フォローを出していくイメージをヘッドを真っ直ぐに出すイメージという方が結構いらっしゃいます。

この動きだとインパクト以降のローテーションの動きが少なくなってしまうので、ボールがつかまらない状態になり、右目に飛んで行ってしまいます。

特にインサイドに引いているのにまっすぐ出そうとしている人はそんな状況に陥りやすいです。

パッティングストローク分析をして自分のヘッドの動き(軌道)をみて、「これじゃ右に行きますよね」という方が多いです。それほど一目瞭然な感じです。

自分がどの方向にテークバックしているのかを把握して、さらにはインパクト時のフェースの向きを考慮してどうしたらいいか考えてみると理想のストロークが見えてきます。

  • コメント: 2

関連記事

  1. オープン/クローズになってみる

    2019.02.27

    オープン/クローズになってみる

    テークバックの方向がうまくイメージできない人がたまにいらっしゃいます。そんな時に試していた…

    オープン/クローズになってみる
  2. ストロークを安定させるには

    2019.03.29

    ストロークを安定させるには

    パッティングストロークの分析をしていると、ストロークの安定感に問題がある人が結構います。安…

    ストロークを安定させるには
  3. 自分の基準になるストロークを作る

    2019.04.17

    自分の基準になるストロークを作る

    よくその日のグリーンのスピードをどう考えるんですか?と聞かれることがあります。そんな時にお…

    自分の基準になるストロークを作る
  4. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2018.08.1

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よくそんな事を言う人がいますが、この表現は危険です。正しくストロークすると真っ直ぐには引けま…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  5. ラウンド前の練習グリーンで

    2018.12.6

    ラウンド前の練習グリーンで

    先日のホームコースでのラウンドはパット数が15-13の28パット。こんなに良いパット数はなか…

    ラウンド前の練習グリーンで
  6. スタンスを決めるときに意識すること

    2018.10.19

    スタンスを決めるときに意識すること

    何気なくとっているスタンスですが、ショットの時同様体重のかかり方が結構重要です。パッティング…

    スタンスを決めるときに意識すること
  7. 身体を動かさないとできないショルダーストローク

    2018.10.23

    身体を動かさないとできないショルダーストローク

    ショルダーストロークのイメージを伝えるのは結構大変なので、いつもは練習グッズを使って体感してもらって…

    身体を動かさないとできないショルダーストローク
  8. バーディパットが入る人、入らない人

    2018.12.5

    バーディパットが入る人、入らない人

    色々な人とラウンドしていて感じる事なのですが、バーディチャンスをモノにできる人と、そうではない人に差…

    バーディパットが入る人、入らない人
  9. カップを見ながらストロークすると

    2018.11.22

    カップを見ながらストロークすると

    私は距離感をつかむためにカップを見ながら素振りをします。このやり方をしている人は結構いるので…

    カップを見ながらストロークすると

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP