先日近すぎるボールとの距離についてお話ししましたが、今日はその逆の遠すぎるボール位置についてです。

ボールが自分の体から遠くなると、一般的には脇が締まらない状態になるのであらゆる方向に腕が動かせるようになってしまいます。

ただ脇が締まった状態で遠くなっている人であれば、これは長さが長いと言うだけでそれほど動きは不安定にならないかもしれません。

またボールが遠くなるとやはりアウトサイドには上がりにくく、インサイド方向に動きやすくなります。

ですので、必要以上にインサイドに引いてしまう場合が多くなります。インサイドに引いてしまうと多くの人はフェースがオープンになりますので、それを戻す動きを入れない限り、まっすぐに打ち出せません。

こういう人は少なくありません。たまに体とボールの位置の関係をチェックしてみてください。

  • コメント: 6

関連記事

  1. グリップが真っ直ぐに入っているか?

    2018.10.22

    グリップが真っ直ぐに入っているか?

    ストローク分析にいらした方のグリップを見てみると結構色々です。アドレスでどうしてもまっすぐに…

    グリップが真っ直ぐに入っているか?
  2. ボールの位置を少し変えるだけで

    2019.10.18

    ボールの位置を少し変えるだけで

    先日のストローク分析での話。フェースは右向きなので、ストローク軌道はアウトサイドインになっ…

    ボールの位置を少し変えるだけで
  3. パターの重心で打つこと

    2019.06.5

    パターの重心で打つこと

    パターの重心がどこにあるか意識したことがありますか?パターにはサイトラインやサイトドットが…

    パターの重心で打つこと
  4. フェースの向きが作るストローク軌道

    2019.10.16

    フェースの向きが作るストローク軌道

    インパクト時のフェースの向きはなかなか直すのが難しい部分です。インパクト時のフェースの向き…

    フェースの向きが作るストローク軌道
  5. 軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3

    2019.05.17

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3

    今日も実験結果の検証をしてみました。 今回は上から見たときのストローク軌道を見てみました。…

    軽シャフト/重グリップ/重ヘッド 実験結果3
  6. ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    2018.07.2

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編

    今日は今回の実験の方法を説明します。狙う距離は1.5mで、狙う方向は1カップ左と右。1カップ…

    ショートパットのミスを知る実験 実験方法編
  7. グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    2018.08.8

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    旗竿をどこに置くか?結構考えることがあります。キャディさんがいれば持ってくれるので考える必要はありま…

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所
  8. ショートパットで何を気をつける?

    2019.08.16

    ショートパットで何を気をつける?

    以前は1mくらいのパットを外すことがたまにありました。プッシュしたりひっかけたり...です…

    ショートパットで何を気をつける?
  9. 手首を使わないために

    2018.12.19

    手首を使わないために

    ストローク中に手首を使わないためにどうしたらいいか?そんなことを結構聞かれることがあります。…

    手首を使わないために

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP