転がりの良いパッティングをするためには、いろいろな条件があります。

フェースの下で当てることはある条件がそろえば転がりをよくする要因になります。

フェースの下で当てられてもダウンブローになっていれば転がりは良くなりません。適度なアッパー軌道になっていることが必要になります。

また、その時のインパクトロフトも重要になります。ハンドファーストにインパクトすればロフトは元々の状態よりも立った状態になります。

「少しハンドファーストになってロフトが立った状態で、アッパー軌道でフェースの下で打つ」これがボールの転がりを良くする打ち方だと思っています。

ちょっとこんな意識で打ってみてください。きっと転がりも打感もずいぶん変わると思います。

  • コメント: 3

関連記事

  1. 良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    2019.03.19

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    ハンドファーストの仕方には良い方法と悪い方法があります。ハンドファーストというのはヘッドの…

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト
  2. アウトサイドからはダウンブロー

    2019.06.10

    アウトサイドからはダウンブロー

    ちょっとストローク軌道の話をします。ストロークやスイングの軌道には縦方向と横方向の軌道があります。…

    アウトサイドからはダウンブロー
  3. 自分を知ることでミスを防ぐ

    2020.01.9

    自分を知ることでミスを防ぐ

    ラウンド中に出るミスの多くは一定の法則があったりすることが多いです。それを知っていることで回避で…

    自分を知ることでミスを防ぐ
  4. グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    2018.08.8

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所

    旗竿をどこに置くか?結構考えることがあります。キャディさんがいれば持ってくれるので考える必要はありま…

    グリーン上のマナー 2 旗竿の置き方、置き場所
  5. 重いヘッドの方が安定しやすい

    2019.04.18

    重いヘッドの方が安定しやすい

    ここ10年くらいでパターのヘッド重量は20g以上重くなっています。320g程度のヘッド重量…

    重いヘッドの方が安定しやすい
  6. 自分の基準になるストロークを作る

    2019.04.17

    自分の基準になるストロークを作る

    よくその日のグリーンのスピードをどう考えるんですか?と聞かれることがあります。そんな時にお…

    自分の基準になるストロークを作る
  7. 腹圧を上げてパッティングする

    2018.06.27

    腹圧を上げてパッティングする

    「腹圧を上げる」って言われてもパッティングに関係があるのか?と思う方が多いかもしれません。し…

    腹圧を上げてパッティングする
  8. ほんの少しのオープン/クローズで

    2018.09.26

    ほんの少しのオープン/クローズで

    パッティングストローク分析をしていてアウトサイドインになっている人は結構いらっしゃいます。それとは逆…

    ほんの少しのオープン/クローズで
  9. パッティングはシンプルに

    2019.10.15

    パッティングはシンプルに

    以前はショートパットの自信がなく、いつもびくびくしながら打っていました。ですが、パッティン…

    パッティングはシンプルに

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP