以前も書いたことがあるかもしれませんが、何度も注意したい内容なのでまたと思うかもしれませんが書いておきます。

先日のストローク分析をされた方は結構上手な方。大きく見て自分がやっていることとやろうとおもっていることのギャップが少ない感じです。

ですが、一点自分の悪いところがあってそれが原因でうまくいかないことがあるので、そうならないように常に意識しながら練習されたり、ラウンドされたりしています。

こうやって自分のことがよくわかっていて、どうなっているかも認識できている方は特に陥りやすいことがあります。

今回の方はインに上げすぎてしまって手を使ってフェースを真っ直ぐに戻そうとしてしまう。そうすると安定しないので、なるべくインに上げない意識でやっているとのことでした。

インに上げない意識でずっとやっていると、その意識が強い人ほどストレートを超えてアウトに上がるようになります。

今回の分析ではアウトに上がってしまっていることがわかったのでまた直すことはできると思いますが、次は少しインに上げる意識が真っ直ぐだと思ってやっていると本当にインに上がるようになります。

この繰り返しにならないように気をつけなければいけませんね。軌道であればテークバックする方向に何か障害物を置いて自分が思っている方向以上に動いたら当たって知らせてくれるようにするといいです。

運動能力の高い人や、効率の良い練習ができている方はこうやろうと思ったらやれてしまいます。でもそれが逆に悪いことを招くことがあることも覚えておいてください。

2/18~2/21までブログの更新をお休みさせていただきます。次回の更新は2/22です。よろしくお願いいたします。

  • コメント: 9

関連記事

  1. 狙う方向のイメージを変えるだけでも

    2018.11.30

    狙う方向のイメージを変えるだけでも

    パッティングストロークの分析をしていて出てくるデータに打ち出し方向(角度)があります。以前も…

    狙う方向のイメージを変えるだけでも
  2. ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    2018.07.4

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編

    今日はフェースの向きに注目してみました。フェースの向きにはアドレス時の向きとインパクト時の向きがあり…

    ショートパットのミスを知る実験 フェースの向き編
  3. CAPTO 検証5 トウアップ/ヒールアップ

    2020.05.1

    CAPTO 検証5 トウアップ/ヒールアップ

    今日はトウアップ、ヒールアップ時のデータを比較してみました。このアドレス(インパクト)で…

    CAPTO 検証5 トウアップ/ヒールアップ
  4. アドレス時のライ角の見え方

    2020.07.1

    アドレス時のライ角の見え方

    パターをアドレスした時に見えている景色の感じ方は人によって異なります。トウが浮かないように…

    アドレス時のライ角の見え方
  5. パット数を数えていますか?

    2018.12.7

    パット数を数えていますか?

    パット数といってもいろいろな数え方があります。グリーン上で打ったパット数だけを数える方法と、…

    パット数を数えていますか?
  6. ロフト角/ライ角調整は想像以上の効果

    2019.11.26

    ロフト角/ライ角調整は想像以上の効果

    以前から自分に合ったロフト角、ライ角に合わせることの重要性について話してきましたが、もう一度お話し…

    ロフト角/ライ角調整は想像以上の効果
  7. ヘッド形状が変わっても変わらないストローク

    2019.11.14

    ヘッド形状が変わっても変わらないストローク

    パターのヘッド形状は色々ありますが、その違いを表すスペックは重心角です。一般的に重心角が大…

    ヘッド形状が変わっても変わらないストローク
  8. ショートパットを確実に入れるために その2

    2019.11.6

    ショートパットを確実に入れるために その2

    昨日はショートパットを打つ時に起こるミスの中でテークバックで起こりやすいことに関してお話ししました…

    ショートパットを確実に入れるために その2
  9. フェースローテーションでパターを選ぶ?

    2018.09.27

    フェースローテーションでパターを選ぶ?

    色々なメーカーでパターの種類を選ぶためにフェースローテーションの度合いや、ストローク軌道で選ぶという…

    フェースローテーションでパターを選ぶ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP