ボールの種類によってドライバーのつかまりが変わったりしますが、パターのフェース面の素材と、ボールにも密接な関係があります。

フェース面の素材にはかなりの種類がありますが、柔らかく感じる素材だったり、加工方法だったりでかなり感触は変わります。

柔らかいフェース面と柔らかいカバーのボールの組み合わせではかなり打った感触がぼやけるため距離感が合わせにくくなります。

これを打感が良いと感じる人もいますが、慣れが必要です。ただ慣れてしまうとその後にパターを買い替えたときになかなか感覚を合わせるのが大変になってきます。

ディスタンス系の硬めのカバーのボールを使うなら、柔らかいフェース素材。スピン系の柔らかめのカバーのボールを使うなら硬いインサートを選ぶのがお勧めです。

  • コメント: 6

関連記事

  1. PING VAULT 2.0 DALE ANSER

    2020.08.18

    PING VAULT 2.0 DALE ANSER

    PING の DALE ANSER をハーフだけですがラウンドで使ってみましたので感想を...。…

    PING VAULT 2.0 DALE ANSER
  2. 計測機器は使い方次第では逆効果も

    2019.09.9

    計測機器は使い方次第では逆効果も

    計測機器は使い方次第で問題を複雑にしてしまうこともあります。理想のストロークをさせるためだ…

    計測機器は使い方次第では逆効果も
  3. 再現性を上げるには?

    2020.02.5

    再現性を上げるには?

    パッティングストローク分析で重要視している項目は再現性(Consistency)です。こ…

    再現性を上げるには?
  4. グリップエンドの向き

    2020.06.8

    グリップエンドの向き

    パターのグリップを自分でいれる方が結構いらっしゃいますが、グリップを真っ直ぐ入れるってかなり神経を…

    グリップエンドの向き
  5. ショルダーストロークの確認方法

    2019.06.12

    ショルダーストロークの確認方法

    ショルダーストロークができているかどうかの確認は色々なやり方がありますが、今回は比較的簡単にできる…

    ショルダーストロークの確認方法
  6. 長い距離が届かない

    2019.07.25

    長い距離が届かない

    先日長い距離がショートしてしまうという方がいらっしゃいました。ミドルパットのストロークは綺…

    長い距離が届かない
  7. パターのライ角調整します!

    2019.08.8

    パターのライ角調整します!

    パターのライ角調整をした方が良い人は結構いらっしゃいます。ですが調整をしてもらいたくてもできないと…

    パターのライ角調整します!
  8. 入らないことはミスではないことも

    2020.03.4

    入らないことはミスではないことも

    パッティングは他のショットと違うところがあります。それは穴に入れるという明確な目的があることです…

    入らないことはミスではないことも
  9. どうやって打つか考えない?

    2019.12.19

    どうやって打つか考えない?

    ストローク分析で最初に打ちながらお話しをしているときに、どんなことを意識しながら打っているかを必ず…

    どうやって打つか考えない?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP