップの中心からのずれが…

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2
  5. 膝の位置を動かさないで素振り

    2020.05.14

    膝の位置を動かさないで素振り

    先日ちょっと動画を撮ってみました。もしかしたら違うところで見る機会がある人もいるかもしれませんが、…

    膝の位置を動かさないで素振り
  6. なぜショートパットが難しいか? Part 2

    2020.05.8

    なぜショートパットが難しいか? Part 2

    先日読み始めた本に、確かにそういうこともあるかもしれないなという記述があったのでちょっと触れておき…

    なぜショートパットが難しいか? Part 2
  7. ボールがつかまりすぎる原因

    2020.01.14

    ボールがつかまりすぎる原因

    どうしても思ったより左に行ってしまうというときに考えるべきことがあります。一つはフェース…

    ボールがつかまりすぎる原因
  8. アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない

    2019.07.17

    アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない

    アドレスで真っ直ぐに構えられない(フェースを向けられない)人が結構います。そこだけを部分的…

    アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない
  9. ほとんどの人が動いている右膝

    2018.11.28

    ほとんどの人が動いている右膝

    パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。…

    ほとんどの人が動いている右膝

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP