パッティングストローク分析をしていてよく聞くストロークのイメージが打った後のフェースの向きのイメージです。

フェースが閉じないように(ローテーションしないように)振ろうと思っている人もいますし、逆に閉じていくようにイメージしている人もいます。

今回はフェースを閉じないように出していくイメージに話をします。

このイメージでフォローを出しても良い人は、ストロークの軌道が真っ直ぐで、且つインパクト時のフェースの向きが真っ直ぐの人だけです。

ストロークの軌道が真っ直ぐになっている人はかなり少ない上に、フェースの向きが真っ直ぐになる人もなかなかいません。

テークバックでフェースが必要以上に開いていればインパクトで開いてしまう人が多く、このイメージでフォローを出していくとプッシュアウトになります。

インサイドに引こうと思っている人は比較的多いので、その軌道に応じてフェースが開く場合が多く、フォローでフェースを閉じないイメージで打つとプッシュアウトする。これは結構あることです。

ミスパットの代表例的な部分もあるので、自分のフェースの向き、引いていく方向がどの方向なのかチェックすることは結構重要です。

  • コメント: 2

関連記事

  1. バーディパットが入る人、入らない人

    2018.12.5

    バーディパットが入る人、入らない人

    色々な人とラウンドしていて感じる事なのですが、バーディチャンスをモノにできる人と、そうではない人に差…

    バーディパットが入る人、入らない人
  2. 柔らかいグリップに注意すべき人

    2019.05.23

    柔らかいグリップに注意すべき人

    最近では ODYSSEY が純正グリップに Super Stroke を採用したり、Scotty …

    柔らかいグリップに注意すべき人
  3. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2018.08.1

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よくそんな事を言う人がいますが、この表現は危険です。正しくストロークすると真っ直ぐには引けま…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  4. CAPTO でデータチェック

    2020.04.20

    CAPTO でデータチェック

    自粛で時間がある間に CAPTO で色々な打ち方のデータを取ってみる予定です。今考えている…

    CAPTO でデータチェック
  5. STROKE LAB のシャフトカット

    2020.10.8

    STROKE LAB のシャフトカット

    先日預かった ODYSSEY の STROKE LABO のシャフトカットをしました。この…

    STROKE LAB のシャフトカット
  6. 軟鉄素材とステンレス素材の違い

    2018.12.11

    軟鉄素材とステンレス素材の違い

    先日久しぶりに軟鉄ヘッドに銅メッキを施した duckbill golf Rocker Sole Re…

    軟鉄素材とステンレス素材の違い
  7. 打感とボールの硬さ/柔らかさ

    2019.03.15

    打感とボールの硬さ/柔らかさ

    パッティングで打感という話が結構出てきます。少し前までは柔らかい打感が良くて硬い打感はダメ…

    打感とボールの硬さ/柔らかさ
  8. 気になっていたパターグリップ

    2020.04.8

    気になっていたパターグリップ

    少し前から気になっていたパターグリップが入荷しました。そのグリップは LAMKIN の …

    気になっていたパターグリップ
  9. パッティングで大事なのは打ち出し方向

    2018.06.5

    パッティングで大事なのは打ち出し方向

    パッティングストローク分析をしていて重要なのは綺麗に打つことではなく、打ちたい方向に真っ直ぐに打ち出…

    パッティングで大事なのは打ち出し方向

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP