ボールの種類によってドライバーのつかまりが変わったりしますが、パターのフェース面の素材と、ボールにも密接な関係があります。

フェース面の素材にはかなりの種類がありますが、柔らかく感じる素材だったり、加工方法だったりでかなり感触は変わります。

柔らかいフェース面と柔らかいカバーのボールの組み合わせではかなり打った感触がぼやけるため距離感が合わせにくくなります。

これを打感が良いと感じる人もいますが、慣れが必要です。ただ慣れてしまうとその後にパターを買い替えたときになかなか感覚を合わせるのが大変になってきます。

ディスタンス系の硬めのカバーのボールを使うなら、柔らかいフェース素材。スピン系の柔らかめのカバーのボールを使うなら硬いインサートを選ぶのがお勧めです。

  • コメント: 6

関連記事

  1. アドレスでのハンドファーストの度合い

    2019.03.1

    アドレスでのハンドファーストの度合い

    パッティングストロークの分析をしていて、表題のハンドファーストの度合いを聞かれることがよくあります…

    アドレスでのハンドファーストの度合い
  2. 考えなくてもできるから再現性が上がる

    2020.02.12

    考えなくてもできるから再現性が上がる

    どうしたら再現性が高い動きができるか?よく聞かれます。その時にお話しすることを今日は書こうと思い…

    考えなくてもできるから再現性が上がる
  3. ショートパットを確実に入れるために その3

    2019.11.7

    ショートパットを確実に入れるために その3

    ショートパットを確実に入れるための方法の3回目です。今回はパッティングはリズムが重要という…

    ショートパットを確実に入れるために その3
  4. グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    2018.08.3

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    グリーン上で気をつけていることは結構あります。ちょっと挙げてみると...ピッチマークの補修…

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修
  5. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2018.08.1

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よくそんな事を言う人がいますが、この表現は危険です。正しくストロークすると真っ直ぐには引けま…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  6. フェースの向きが作るストローク軌道

    2019.10.16

    フェースの向きが作るストローク軌道

    インパクト時のフェースの向きはなかなか直すのが難しい部分です。インパクト時のフェースの向き…

    フェースの向きが作るストローク軌道
  7. 足裏全体でスタンスする

    2019.05.7

    足裏全体でスタンスする

    パッティングをする際の足裏にかかる体重が結構偏っている方がいらっしゃいます。前かがみになり…

    足裏全体でスタンスする
  8. アドレス時のフェース向き

    2018.11.12

    アドレス時のフェース向き

    パッティングストローク分析をしていただくと、一番最初に出てくるのがアドレス時のフェースの向きです。…

    アドレス時のフェース向き
  9. TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft

    2019.09.24

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaf…

    以前 STABILITY Shaft を入れてバランスが重くなり過ぎてしまった HILLCREST…

    TRUECoG CUPRUM に UST Mamiya FF Shaft

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP