Scotty Cameron のパターに使えるウェイトを以前購入してあったのでちょっと面白い実験をしてみようと思っています。

一番軽いウェイトは5g、一番重いのは40gあります。その間の重さは 10g、15g、20g、25g、30g、35g です。

これの組み合わせでどのくらい重心が移動するのか?また私のように少しトウ側で当たってしまう人に合わせて重心を移動したら打感が良くなるのか?

重心位置ではない場所でヒットするということは当たった瞬間にヘッドはぶれているはずです。ヘッドがぶれない重心位置で当たればヘッドも真っ直ぐに出ていきやすくなります。

どんな効果が出るか?楽しみです。NEWPORT のような形状は実際に入れられているサイトラインよりも内側に重心があります。これは違和感ですよね。

今エースで使っている HILLCREST TRUECoG シリーズはネックを軽量化し、トウとヒールのウェイト配分を調整することで、ブレード幅の中心に入れられたサイトライン上に重心が来るようにデザインしています。芯でとらえたときの打感は最高な上に転がりの良い球を打つことができます。

  • コメント: 2

関連記事

  1. パッティングストローク中に動かさない

    2020.09.2

    パッティングストローク中に動かさない

    パッティングストローク中に動かさないイメージを持っていただきたい箇所は2つ。まず一つは右膝…

    パッティングストローク中に動かさない
  2. 小さいテークバックで良いことはありません

    2019.06.3

    小さいテークバックで良いことはありません

    パッティングストローク分析をするときに、フリーで打ってもらって色々な考えをお聞きします。そ…

    小さいテークバックで良いことはありません
  3. フォローの動きの意識

    2019.07.16

    フォローの動きの意識

    昨日はテークバックで左脇が縮む意識すると良いという話をしました。今日はフォロースルーでの動…

    フォローの動きの意識
  4. パターのお色直しで気分転換

    2019.04.22

    パターのお色直しで気分転換

    Putting Labo ではパターの色入れカスタマイズを行っています。今回は最近出番がな…

    パターのお色直しで気分転換
  5. テークバックで開かないイメージ

    2020.09.3

    テークバックで開かないイメージ

    最近取り入れてパッティングが復活しつつあります。そのイメージが表題の「テークバックで開かな…

    テークバックで開かないイメージ
  6. グリップエンドの向き

    2020.06.8

    グリップエンドの向き

    パターのグリップを自分でいれる方が結構いらっしゃいますが、グリップを真っ直ぐ入れるってかなり神経を…

    グリップエンドの向き
  7. ミドルパット vs ショートパット 2/2

    2018.05.31

    ミドルパット vs ショートパット 2/2

    前回は3mのパットの時と、1mのパットの時のデータを比較してみましたが特にミスが出そうな数値は見出せ…

    ミドルパット vs ショートパット 2/2
  8. パターの長さと身長

    2019.04.11

    パターの長さと身長

    パターの長さを身長で決めている方が多いです。身長が180cmだから35インチとか、身長が1…

    パターの長さと身長
  9. プロのように打つことが良いわけではない

    2020.02.14

    プロのように打つことが良いわけではない

    プロのような打ち方を目指して一生懸命練習する人がいますが、なかなかうまくいかないことが多いです。…

    プロのように打つことが良いわけではない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP