フォローで左の肘を抜いてしまう人が結構います。

肘を抜くというのは、肘が体から離れていってしまう動きのことです。

これは正しい動きをした時
これは肘が抜けたときの形

どんな意識からこうなるかというと、ボールを真っ直ぐに押していきたいという時に起こっている場合が多いです。

ここのところそんな人たちが多く、データ的にはアウトに出て行ってしまったり、フェースローテーションが不足してボールが滑る(つかまらない)という結果になってしまっています。

いつも言っているショルダーストロークが肘と体の距離感を変えずにできていれば、肘を抜くことなくボールを厚く当てることができるようになります。

自分のストロークをちょっと見直してみてください。打った時の音まで変わってきます。

  • コメント: 7

関連記事

  1. ストロークを安定させるには

    2019.03.29

    ストロークを安定させるには

    パッティングストロークの分析をしていると、ストロークの安定感に問題がある人が結構います。安…

    ストロークを安定させるには
  2. ミドルパット vs ショートパット 2/2

    2018.05.31

    ミドルパット vs ショートパット 2/2

    前回は3mのパットの時と、1mのパットの時のデータを比較してみましたが特にミスが出そうな数値は見出せ…

    ミドルパット vs ショートパット 2/2
  3. パット数を数えていますか?

    2018.12.7

    パット数を数えていますか?

    パット数といってもいろいろな数え方があります。グリーン上で打ったパット数だけを数える方法と、…

    パット数を数えていますか?
  4. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」

    2018.09.10

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフ…

    今回はロフト角とライ角の決定です。ここは転がりに影響する一番重要なところです。このスペックの…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」
  5. 近過ぎるボールとの距離

    2019.03.11

    近過ぎるボールとの距離

    ストローク分析をする際に最初にフリーで打っていただいて色々観察させていただくのですが、ボールとの距…

    近過ぎるボールとの距離
  6. ほんの少しのオープン/クローズで

    2018.09.26

    ほんの少しのオープン/クローズで

    パッティングストローク分析をしていてアウトサイドインになっている人は結構いらっしゃいます。それとは逆…

    ほんの少しのオープン/クローズで
  7. 練習グリーンでの練習

    2019.04.23

    練習グリーンでの練習

    練習グリーンでの練習はどんな感じでしていますか?私の場合最初はグリーンのスピードを知りたい…

    練習グリーンでの練習
  8. 面白い練習グッズ “EYELINE GOLF Sweet Spot 360”

    2018.09.5

    面白い練習グッズ “EYELINE GOLF Sweet …

    今日は面白い練習グッズの紹介です。パターの芯になかなかあたらない人に最適の練習グッズです。…

    面白い練習グッズ “EYELINE GOLF Sweet Spot 360”
  9. 「決めたら打つ」って良い言葉

    2019.08.7

    「決めたら打つ」って良い言葉

    全英女子オープンを制した渋野プロのインタビューで印象的な言葉がこの「決めたら打つ」です。良…

    「決めたら打つ」って良い言葉

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP