旗をさしたままプレーするときにこんな風にしたら良さそうだという話しをちょっとします。

まず、旗竿に当たるか当たらないかがカップインするかしないかに直結しそうな感じがします。私の感覚では ”旗に当たれば入る” です。

ですので、下りのラインだけ立てているという話をよく聞きますが、上りのラインでもあった方が入る気がします。

とにかく旗竿をさしたままメリットが出る人は薄目にラインを読んで、強めに打てる人かもしれませんね。

距離を合わせて最後に “ころっと” カップインさせる人はあまりメリットが感じられないかもしれません。

とにかく少し強め(少しですよ…)に旗竿に当てるように打ってみてください。

  • コメント: 2

関連記事

  1. アドレス時のライ角の見え方

    2020.07.1

    アドレス時のライ角の見え方

    パターをアドレスした時に見えている景色の感じ方は人によって異なります。トウが浮かないように…

    アドレス時のライ角の見え方
  2. 近過ぎるボールとの距離

    2019.03.11

    近過ぎるボールとの距離

    ストローク分析をする際に最初にフリーで打っていただいて色々観察させていただくのですが、ボールとの距…

    近過ぎるボールとの距離
  3. 練習で気をつけること

    2020.01.31

    練習で気をつけること

    一生懸命練習するのはすごく良いのですが、一生懸命練習する人ほど気をつけなければならないことがあり…

    練習で気をつけること
  4. 練習グリーンでの動画を撮ってみて

    2019.04.26

    練習グリーンでの動画を撮ってみて

    久しぶりに自分のパッティング練習の様子を動画で撮ってみました。お客さんのストロークはかなり…

    練習グリーンでの動画を撮ってみて
  5. 膝の位置を動かさないで素振り

    2020.05.14

    膝の位置を動かさないで素振り

    先日ちょっと動画を撮ってみました。もしかしたら違うところで見る機会がある人もいるかもしれませんが、…

    膝の位置を動かさないで素振り
  6. 短いパットを右に外す人は..

    2020.07.3

    短いパットを右に外す人は..

    先日パッティングカウンセリングにいらした方にもお話ししたのですが、短いパットを右に外してしまう人の…

    短いパットを右に外す人は..
  7. 腰が痛くなるまで練習したい

    2020.05.26

    腰が痛くなるまで練習したい

    関東1都3県と北海道の緊急事態宣言が解除になり、少しゴルフをする気が出てきました。店舗の方は6/1…

    腰が痛くなるまで練習したい
  8. 過去のストロークを引きずったストローク

    2018.12.20

    過去のストロークを引きずったストローク

    ショットでも同じなのですが、直前のミスの記憶が次のショットやパットに影響を与えることがあります。…

    過去のストロークを引きずったストローク
  9. クローグリップは球が転がる

    2019.07.1

    クローグリップは球が転がる

    自分だけなのかもしれませんが、どうしても打てなくなってショートしがちになった時はクローグリップに切…

    クローグリップは球が転がる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP