今回の実験はいったいどのくらいのウェイト配分にしたら Scotty Cameron の NEWPORT のブレード幅の真ん中に重心が来るのかチェックすることでした。

今回のヘッドは33インチ仕様のヘッドだったので、ついていたウェイトは20gが2個でトータル40g。ヘッド重量はカタログ上は360gです。

この40gをどう配分するかを考え、まずは極端にヒール側に5gのアルミ製のウェイト、トウ側に35gのタングステンと思われるウェイトを入れてみて重心をチェックしてみました。

わかりやすいように一番上の画像のようにフェース面にブレード幅のセンターに印を入れました。横線上に入れられている縦線の部分がブレードのセンターです。

そのラインの上に黒とブルーの点がありますが、黒の点が20gのウェイトが両側についたノーマルの状態の重心位置です。約4mmセンター寄りに動きました。

そしてブルーの点がヒール側に5g、トウ側に35gのウェイトをつけた時の重心位置です。相当極端かと思ったのですが、なんだかいきなりぴったりな感じでした。

こんなに極端なウェイト配分にしてやっとサイトライン上に重心がきます。

なんだか引っかかる感じはセンターだと思っていた重心位置で上手く打てていた時にも感じていたので、原因がわかった感じです。

これを見ると重心位置がサイトライン上に設計できた HILLCREST TRUECoG は上手くできたなとあらためて思います。HILLCREST TRUECoG シリーズに興味がある方は info@puttinglabo.com までお問い合わせください。

  • コメント: 9

関連記事

  1. 良いストロークをするには?

    2018.10.3

    良いストロークをするには?

    良いストロークをするためには色々重要なことがあります。もちろん良いストロークをすることも必要なのです…

    良いストロークをするには?
  2. ロフト調整で変わる打音

    2019.05.30

    ロフト調整で変わる打音

    インパクト時のハンドファーストもしくはハンドレイトの度合いによってインパクトロフトが変わります。…

    ロフト調整で変わる打音
  3. 右サイドを動かさない意識

    2018.08.23

    右サイドを動かさない意識

    パッティングに限らず右サイドを動かさない意識を常に持っています。特にパッティングでは右サイド…

    右サイドを動かさない意識
  4. 自分に今のパターが合っているか?

    2020.02.28

    自分に今のパターが合っているか?

    そんなことを確かめに来たという方が結構いらっしゃいます。そんな時は最初は何も言わず、とり…

    自分に今のパターが合っているか?
  5. ストローク中にフェースの向きをどこで意識するか?

    2020.03.24

    ストローク中にフェースの向きをどこで意識するか?

    ストローク中にフェースの向きをどう意識したらいいかという話によくなります。それは右手の手…

    ストローク中にフェースの向きをどこで意識するか?
  6. 理想のストロークが入るわけではない

    2020.01.8

    理想のストロークが入るわけではない

    この手の話は何度もしていますが、やはりみなさん綺麗な打ち方で打ちたいという願望が大きいせいか、ど…

    理想のストロークが入るわけではない
  7. 傾斜を足で感じるために真っ直ぐ立つ

    2019.06.19

    傾斜を足で感じるために真っ直ぐ立つ

    パッティングをする際につま先側に傾きを感じたり、かかと側に傾きを感じたりすることが結構あります。…

    傾斜を足で感じるために真っ直ぐ立つ
  8. ボールにラインを入れる

    2018.09.18

    ボールにラインを入れる

    ボールにラインを入れている方は結構います。そういう方のほとんどはパッティングやティショットでの方向を…

    ボールにラインを入れる
  9. ヘッドスピード測定器で練習

    2020.02.3

    ヘッドスピード測定器で練習

    結構昔に購入した物ですが、いまだに練習に登場する機会があるのがヘッドスピード測定器です。…

    ヘッドスピード測定器で練習

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP