パターヘッドの軌道はインサイドインが良いという話を聞いたりして、わざわざその動きを自分でしようとしている方が結構いらっしゃいます

インサイドインは結果であってやろうとするものではないということは何度も言ってきました。

脇を締めてショルダーストロークができていれば体からの距離感は変わらないので、自然にインサイドインになるはずです。

あとはそのヘッドの重心角の大きさでインサイドの度合いに多少の違いが出てきます。

フェースバランスのパターであればインサイドに入る度合いも、テークバックが終わった時のフェースの開きも少なくなります。

これが重心角が大きいL字パターになると、インサイドの軌道が大きくなりやすく、更にインサイドに入るのでフェースもオープンになりやすいです。

というわけで過度に意識してインサイドに入れようとするとフェースが開く。フェースが開くから戻さなければならない。戻す動きが大きくなるのでインパクトの瞬間に真っ直ぐに向けるのが難しくなり、あちこちに球が散らばるということになってしまうわけです。

自分の手の動きを使ったり、ショルダーストロークではなくショットのような回転運動を使ってしまったりしてインに引き過ぎないように気をつけてストロークすると安定してきます。

  • コメント: 7

関連記事

  1. PING型はカッコイイんだけど…

    2018.11.21

    PING型はカッコイイんだけど…

    パッティングストロークの分析にいらっしゃる方で結構多い話が、PING型はカッコイイんだけど...って…

    PING型はカッコイイんだけど…
  2. 読み違いとストロークのミスを区別する

    2020.07.22

    読み違いとストロークのミスを区別する

    以前も話題した内容ですが、再度お話ししておきます。パッティングのミスを引きずるという人が結…

    読み違いとストロークのミスを区別する
  3. 体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    2018.11.5

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    自宅にパッティングミラーがあればいいのですが、なかなかそれを持っている人は少ないと思います。…

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認
  4. 練習で気をつけること

    2020.01.31

    練習で気をつけること

    一生懸命練習するのはすごく良いのですが、一生懸命練習する人ほど気をつけなければならないことがあり…

    練習で気をつけること
  5. SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ

    2019.08.2

    SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ

    先日より TRUECoG SUS303 に STABILITY シャフトを入れて使っています。…

    SUS303ヘッドにSTABILITYシャフトはベストマッチ
  6. ラインは合っているのに…

    2020.07.27

    ラインは合っているのに…

    ラインは合っているのに届かない...。こんなパットが続いた先日のラウンドでした。2日間やっ…

    ラインは合っているのに…
  7. SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    2018.12.26

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」

    今回は一番簡単な打点についてチェックしてみました。SAM PuttLab(SPL) …

    SAM PuttLab vs M-Tracer 「打点編」
  8. ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    2018.07.3

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    まずは簡単に違いがわかるところから見ていきましょう。1カップ左、および右の角度は先日のタンジ…

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編
  9. 一般的なANSER型の重心位置

    2019.02.7

    一般的なANSER型の重心位置

    少し前の Scotty Cameron NEWPORT ですがシャフトを外して重心位置を調べてみま…

    一般的なANSER型の重心位置

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP