パッティングで打感という話が結構出てきます。

少し前までは柔らかい打感が良くて硬い打感はダメみたいなことを言う人が結構いましたが、最近ではこの打感は好みがあるということが浸透してきました。

打感が柔らかいとボールが運べる感覚があるので、ゆっくりしたリズムでインパクトを意識しないストロークをする人に合う感じがします。

一方硬い打感を好む人はボールをしっかりヒットしてインパクトを作る人に合います。

一般的に柔らかい打感は硬い打感よりもボールは飛ぶイメージになるので、インパクトを作る人が柔らかい打感のパターを使うと最初は飛び過ぎるということが起きます。

ですがこれはだんだんその打感での距離感になれてくるので、その慣れるまでの期間が多少上手くいかなくても我慢ができれば使えるようになると思います。

そしてボールも色々あります。硬めのカバーのボールや柔らかいカバーのボールがあって、やはり硬いボールを使っているのであれば少しボールとの接触時間が長い柔らかい打感のパターを選ぶのが良いと思いますし、柔らかいカバーのボールであれば少し硬めの打感のパターでも柔らかさを感じられるようになります。

ちょっとボールとパターの打感について考えてみると、違う選択も出てくるかもしれません。

  • コメント: 1

関連記事

  1. フェースの下目で打つイメージを作る練習

    2018.06.25

    フェースの下目で打つイメージを作る練習

    パッティングストローク分析をしていると、ヘッドの縦方向の動きがわかります。ダウンブローに当たっている…

    フェースの下目で打つイメージを作る練習
  2. Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話

    2018.06.6

    Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話

    以前 Scotty Cameron 氏にインタビューした時、NEWPORT のサイトラインの話を聞い…

    Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話
  3. フェース面のイメージは手の平?

    2019.02.14

    フェース面のイメージは手の平?

    私のフェース面のイメージは右の手の平です。右手のグリップを決める時に手の平がフェース面になるように…

    フェース面のイメージは手の平?
  4. 変わったパターを使う時の注意

    2018.06.28

    変わったパターを使う時の注意

    世の中には色々なコンセプトのパターが存在します。Edel トルクバランスパター、ODYSSE…

    変わったパターを使う時の注意
  5. パッティングでのふところ

    2018.08.17

    パッティングでのふところ

    アドレスの時にボールの距離があっていない人が結構いらっしゃいます。今回はこのボールとの距離についてお…

    パッティングでのふところ
  6. パット数を数えていますか?

    2018.12.7

    パット数を数えていますか?

    パット数といってもいろいろな数え方があります。グリーン上で打ったパット数だけを数える方法と、…

    パット数を数えていますか?
  7. クロウグリップのメリットは?

    2018.07.26

    クロウグリップのメリットは?

    先日の全英オープンは久しぶりに面白かったですね。タイガー・ウッズが上位にいたので、いつもなら途中で寝…

    クロウグリップのメリットは?
  8. 肩のラインがどこを向いているか?

    2019.05.9

    肩のラインがどこを向いているか?

    昨日のスタンスの向きに続いて、肩のラインがどこを向いているかも、テークバックのしやすさにかなり影響…

    肩のラインがどこを向いているか?
  9. 高麗グリーンで気をつけること

    2018.12.10

    高麗グリーンで気をつけること

    先日久しぶりに高麗グリーンでプレーしてきました。高麗グリーンはベントグリーンと違いパッティン…

    高麗グリーンで気をつけること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP