カテゴリー
パッティングストロークについて ブログ全投稿

アドレスでのハンドファーストの度合い

パッティングストロークの分析をしていて、表題のハンドファーストの度合いを聞かれることがよくあります。

オフセットがあるパターか、そうでないかによって変わりますが、オフセットがあるパターが一般的ですので、その話をすると…

ボールを置く位置はスタンスの真ん中からボール1個左寄りまでと思っています。これはかかとの内側で見たときを基準として場所を決めます。

そして手の位置はグリップエンドがボールの真上に来る程度のハンドファーストで良いと思います。少し左寄りに置く人は右肩が前に出ないようにグリップエンドを左股関節の前に来るくらいのハンドファーストにするのが良いと思います。

このくらいのハンドファーストで1~2度のハンドファーストになりますので、このままの角度をキープできてアッパー軌道で打てると、ボールも必要以上に地面から浮かずに良い転がりのボールを得ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。