今回の実験はいったいどのくらいのウェイト配分にしたら Scotty Cameron の NEWPORT のブレード幅の真ん中に重心が来るのかチェックすることでした。

今回のヘッドは33インチ仕様のヘッドだったので、ついていたウェイトは20gが2個でトータル40g。ヘッド重量はカタログ上は360gです。

この40gをどう配分するかを考え、まずは極端にヒール側に5gのアルミ製のウェイト、トウ側に35gのタングステンと思われるウェイトを入れてみて重心をチェックしてみました。

わかりやすいように一番上の画像のようにフェース面にブレード幅のセンターに印を入れました。横線上に入れられている縦線の部分がブレードのセンターです。

そのラインの上に黒とブルーの点がありますが、黒の点が20gのウェイトが両側についたノーマルの状態の重心位置です。約4mmセンター寄りに動きました。

そしてブルーの点がヒール側に5g、トウ側に35gのウェイトをつけた時の重心位置です。相当極端かと思ったのですが、なんだかいきなりぴったりな感じでした。

こんなに極端なウェイト配分にしてやっとサイトライン上に重心がきます。

なんだか引っかかる感じはセンターだと思っていた重心位置で上手く打てていた時にも感じていたので、原因がわかった感じです。

これを見ると重心位置がサイトライン上に設計できた HILLCREST TRUECoG は上手くできたなとあらためて思います。HILLCREST TRUECoG シリーズに興味がある方は info@puttinglabo.com までお問い合わせください。

  • コメント: 6

関連記事

  1. アドレスでのハンドファーストの度合い

    2019.03.1

    アドレスでのハンドファーストの度合い

    パッティングストロークの分析をしていて、表題のハンドファーストの度合いを聞かれることがよくあります…

    アドレスでのハンドファーストの度合い
  2. できあがった実験用パター

    2019.04.8

    できあがった実験用パター

    実験用のパターができあがりました。使うパーツとしては、ヘッドが「Scotty Camero…

    できあがった実験用パター
  3. インパクト後の余計な動き

    2018.11.8

    インパクト後の余計な動き

    結構このインパクト後の余計な動きをされる方が多いです。この余計な動きが自分が行きたくない方向…

    インパクト後の余計な動き
  4. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面処理/打刻/色入れ」

    2018.09.13

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面…

    今回の Rocker Sole Remake はバックフェースの彫刻がある SUS303 素材のモデ…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 5 「表面処理/打刻/色入れ」
  5. 芝目を意識する

    2019.05.13

    芝目を意識する

    芝目があるゴルフ場で常にやっている方はそれほど違和感がなくなっているのだと思いますが、普段普通のグ…

    芝目を意識する
  6. 近過ぎるボールとの距離

    2019.03.11

    近過ぎるボールとの距離

    ストローク分析をする際に最初にフリーで打っていただいて色々観察させていただくのですが、ボールとの距…

    近過ぎるボールとの距離
  7. Anserタイプの重心位置

    2018.10.18

    Anserタイプの重心位置

    Anserタイプのパターの重心位置をご存知でしょうか?私も Anserタイプのパターを使って…

    Anserタイプの重心位置
  8. 安定している動きを優先する

    2019.03.5

    安定している動きを優先する

    パッティングストロークの分析では、色々なパラーメーターにおける再現性を点数にして表示されます。…

    安定している動きを優先する
  9. アドレス時の前後の体重のかけ方

    2018.08.15

    アドレス時の前後の体重のかけ方

    アドレスしている時の重心がどこにあるか意識したことはありますか?これはつま先よりになり過ぎてもだめで…

    アドレス時の前後の体重のかけ方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP