フォローで左の肘を抜いてしまう人が結構います。

肘を抜くというのは、肘が体から離れていってしまう動きのことです。

これは正しい動きをした時
これは肘が抜けたときの形

どんな意識からこうなるかというと、ボールを真っ直ぐに押していきたいという時に起こっている場合が多いです。

ここのところそんな人たちが多く、データ的にはアウトに出て行ってしまったり、フェースローテーションが不足してボールが滑る(つかまらない)という結果になってしまっています。

いつも言っているショルダーストロークが肘と体の距離感を変えずにできていれば、肘を抜くことなくボールを厚く当てることができるようになります。

自分のストロークをちょっと見直してみてください。打った時の音まで変わってきます。

  • コメント: 5

関連記事

  1. パッティング練習グッズ 「Pro Putt」

    2018.10.15

    パッティング練習グッズ 「Pro Putt」

    「Pro Putt」 という練習グッズをご存知でしょうか?これ簡単な練習グッズですが、かなり効果がす…

    パッティング練習グッズ 「Pro Putt」
  2. Too much(やりすぎ) はダメ

    2018.10.4

    Too much(やりすぎ) はダメ

    Too much(やりすぎ) はゴルフには禁物です。ゴルフでのやりすぎにはいろいろなものがあ…

    Too much(やりすぎ) はダメ
  3. パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    2018.07.31

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    最近パター用のカーボンシャフトが増えてきましたね。大手シャフトメーカーはもちろん、パターを作っている…

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?
  4. アッパー軌道の間違った認識

    2019.04.15

    アッパー軌道の間違った認識

    パッティングストローク分析に来ていただいた方に質問することがあります。それは自分が考える理…

    アッパー軌道の間違った認識
  5. インパクトはアドレスの再現

    2018.12.17

    インパクトはアドレスの再現

    ショットではアドレスの位置に戻ってくるよりは若干ハンドファースト気味になるので、厳密にはインパクトが…

    インパクトはアドレスの再現
  6. 不安定な動きには原因がある

    2019.03.7

    不安定な動きには原因がある

    パッティングストロークにおいて不安定になっている要素にはそれぞれ原因があります。例えばイン…

    不安定な動きには原因がある
  7. グリップが真っ直ぐに入っているか?

    2018.10.22

    グリップが真っ直ぐに入っているか?

    ストローク分析にいらした方のグリップを見てみると結構色々です。アドレスでどうしてもまっすぐに…

    グリップが真っ直ぐに入っているか?
  8. フェースの下で当てる練習

    2018.12.3

    フェースの下で当てる練習

    今日はフェースの下で当てる練習の仕方を紹介します。用意するものは割りばしと両面テープ…

    フェースの下で当てる練習
  9. パッティングでグリップを握る強さは?

    2018.06.15

    パッティングでグリップを握る強さは?

    よくグリップを握る強さについて聞かれることがあります。この質問に対しては即答で「しっかり握ってくださ…

    パッティングでグリップを握る強さは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP