パッティングストローク分析にいらっしゃる方で、結構同じようなストロークをされる方がいます。

なってしまっているわけではなくそうしようと思ってやっているので、ある意味思った通りできている感じです。

そのイメージを聞いてみると、「小さいテークバックでフォローで飛ばす」イメージだそうです。こういう人が結構いるんです。いったい誰がこんなことを言っているんでしょう…。

こんなストロークをされている方の共通した症状は、まずショートが多い。距離感が合いにくい。ロングパットが打てない…等々

私はこのイメージあまり良くないと思います。とにかくボールをヒットするイメージをしにくいというか、しない打ち方なのですが、フォローの幅で距離感を変えるのはかなり難しいです。

ですので、テークバックの幅やインパクトの強さで距離感を調整する一般的なやり方の方がお勧めです。

でもなんでこの打ち方がそんなに広まっているんでしょうね?不思議です。

  • コメント: 7

関連記事

  1. 同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…

    2019.08.21

    同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…

    グリーン上での同伴プレーヤーのパットは同じラインや、反対側のラインで自分がそのあとに打つ場合、貴重…

    同伴プレーヤーの曲がり幅は参考になりますが…
  2. アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない

    2019.07.17

    アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない

    アドレスで真っ直ぐに構えられない(フェースを向けられない)人が結構います。そこだけを部分的…

    アドレスでフェースが真っ直ぐ向かない
  3. 多方面からラインを見る

    2018.11.26

    多方面からラインを見る

    先日のラウンドではこれまでよりも入念にラインを読むことを心掛けました。ラインを読むことも他の…

    多方面からラインを見る
  4. ボールにラインを十字に入れる

    2018.11.16

    ボールにラインを十字に入れる

    以前も話題にしたことがあるかもしれませんが、ボールにラインを入れる話です。今回は真っ直ぐのラ…

    ボールにラインを十字に入れる
  5. 高麗グリーンで気をつけていること

    2019.08.13

    高麗グリーンで気をつけていること

    最近はあまり見かけなくなりましたが、古いコースだと高麗グリーンがメイングリーンと言うところも結構あ…

    高麗グリーンで気をつけていること
  6. STABILITY Shaft 実験5

    2019.06.26

    STABILITY Shaft 実験5

    STABILITY Shaft 装着のパターと、通常のシャフトを装着したパターの比較を SAM P…

    STABILITY Shaft 実験5
  7. 近過ぎるボールとの距離

    2019.03.11

    近過ぎるボールとの距離

    ストローク分析をする際に最初にフリーで打っていただいて色々観察させていただくのですが、ボールとの距…

    近過ぎるボールとの距離
  8. 練習グリーンでの練習

    2019.04.23

    練習グリーンでの練習

    練習グリーンでの練習はどんな感じでしていますか?私の場合最初はグリーンのスピードを知りたい…

    練習グリーンでの練習
  9. 何故突然パンチが入るのか?

    2018.10.10

    何故突然パンチが入るのか?

    ショートパットでソフトに打てないという方が結構いらっしゃいます。ショートパットですのでテーク…

    何故突然パンチが入るのか?

コメント

    • doropanda
    • 2019年 2月 12日

    Pミッケルソンのレッスンビデオ(ユーチューブで見れます)の説明が、テークバックよりフォローを大きくすると言っていると思うのですが・・・。私も試してみましたが全然だめでした。英語なので解釈が間違っているのかもしれません。

      • toshi
      • 2019年 2月 13日

      doropandaさん、おっしゃるとおり言ってますね。でもテークバックよりフォローを大きくするであって、小さいテークバックからというはなしではないような気がします。たぶん微妙なニュアンスが違うんでしょうね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP