パッティングで打感という話が結構出てきます。

少し前までは柔らかい打感が良くて硬い打感はダメみたいなことを言う人が結構いましたが、最近ではこの打感は好みがあるということが浸透してきました。

打感が柔らかいとボールが運べる感覚があるので、ゆっくりしたリズムでインパクトを意識しないストロークをする人に合う感じがします。

一方硬い打感を好む人はボールをしっかりヒットしてインパクトを作る人に合います。

一般的に柔らかい打感は硬い打感よりもボールは飛ぶイメージになるので、インパクトを作る人が柔らかい打感のパターを使うと最初は飛び過ぎるということが起きます。

ですがこれはだんだんその打感での距離感になれてくるので、その慣れるまでの期間が多少上手くいかなくても我慢ができれば使えるようになると思います。

そしてボールも色々あります。硬めのカバーのボールや柔らかいカバーのボールがあって、やはり硬いボールを使っているのであれば少しボールとの接触時間が長い柔らかい打感のパターを選ぶのが良いと思いますし、柔らかいカバーのボールであれば少し硬めの打感のパターでも柔らかさを感じられるようになります。

ちょっとボールとパターの打感について考えてみると、違う選択も出てくるかもしれません。

  • コメント: 5

関連記事

  1. 意識しすぎてやりすぎは注意

    2019.02.15

    意識しすぎてやりすぎは注意

    以前も書いたことがあるかもしれませんが、何度も注意したい内容なのでまたと思うかもしれませんが書いて…

    意識しすぎてやりすぎは注意
  2. 綺麗なストロークが入るわけではない

    2019.07.11

    綺麗なストロークが入るわけではない

    パッティングストロークン分析をしてみると、ほとんどの方が自分の理想とはかけ離れていてがっかりしてい…

    綺麗なストロークが入るわけではない
  3. ショットの縮図のパッティング

    2019.03.20

    ショットの縮図のパッティング

    パッティングストロークの分析での最初の打ちながらのヒアリングで、ショットについてのことを聞くことが…

    ショットの縮図のパッティング
  4. カップを見ながらストロークすると

    2018.11.22

    カップを見ながらストロークすると

    私は距離感をつかむためにカップを見ながら素振りをします。このやり方をしている人は結構いるので…

    カップを見ながらストロークすると
  5. フェース素材の違いによるロフト調整

    2018.09.25

    フェース素材の違いによるロフト調整

    パターのロフト調整をする際に考慮していることがあります。ロフトはボールをつかまえるために必要です。ボ…

    フェース素材の違いによるロフト調整
  6. アドレス時の前後の体重のかけ方

    2018.08.15

    アドレス時の前後の体重のかけ方

    アドレスしている時の重心がどこにあるか意識したことはありますか?これはつま先よりになり過ぎてもだめで…

    アドレス時の前後の体重のかけ方
  7. 速いグリーンでショートする

    2019.06.18

    速いグリーンでショートする

    普段やらないスピードのグリーンでプレーすると、距離感が崩されますよね。最初のパッティングの…

    速いグリーンでショートする
  8. 距離感を狂わす要因

    2019.05.29

    距離感を狂わす要因

    パッティングで距離感が合わなくなる要因はかなりたくさんあります。一番多いのは前に打った人が…

    距離感を狂わす要因
  9. STABILITY Shaft 実験5

    2019.06.26

    STABILITY Shaft 実験5

    STABILITY Shaft 装着のパターと、通常のシャフトを装着したパターの比較を SAM P…

    STABILITY Shaft 実験5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP