パッティングストロークの分析では、色々なパラーメーターにおける再現性を点数にして表示されます。

例えばインパクト時のフェースの向きで言うと、平均値で1.0度オープンになっているとします。この場合オープンの数字はマイナスの数字になります。平均値が1.0度でもプラスの数字が混ざっていることがあります。

7回のストロークで数値を見ているのですが、7回中5回がマイナスの数字、2回がプラスの数字になっていると、再現性の数字はあまりよくなりません。

毎回右向き(マイナス)になっていると再現性の点数は良くなります。更に点数が良くなる条件はその毎回マイナスの数字のばらつきが少なくなることです。

-1.5度の時もあるし、0度の時もあるよりは、-1.2度から-0.6度までに収まっている方が点数が高くなります。

こうやってミスに直結しそうな動きがそこにないか?を各パラメーターを見ながら判断するのがストローク分析になります。

ですので、もちろん正しい綺麗な打ち方をするためにどうしたらいいかもわかりますが、どちらかというと、安定している部分を活かしてその他の部分をどうすべきかを考えるのがストローク分析になります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. パッティングで大事なのは打ち出し方向

    2018.06.5

    パッティングで大事なのは打ち出し方向

    パッティングストローク分析をしていて重要なのは綺麗に打つことではなく、打ちたい方向に真っ直ぐに打ち出…

    パッティングで大事なのは打ち出し方向
  2. 意識しすぎてやりすぎは注意

    2019.02.15

    意識しすぎてやりすぎは注意

    以前も書いたことがあるかもしれませんが、何度も注意したい内容なのでまたと思うかもしれませんが書いて…

    意識しすぎてやりすぎは注意
  3. ボールを置く位置が左過ぎないか?

    2018.10.12

    ボールを置く位置が左過ぎないか?

    みなさんボールを置く位置はある程度一定になっている方が多いです。ですが、そこに置いているからいつも同…

    ボールを置く位置が左過ぎないか?
  4. 松山プロの練習グッズを効果的に使う

    2018.09.19

    松山プロの練習グッズを効果的に使う

    松山プロが使っているということで話題になった練習グッズがあります。これの何が良いのか?どんな使い方を…

    松山プロの練習グッズを効果的に使う
  5. フォローを真っ直ぐに出す?

    2019.03.14

    フォローを真っ直ぐに出す?

    フォローを出していくイメージをヘッドを真っ直ぐに出すイメージという方が結構いらっしゃいます。…

    フォローを真っ直ぐに出す?
  6. グリップエンドの動きに注目

    2018.08.22

    グリップエンドの動きに注目

    パッティングのストローク中のグリップエンドに注目してみてください。上の動画のようにシ…

    グリップエンドの動きに注目
  7. 身体を動かさないとできないショルダーストローク

    2018.10.23

    身体を動かさないとできないショルダーストローク

    ショルダーストロークのイメージを伝えるのは結構大変なので、いつもは練習グッズを使って体感してもらって…

    身体を動かさないとできないショルダーストローク
  8. なぜショルダーストロークか?

    2018.12.14

    なぜショルダーストロークか?

    ショルダーストロークがパッティングストロークでは大事な動きであることはずっと言ってきました。それはど…

    なぜショルダーストロークか?
  9. パッティングでグリップを握る強さは?

    2018.06.15

    パッティングでグリップを握る強さは?

    よくグリップを握る強さについて聞かれることがあります。この質問に対しては即答で「しっかり握ってくださ…

    パッティングでグリップを握る強さは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP