パッティングで打感という話が結構出てきます。

少し前までは柔らかい打感が良くて硬い打感はダメみたいなことを言う人が結構いましたが、最近ではこの打感は好みがあるということが浸透してきました。

打感が柔らかいとボールが運べる感覚があるので、ゆっくりしたリズムでインパクトを意識しないストロークをする人に合う感じがします。

一方硬い打感を好む人はボールをしっかりヒットしてインパクトを作る人に合います。

一般的に柔らかい打感は硬い打感よりもボールは飛ぶイメージになるので、インパクトを作る人が柔らかい打感のパターを使うと最初は飛び過ぎるということが起きます。

ですがこれはだんだんその打感での距離感になれてくるので、その慣れるまでの期間が多少上手くいかなくても我慢ができれば使えるようになると思います。

そしてボールも色々あります。硬めのカバーのボールや柔らかいカバーのボールがあって、やはり硬いボールを使っているのであれば少しボールとの接触時間が長い柔らかい打感のパターを選ぶのが良いと思いますし、柔らかいカバーのボールであれば少し硬めの打感のパターでも柔らかさを感じられるようになります。

ちょっとボールとパターの打感について考えてみると、違う選択も出てくるかもしれません。

  • コメント: 0

関連記事

  1. グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    2018.08.3

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    グリーン上で気をつけていることは結構あります。ちょっと挙げてみると...ピッチマークの補修…

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修
  2. カップを見ながらストロークすると

    2018.11.22

    カップを見ながらストロークすると

    私は距離感をつかむためにカップを見ながら素振りをします。このやり方をしている人は結構いるので…

    カップを見ながらストロークすると
  3. マレット型が合うタイプ

    2018.12.27

    マレット型が合うタイプ

    今回はちょっと違うアプローチでマレット型が合う人はどんな人なのか考えてみました。マレット型と…

    マレット型が合うタイプ
  4. 変わったパターを使う時の注意

    2018.06.28

    変わったパターを使う時の注意

    世の中には色々なコンセプトのパターが存在します。Edel トルクバランスパター、ODYSSE…

    変わったパターを使う時の注意
  5. 市販パターを使う上での知っておくべきこと

    2018.06.18

    市販パターを使う上での知っておくべきこと

    なんだかパターが構えにくいと言っていらっしゃる方が結構います。その違和感はこんな感じです。1…

    市販パターを使う上での知っておくべきこと
  6. ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    2018.10.16

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    私の場合ストローク軌道が悪い状態になるとインに引きすぎてしまいます。インに引いて主に起こるのはプッシ…

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法
  7. フォワードプレスの勧め

    2018.08.21

    フォワードプレスの勧め

    フォワードプレスという言葉を聞いた事がある方は結構いると思います。自分も微妙にですがこれをしてい…

    フォワードプレスの勧め
  8. ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    2019.01.7

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    パッティングで良い当たりをした時の感触をこんな風に表現することがあります。適正なロフトで適正…

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1
  9. パターのシャフトを重くする効果

    2018.07.12

    パターのシャフトを重くする効果

    パター用のシャフトに色々種類があるのはご存知でしょうか?ウッドやアイアンはシャフト交換という…

    パターのシャフトを重くする効果

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP