パターヘッドの軌道はインサイドインが良いという話を聞いたりして、わざわざその動きを自分でしようとしている方が結構いらっしゃいます

インサイドインは結果であってやろうとするものではないということは何度も言ってきました。

脇を締めてショルダーストロークができていれば体からの距離感は変わらないので、自然にインサイドインになるはずです。

あとはそのヘッドの重心角の大きさでインサイドの度合いに多少の違いが出てきます。

フェースバランスのパターであればインサイドに入る度合いも、テークバックが終わった時のフェースの開きも少なくなります。

これが重心角が大きいL字パターになると、インサイドの軌道が大きくなりやすく、更にインサイドに入るのでフェースもオープンになりやすいです。

というわけで過度に意識してインサイドに入れようとするとフェースが開く。フェースが開くから戻さなければならない。戻す動きが大きくなるのでインパクトの瞬間に真っ直ぐに向けるのが難しくなり、あちこちに球が散らばるということになってしまうわけです。

自分の手の動きを使ったり、ショルダーストロークではなくショットのような回転運動を使ってしまったりしてインに引き過ぎないように気をつけてストロークすると安定してきます。

  • コメント: 7

関連記事

  1. ボールの赤道より上を打つ?

    2018.11.29

    ボールの赤道より上を打つ?

    最近ボールの転がりをよくするとかで、「赤道より上をフェースの下(リーディングエッジ)で打つ」なんて言…

    ボールの赤道より上を打つ?
  2. 手首を使わないために

    2018.12.19

    手首を使わないために

    ストローク中に手首を使わないためにどうしたらいいか?そんなことを結構聞かれることがあります。…

    手首を使わないために
  3. Too much(やりすぎ) はダメ

    2018.10.4

    Too much(やりすぎ) はダメ

    Too much(やりすぎ) はゴルフには禁物です。ゴルフでのやりすぎにはいろいろなものがあ…

    Too much(やりすぎ) はダメ
  4. Anserタイプの重心位置

    2018.10.18

    Anserタイプの重心位置

    Anserタイプのパターの重心位置をご存知でしょうか?私も Anserタイプのパターを使って…

    Anserタイプの重心位置
  5. パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    2018.07.31

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?

    最近パター用のカーボンシャフトが増えてきましたね。大手シャフトメーカーはもちろん、パターを作っている…

    パター用のカーボンシャフトの良さとは?
  6. 軽量シャフトの実験(予告)

    2019.03.27

    軽量シャフトの実験(予告)

    前から興味があった ODYSSEY の STROKE LAB のようなパター。シャフトを軽…

    軽量シャフトの実験(予告)
  7. ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    2018.07.3

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    まずは簡単に違いがわかるところから見ていきましょう。1カップ左、および右の角度は先日のタンジ…

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編
  8. ショットの縮図のパッティング

    2019.03.20

    ショットの縮図のパッティング

    パッティングストロークの分析での最初の打ちながらのヒアリングで、ショットについてのことを聞くことが…

    ショットの縮図のパッティング
  9. パターはライ角を変えても球のつかまりは…

    2018.09.28

    パターはライ角を変えても球のつかまりは…

    パッティングでボールがつかまらないで右に行ってしまうとか、逆に引っかけてしまうということが結構あるの…

    パターはライ角を変えても球のつかまりは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP