私のフェース面のイメージは右の手の平です。

右手のグリップを決める時に手の平がフェース面になるようにイメージしながら決めています。

これができるとテークバックでフェースが開いた=手の平も開いていることになるので、手の平が開かないように意識することでフェース面の動きも抑制できます。

インパクト前後ではずっとフェースが打ちたい方向に真っ直ぐに向いているイメージで打っているのですが、それは手の平の向きを変えない意識と同じになっています。

手首は使わないように意識しているので、右に行ったり左に行ったりする時はこの右手の手の平の動きが悪いのだと原因が絞れます。

このくらいシンプルにパッティングストロークを考えられると、悪い時もすぐに戻すことができます。

ここをこうしよう、ああしようと思ったり、この瞬間にはこの形になるようになんていうイメージをしながらストロークすると動きが複雑になってスムーズな動きができません。

なるべくチェックポイントは少なく、単純なところにイメージを持てるようにすることがスランプに陥らないことにつながります。

  • コメント: 1

関連記事

  1. 身体を動かさないとできないショルダーストローク

    2018.10.23

    身体を動かさないとできないショルダーストローク

    ショルダーストロークのイメージを伝えるのは結構大変なので、いつもは練習グッズを使って体感してもらって…

    身体を動かさないとできないショルダーストローク
  2. フェース向きのコントロールの練習 3

    2018.08.10

    フェース向きのコントロールの練習 3

    ちょっと間が空いてしまいましたが、フェース向きのコントロールの練習の難しいバージョンを紹介します。…

    フェース向きのコントロールの練習 3
  3. Too much(やりすぎ) はダメ

    2018.10.4

    Too much(やりすぎ) はダメ

    Too much(やりすぎ) はゴルフには禁物です。ゴルフでのやりすぎにはいろいろなものがあ…

    Too much(やりすぎ) はダメ
  4. グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    2018.08.3

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修

    グリーン上で気をつけていることは結構あります。ちょっと挙げてみると...ピッチマークの補修…

    グリーン上のマナー 1 ピッチマークの補修
  5. パターのシャフトを重くする効果

    2018.07.12

    パターのシャフトを重くする効果

    パター用のシャフトに色々種類があるのはご存知でしょうか?ウッドやアイアンはシャフト交換という…

    パターのシャフトを重くする効果
  6. アドレスの手の位置とパターのすわり

    2018.10.9

    アドレスの手の位置とパターのすわり

    パッティングにおけるヘッドを置く位置と、手の位置の関係は本当に人それぞれになります。例えばハ…

    アドレスの手の位置とパターのすわり
  7. 転がりの良いボールを打つには

    2019.04.10

    転がりの良いボールを打つには

    ボールの転がりの評価は、クラブの縦の軌道と当たるときのインパクトロフトです。その組み合わせ…

    転がりの良いボールを打つには
  8. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 1 「ヘッド選択」

    2018.09.6

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 1 「ヘッ…

    自分用に SUS303 素材の Rocker Sole Remake を作ってみようと思います。これ…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 1 「ヘッド選択」
  9. フォローを真っ直ぐに出す?

    2019.03.14

    フォローを真っ直ぐに出す?

    フォローを出していくイメージをヘッドを真っ直ぐに出すイメージという方が結構いらっしゃいます。…

    フォローを真っ直ぐに出す?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP