テークバックの方向がうまくイメージできない人がたまにいらっしゃいます。

そんな時に試していただくのがスタンスです。元々真っ直ぐではない人もいますが、真っ直ぐに構えようとする意識が強くなりすぎて違和感があるまま打っている方がいます。

そんな時は少しオープンになったり、クローズになったりしてみてもらって試していただきます。そうするとイメージが出やすい方向がそれぞれの人にはあって、大体の人が元々はその向きになって構えていたという話をされます。

ゴルフは誰かに教わったりせずに自分のやりやすいようにやっている時が結構パフォーマンスが出て、何かを制限するとその影響が色々出てきます。

パッティングに限らず少し初心に戻ることも意外と良いことがある場合があります。少し迷った時は最初に戻ってみてください。

練習を一生懸命やる人ほど昔の記憶を思い出すのが難しかったりするんですけどね…。スタンスに関しては少し色々やってみると「あれ?この感覚…」と言うことがある確率が高い部分です。

いつも言っていますが、綺麗に打つことだけがカップインの確率を増やすわけではありません。動きやすい動きにすることのほうが重要だったりします。

  • コメント: 6

関連記事

  1. 転がりの良いボールを打つには

    2019.04.10

    転がりの良いボールを打つには

    ボールの転がりの評価は、クラブの縦の軌道と当たるときのインパクトロフトです。その組み合わせ…

    転がりの良いボールを打つには
  2. 風が強い日のパッティング

    2019.03.25

    風が強い日のパッティング

    先日のラウンドはかなり強い風が吹いていました。ショットで言うとアゲインストの時は2番手でも…

    風が強い日のパッティング
  3. フェースローテーションはするものではありません 2/2

    2018.07.18

    フェースローテーションはするものではありません 2/2

    先日はフェースバランスだからローテーションが少なくなって、L字タイプだからローテーションが多くなるの…

    フェースローテーションはするものではありません 2/2
  4. どっちに曲がるかわからない

    2018.11.15

    どっちに曲がるかわからない

    パッティングのラインを読むときに見る方向でラインが変わることって結構ありますよね。私の場合グ…

    どっちに曲がるかわからない
  5. 自分がどう動かそうとしているかの確認

    2018.10.24

    自分がどう動かそうとしているかの確認

    パッティングストロークの分析を受けに来ていただいた方には、必ず最初に打っていただきながらどんなイメー…

    自分がどう動かそうとしているかの確認
  6. ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2

    2018.07.30

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2

    先日は究極の練習グッズを紹介しましたが、今回は同じ効果を望める練習グッズを紹介します。今回紹…

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ2
  7. 自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    2018.06.8

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    前回は長いこと、短いことによるデメリットについてお話ししました。ではそうならないために自分に合った長…

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2
  8. ミドルパット vs ショートパット 2/2

    2018.05.31

    ミドルパット vs ショートパット 2/2

    前回は3mのパットの時と、1mのパットの時のデータを比較してみましたが特にミスが出そうな数値は見出せ…

    ミドルパット vs ショートパット 2/2
  9. 自分に合っているパターとは?

    2018.06.1

    自分に合っているパターとは?

    この質問はパッティングストロークの分析をしていてよく聞かれる質問です。一般的にはフェースロー…

    自分に合っているパターとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP