パッティングストロークの分析では、色々なパラーメーターにおける再現性を点数にして表示されます。

例えばインパクト時のフェースの向きで言うと、平均値で1.0度オープンになっているとします。この場合オープンの数字はマイナスの数字になります。平均値が1.0度でもプラスの数字が混ざっていることがあります。

7回のストロークで数値を見ているのですが、7回中5回がマイナスの数字、2回がプラスの数字になっていると、再現性の数字はあまりよくなりません。

毎回右向き(マイナス)になっていると再現性の点数は良くなります。更に点数が良くなる条件はその毎回マイナスの数字のばらつきが少なくなることです。

-1.5度の時もあるし、0度の時もあるよりは、-1.2度から-0.6度までに収まっている方が点数が高くなります。

こうやってミスに直結しそうな動きがそこにないか?を各パラメーターを見ながら判断するのがストローク分析になります。

ですので、もちろん正しい綺麗な打ち方をするためにどうしたらいいかもわかりますが、どちらかというと、安定している部分を活かしてその他の部分をどうすべきかを考えるのがストローク分析になります。

  • コメント: 6

関連記事

  1. 短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?

    2018.08.13

    短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?

    自分の軸が右なのか左なのか知っている人はあまりいないかと思います。4スタンス理論の考え方にな…

    短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?
  2. アドレス時のフェース向き

    2018.11.12

    アドレス時のフェース向き

    パッティングストローク分析をしていただくと、一番最初に出てくるのがアドレス時のフェースの向きです。…

    アドレス時のフェース向き
  3. PING型はカッコイイんだけど…

    2018.11.21

    PING型はカッコイイんだけど…

    パッティングストロークの分析にいらっしゃる方で結構多い話が、PING型はカッコイイんだけど...って…

    PING型はカッコイイんだけど…
  4. 柔らかいグリップが合うタイプの人

    2019.05.27

    柔らかいグリップが合うタイプの人

    昨日は柔らかいグリップが合わない人の話をしたので、今日は逆に柔らかいグリップが合う人の話をします。…

    柔らかいグリップが合うタイプの人
  5. 肩のラインがどこを向いているか?

    2019.05.9

    肩のラインがどこを向いているか?

    昨日のスタンスの向きに続いて、肩のラインがどこを向いているかも、テークバックのしやすさにかなり影響…

    肩のラインがどこを向いているか?
  6. フェース向きのコントロールの練習 1

    2018.08.6

    フェース向きのコントロールの練習 1

    ストロークの軌道は良いのにフェースがスクエアに戻ってこなくてまっすぐにボールが打ち出せない人がたまに…

    フェース向きのコントロールの練習 1
  7. アドレス時の前後の体重のかけ方

    2018.08.15

    アドレス時の前後の体重のかけ方

    アドレスしている時の重心がどこにあるか意識したことはありますか?これはつま先よりになり過ぎてもだめで…

    アドレス時の前後の体重のかけ方
  8. 過去のストロークを引きずったストローク

    2018.12.20

    過去のストロークを引きずったストローク

    ショットでも同じなのですが、直前のミスの記憶が次のショットやパットに影響を与えることがあります。…

    過去のストロークを引きずったストローク
  9. ショットの縮図のパッティング

    2019.03.20

    ショットの縮図のパッティング

    パッティングストロークの分析での最初の打ちながらのヒアリングで、ショットについてのことを聞くことが…

    ショットの縮図のパッティング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP