先日近すぎるボールとの距離についてお話ししましたが、今日はその逆の遠すぎるボール位置についてです。

ボールが自分の体から遠くなると、一般的には脇が締まらない状態になるのであらゆる方向に腕が動かせるようになってしまいます。

ただ脇が締まった状態で遠くなっている人であれば、これは長さが長いと言うだけでそれほど動きは不安定にならないかもしれません。

またボールが遠くなるとやはりアウトサイドには上がりにくく、インサイド方向に動きやすくなります。

ですので、必要以上にインサイドに引いてしまう場合が多くなります。インサイドに引いてしまうと多くの人はフェースがオープンになりますので、それを戻す動きを入れない限り、まっすぐに打ち出せません。

こういう人は少なくありません。たまに体とボールの位置の関係をチェックしてみてください。

  • コメント: 6

関連記事

  1. しっかり芯でヒットする

    2019.08.22

    しっかり芯でヒットする

    ここ何ラウンドかでこの「芯でヒットする」ことの重要性について感じています。直近のラウンドが…

    しっかり芯でヒットする
  2. 自分のパッティングストロークとは?

    2019.10.29

    自分のパッティングストロークとは?

    みなさんパッティングに関する知識は、本で見たり最近では YouTube でみて得ているという方が結…

    自分のパッティングストロークとは?
  3. パターの形状とローテーション

    2019.11.29

    パターの形状とローテーション

    パターの形状とローテーションの度合いを絡めて話されることが多いですが、これは正しいショルダーストロ…

    パターの形状とローテーション
  4. 腹圧を上げるのを忘れてた…

    2020.03.13

    腹圧を上げるのを忘れてた…

    先日ラウンドをしていて気が付いたことがあります。そのラウンドではパッティングの調子が悪く…

    腹圧を上げるのを忘れてた…
  5. ボールの位置を少し変えるだけで

    2019.10.18

    ボールの位置を少し変えるだけで

    先日のストローク分析での話。フェースは右向きなので、ストローク軌道はアウトサイドインになっ…

    ボールの位置を少し変えるだけで
  6. 近過ぎるボールとの距離

    2019.03.11

    近過ぎるボールとの距離

    ストローク分析をする際に最初にフリーで打っていただいて色々観察させていただくのですが、ボールとの距…

    近過ぎるボールとの距離
  7. ストロークが変わるきっかけ

    2020.03.19

    ストロークが変わるきっかけ

    今までよかったのに急に今までのことができなくなることってたまにあります。身近に自分の良い…

    ストロークが変わるきっかけ
  8. 肘は伸ばすのか曲げるのか?

    2018.12.18

    肘は伸ばすのか曲げるのか?

    パッティングのアドレスで肘を伸ばした方がいいのか、曲げた方がいいのかをよく聞かれます。私の答…

    肘は伸ばすのか曲げるのか?
  9. 近くのスパットか?打っていく方向か?

    2018.08.29

    近くのスパットか?打っていく方向か?

    人によってターゲット方向のイメージの仕方は異なります。表題のように近くのスパットに対してフェ…

    近くのスパットか?打っていく方向か?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP