フォローを出していくイメージをヘッドを真っ直ぐに出すイメージという方が結構いらっしゃいます。

この動きだとインパクト以降のローテーションの動きが少なくなってしまうので、ボールがつかまらない状態になり、右目に飛んで行ってしまいます。

特にインサイドに引いているのにまっすぐ出そうとしている人はそんな状況に陥りやすいです。

パッティングストローク分析をして自分のヘッドの動き(軌道)をみて、「これじゃ右に行きますよね」という方が多いです。それほど一目瞭然な感じです。

自分がどの方向にテークバックしているのかを把握して、さらにはインパクト時のフェースの向きを考慮してどうしたらいいか考えてみると理想のストロークが見えてきます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ラウンド中に打ち方を変える

    2019.01.9

    ラウンド中に打ち方を変える

    パッティングが調子悪くて普段やらないことを急にやるのは難しいです。ですが普段から練習していてその打ち…

    ラウンド中に打ち方を変える
  2. フェース向きのコントロールの練習 1

    2018.08.6

    フェース向きのコントロールの練習 1

    ストロークの軌道は良いのにフェースがスクエアに戻ってこなくてまっすぐにボールが打ち出せない人がたまに…

    フェース向きのコントロールの練習 1
  3. 理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない

    2018.12.13

    理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない

    ストローク分析を受ける方のほとんどは、自分がどうしたいと思っているかが結構明確です。ですがま…

    理想のストロークのイメージが強すぎてもいけない
  4. パターのシャフトを重くする効果

    2018.07.12

    パターのシャフトを重くする効果

    パター用のシャフトに色々種類があるのはご存知でしょうか?ウッドやアイアンはシャフト交換という…

    パターのシャフトを重くする効果
  5. 不安定な動きには原因がある

    2019.03.7

    不安定な動きには原因がある

    パッティングストロークにおいて不安定になっている要素にはそれぞれ原因があります。例えばイン…

    不安定な動きには原因がある
  6. SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    2018.12.26

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    今回は一番簡単な打点についてチェックしてみました。SAM PuttLab(SPL) …

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」
  7. 体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    2018.11.5

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    自宅にパッティングミラーがあればいいのですが、なかなかそれを持っている人は少ないと思います。…

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認
  8. 打感とボールの硬さ/柔らかさ

    2019.03.15

    打感とボールの硬さ/柔らかさ

    パッティングで打感という話が結構出てきます。少し前までは柔らかい打感が良くて硬い打感はダメ…

    打感とボールの硬さ/柔らかさ
  9. ボールを置く位置が左過ぎないか?

    2018.10.12

    ボールを置く位置が左過ぎないか?

    みなさんボールを置く位置はある程度一定になっている方が多いです。ですが、そこに置いているからいつも同…

    ボールを置く位置が左過ぎないか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP