先日近すぎるボールとの距離についてお話ししましたが、今日はその逆の遠すぎるボール位置についてです。

ボールが自分の体から遠くなると、一般的には脇が締まらない状態になるのであらゆる方向に腕が動かせるようになってしまいます。

ただ脇が締まった状態で遠くなっている人であれば、これは長さが長いと言うだけでそれほど動きは不安定にならないかもしれません。

またボールが遠くなるとやはりアウトサイドには上がりにくく、インサイド方向に動きやすくなります。

ですので、必要以上にインサイドに引いてしまう場合が多くなります。インサイドに引いてしまうと多くの人はフェースがオープンになりますので、それを戻す動きを入れない限り、まっすぐに打ち出せません。

こういう人は少なくありません。たまに体とボールの位置の関係をチェックしてみてください。

  • コメント: 6

関連記事

  1. 万人向けの練習グッズはありませんが…

    2018.07.13

    万人向けの練習グッズはありませんが…

    世の中にはたくさんの練習グッズがあり、それぞれ開発者の意図する使い方があります。ですがそれをきちんと…

    万人向けの練習グッズはありませんが…
  2. パンチは本当にダメなのか?

    2018.11.7

    パンチは本当にダメなのか?

    結構「パンチが入っちゃうんだよね」という人がいらっしゃいます。パンチが入ってダメなのは、ある…

    パンチは本当にダメなのか?
  3. 意識しすぎてやりすぎは注意

    2019.02.15

    意識しすぎてやりすぎは注意

    以前も書いたことがあるかもしれませんが、何度も注意したい内容なのでまたと思うかもしれませんが書いて…

    意識しすぎてやりすぎは注意
  4. フェースの素材とボール

    2019.02.25

    フェースの素材とボール

    ボールの種類によってドライバーのつかまりが変わったりしますが、パターのフェース面の素材と、ボールに…

    フェースの素材とボール
  5. 考えなくてもできるから再現性が上がる

    2020.02.12

    考えなくてもできるから再現性が上がる

    どうしたら再現性が高い動きができるか?よく聞かれます。その時にお話しすることを今日は書こうと思い…

    考えなくてもできるから再現性が上がる
  6. 久しぶりに自分のチェック 2

    2020.08.19

    久しぶりに自分のチェック 2

    一日空いてしまいましたが先日のレポートの続きです。データを色々見てみて、今回の不調の理由は…

    久しぶりに自分のチェック 2
  7. 重心角によるアークの変化

    2020.08.27

    重心角によるアークの変化

    今日は少しやってみていただきたいことがあります。まずパターを普段通りに構えて見てください。…

    重心角によるアークの変化
  8. パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    2018.07.25

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要

    色々な人のパッティングストロークを見ていて「これはダメだな...」と思うことが一つだけあります。多少…

    パッティングの時のこんな手首の形には注意が必要
  9. 実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    2019.04.3

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

    「軽いシャフト」に「重いヘッド」と「重いグリップ」の実験で使うシャフトが決まりました。US…

    実験用のシャフトは ATTAS Spinwedge

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP