練習グリーンでの朝の練習はそのコースのグリーンのスピードの感覚を得るための大事な時間です。

ですが、練習グリーンで得た感覚が本グリーンと違うことが結構あります。それは傾斜だったり、芝目だったりが原因のことがあります。

ですので朝の練習は練習グリーンの上り傾斜や下り傾斜があったらその場所で入念に練習すると良いと思います。特に高麗グリーンは普段やらないので、全くスピードが違います。

私が練習グリーンで練習するのは、自分の想像する曲がり幅と実際の曲がり幅がどのくらい違うかの確認と、平らではないところにカップが切られていることを想定したものです。

それと1m前後のショートパットの練習も入念にしますね。

なるべく色々なことを想定して、本グリーンで何が起きても対応できるようにしておきたいものです。自分より先に打つ人の転がりの情報も貴重な情報になりますので、自分だったらどのくらいの力加減で、どのくらい膨らますのかを考えて実際の転がりと比較することも良いと思います。

  • コメント: 5

関連記事

  1. インサイドからはアッパー

    2019.06.11

    インサイドからはアッパー

    昨日はアウトサイドインの軌道がダウンブローになりやすいという話をしましたが、今日はその逆の話です。…

    インサイドからはアッパー
  2. グリップがゆるゆるな人が多過ぎ…

    2019.12.17

    グリップがゆるゆるな人が多過ぎ…

    いつからこんなに増えてきたのでしょうか?来る人来る人グリッププレッシャーが弱いです。それで…

    グリップがゆるゆるな人が多過ぎ…
  3. イップスになったことはありませんが…

    2019.07.26

    イップスになったことはありませんが…

    先日イップスの話を聞く機会がありました。諸説あると思いますが、なるほどなと思ったことがあったのでち…

    イップスになったことはありませんが…
  4. ”がっかり” してしまいました…

    2020.01.27

    ”がっかり” してしまいました…

    先日はがっかりしないことが次のホールに引きずらないために必要だという話を少し前にしましたが、先日…

    ”がっかり” してしまいました…
  5. テークバックの時の意識

    2019.07.12

    テークバックの時の意識

    パッティングでテークバックのイメージについて聞かれることがあります。その時に答えるのは右利…

    テークバックの時の意識
  6. ライ角/ロフト角調整時の注意 その3

    2020.03.11

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その3

    今日は3回目、最後の話になります。今回の話はパターの種類や形状、シャフトの種類によってラ…

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その3
  7. 家でパター練習は退屈ですが…

    2020.04.23

    家でパター練習は退屈ですが…

    「STAY HOME」の状況が続いているので、家でパター練習をしてみたのですが、効率の良い練習と…

    家でパター練習は退屈ですが…
  8. パターのバランスは参考値

    2020.01.6

    パターのバランスは参考値

    パターもクラブなのでもちろんスイングバランスというものがあります。ただバランスがいくつだ…

    パターのバランスは参考値
  9. 止めながら動かす場所

    2019.12.12

    止めながら動かす場所

    昨日はパッティングストロークをする際に止めておきたい場所についてお話ししました。今回は先日…

    止めながら動かす場所

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP