先日近すぎるボールとの距離についてお話ししましたが、今日はその逆の遠すぎるボール位置についてです。

ボールが自分の体から遠くなると、一般的には脇が締まらない状態になるのであらゆる方向に腕が動かせるようになってしまいます。

ただ脇が締まった状態で遠くなっている人であれば、これは長さが長いと言うだけでそれほど動きは不安定にならないかもしれません。

またボールが遠くなるとやはりアウトサイドには上がりにくく、インサイド方向に動きやすくなります。

ですので、必要以上にインサイドに引いてしまう場合が多くなります。インサイドに引いてしまうと多くの人はフェースがオープンになりますので、それを戻す動きを入れない限り、まっすぐに打ち出せません。

こういう人は少なくありません。たまに体とボールの位置の関係をチェックしてみてください。

  • コメント: 5

関連記事

  1. 超難しい練習グッズ

    2018.12.4

    超難しい練習グッズ

    先日やってみた練習グッズがどうにも難しくて練習になっているのかどうかわからないほどだったので紹介しま…

    超難しい練習グッズ
  2. アドレスでのハンドファーストの度合い

    2019.03.1

    アドレスでのハンドファーストの度合い

    パッティングストロークの分析をしていて、表題のハンドファーストの度合いを聞かれることがよくあります…

    アドレスでのハンドファーストの度合い
  3. 調整してもまた調整…

    2018.10.1

    調整してもまた調整…

    今日の話は結構ある話です。身に覚えのある方もいると思います。こうなってしまう状況の調整はほぼライ角の…

    調整してもまた調整…
  4. パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    2019.01.28

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ

    ここ何回かのストローク分析で、表題の通りパターがすわる位置に合わせて手首の角度や手首の形を決めてしま…

    パターのスペックに合わせたアドレスはダメ
  5. Rocker Sole Remake スペシャルバージョンが入荷!

    2018.06.4

    Rocker Sole Remake スペシャルバージョンが入荷!

    元々サイトラインが無いのが OLD ANSER らしいところなのですが、やはりサイトラインやサイトド…

    Rocker Sole Remake スペシャルバージョンが入荷!
  6. 安定している動きを優先する

    2019.03.5

    安定している動きを優先する

    パッティングストロークの分析では、色々なパラーメーターにおける再現性を点数にして表示されます。…

    安定している動きを優先する
  7. パターの重心で打つこと

    2019.06.5

    パターの重心で打つこと

    パターの重心がどこにあるか意識したことがありますか?パターにはサイトラインやサイトドットが…

    パターの重心で打つこと
  8. ラウンド前のパター練習

    2018.11.14

    ラウンド前のパター練習

    みなさんラウンド前にショットの練習はしなくてもパットの練習はしている方が多いと思います。今日は私がど…

    ラウンド前のパター練習
  9. シャフトを重くすると… その2

    2018.11.1

    シャフトを重くすると… その2

    重いシャフトは軽いシャフトよりも硬くなる場合がほとんどです。硬くなるとヘッドの硬さの感じ方も変わって…

    シャフトを重くすると… その2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP