パッティングで打感という話が結構出てきます。

少し前までは柔らかい打感が良くて硬い打感はダメみたいなことを言う人が結構いましたが、最近ではこの打感は好みがあるということが浸透してきました。

打感が柔らかいとボールが運べる感覚があるので、ゆっくりしたリズムでインパクトを意識しないストロークをする人に合う感じがします。

一方硬い打感を好む人はボールをしっかりヒットしてインパクトを作る人に合います。

一般的に柔らかい打感は硬い打感よりもボールは飛ぶイメージになるので、インパクトを作る人が柔らかい打感のパターを使うと最初は飛び過ぎるということが起きます。

ですがこれはだんだんその打感での距離感になれてくるので、その慣れるまでの期間が多少上手くいかなくても我慢ができれば使えるようになると思います。

そしてボールも色々あります。硬めのカバーのボールや柔らかいカバーのボールがあって、やはり硬いボールを使っているのであれば少しボールとの接触時間が長い柔らかい打感のパターを選ぶのが良いと思いますし、柔らかいカバーのボールであれば少し硬めの打感のパターでも柔らかさを感じられるようになります。

ちょっとボールとパターの打感について考えてみると、違う選択も出てくるかもしれません。

  • コメント: 6

関連記事

  1. 決めて打った時は転がりも良い

    2020.01.28

    決めて打った時は転がりも良い

    先日のラウンドではどのラインに打つかしっかり決めて打てた時もあったし、そうではないときもありまし…

    決めて打った時は転がりも良い
  2. パターの打感は調整だけでも変わる

    2018.11.27

    パターの打感は調整だけでも変わる

    パター選びの基準で打感にこだわる人が結構いらっしゃいます。一般的にはヘッドの素材だったり、フ…

    パターの打感は調整だけでも変わる
  3. Spider X をなぜ上手く使えなかったのか?

    2020.03.18

    Spider X をなぜ上手く使えなかったのか?

    先日投入してみた Spider X がなぜうまく使いこなせなかったのかを考えてみました。…

    Spider X をなぜ上手く使えなかったのか?
  4. フォローでの左肘

    2019.03.18

    フォローでの左肘

    フォローで左の肘を抜いてしまう人が結構います。肘を抜くというのは、肘が体から離れていってし…

    フォローでの左肘
  5. パッティングは引きずらないこと

    2019.04.2

    パッティングは引きずらないこと

    パターがうまくいかない人の多くは一度のミスを次のパットに引きずってしまっています。普段通り…

    パッティングは引きずらないこと
  6. ボールの位置を少し変えるだけで

    2019.10.18

    ボールの位置を少し変えるだけで

    先日のストローク分析での話。フェースは右向きなので、ストローク軌道はアウトサイドインになっ…

    ボールの位置を少し変えるだけで
  7. ボールの赤道より上を打つ?

    2018.11.29

    ボールの赤道より上を打つ?

    最近ボールの転がりをよくするとかで、「赤道より上をフェースの下(リーディングエッジ)で打つ」なんて言…

    ボールの赤道より上を打つ?
  8. 打ち方と打点で転がる距離が変わる

    2019.08.9

    打ち方と打点で転がる距離が変わる

    先日のラウンドの時にすごく打っている感じなのになかなかカップに届かない人がいました。使って…

    打ち方と打点で転がる距離が変わる
  9. 自分がやろうとしていることとやっていること

    2018.08.9

    自分がやろうとしていることとやっていること

    私のフィッティングやストローク分析ではよく言っているのですが、データを見てもらうことの意味は「自分が…

    自分がやろうとしていることとやっていること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP