転がりの良いパッティングをするためには、いろいろな条件があります。

フェースの下で当てることはある条件がそろえば転がりをよくする要因になります。

フェースの下で当てられてもダウンブローになっていれば転がりは良くなりません。適度なアッパー軌道になっていることが必要になります。

また、その時のインパクトロフトも重要になります。ハンドファーストにインパクトすればロフトは元々の状態よりも立った状態になります。

「少しハンドファーストになってロフトが立った状態で、アッパー軌道でフェースの下で打つ」これがボールの転がりを良くする打ち方だと思っています。

ちょっとこんな意識で打ってみてください。きっと転がりも打感もずいぶん変わると思います。

  • コメント: 3

関連記事

  1. 超難しい練習グッズ

    2018.12.4

    超難しい練習グッズ

    先日やってみた練習グッズがどうにも難しくて練習になっているのかどうかわからないほどだったので紹介しま…

    超難しい練習グッズ
  2. アドレスでのハンドファーストの度合い

    2019.03.1

    アドレスでのハンドファーストの度合い

    パッティングストロークの分析をしていて、表題のハンドファーストの度合いを聞かれることがよくあります…

    アドレスでのハンドファーストの度合い
  3. パターが変わったときに気を付けること

    2018.10.5

    パターが変わったときに気を付けること

    先日久しぶりにエースパターではないパターを使ってみたのですが、距離感が合わず苦労しました。ヘ…

    パターが変わったときに気を付けること
  4. ライ角調整をしていると…

    2019.07.31

    ライ角調整をしていると…

    パッティングストロークの分析をして、最適なライ角がみつかりその場で調整ということは結構あります。…

    ライ角調整をしていると…
  5. パターを変えるタイミング

    2019.11.22

    パターを変えるタイミング

    パターを変えるタイミングは人それぞれなのですが、私の場合は自分がイメージするストロークがしやすいと…

    パターを変えるタイミング
  6. 足裏全体でスタンスする

    2019.05.7

    足裏全体でスタンスする

    パッティングをする際の足裏にかかる体重が結構偏っている方がいらっしゃいます。前かがみになり…

    足裏全体でスタンスする
  7. グリップが真っ直ぐに入っているか?

    2018.10.22

    グリップが真っ直ぐに入っているか?

    ストローク分析にいらした方のグリップを見てみると結構色々です。アドレスでどうしてもまっすぐに…

    グリップが真っ直ぐに入っているか?
  8. ロフト角/ライ角調整は想像以上の効果

    2019.11.26

    ロフト角/ライ角調整は想像以上の効果

    以前から自分に合ったロフト角、ライ角に合わせることの重要性について話してきましたが、もう一度お話し…

    ロフト角/ライ角調整は想像以上の効果
  9. フェースミーリングと打感の関係

    2018.08.2

    フェースミーリングと打感の関係

    よくゴルフクラブは打感がどうと言う話が出てきますね。その中でもパターに関しては好きな打感というのが存…

    フェースミーリングと打感の関係

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP