ヘッド重量をアップするのに手っ取り早いのはソール面に鉛を張ることです。

ですがそれが原因ですわりが変わってしまいますので注意が必要です。ソールのフェース面側だけとか、後方だけにしてしまうのは結構危険です。

ソールに鉛を貼る場合はソール面全体に貼ることをお勧めします。

部分的に貼ることですわりを変えられるので、それを利用して調整することも結構あります。その方法についてはまた次回お話しします。

今のすわりを保ってヘッドを重くしたい場合はロゴや模様が隠れてしまいますが、ヘッド全体に同じ厚みで貼るようにしましょう。

  • コメント: 2

関連記事

  1. しっかり届かせようと思っているのに届かない

    2019.10.25

    しっかり届かせようと思っているのに届かない

    しっかり打ってカップまで届かせようと思っているのにどうしても届かないってときありますよね。…

    しっかり届かせようと思っているのに届かない
  2. 過去のストロークを引きずったストローク

    2018.12.20

    過去のストロークを引きずったストローク

    ショットでも同じなのですが、直前のミスの記憶が次のショットやパットに影響を与えることがあります。…

    過去のストロークを引きずったストローク
  3. 知らなくてもいいことはある

    2020.01.15

    知らなくてもいいことはある

    ストローク分析では色々なことがわかります。色々わかりすぎてしまうので、かえってよくないこともあり…

    知らなくてもいいことはある
  4. 課題を持って練習するときの注意

    2020.03.25

    課題を持って練習するときの注意

    ANSERFREAK と内容が似てしまいますが、家で練習をするときに気をつけてもらいたいことを書…

    課題を持って練習するときの注意
  5. フェースがブレないエースパター

    2020.06.16

    フェースがブレないエースパター

    先日の久しぶりのラウンドではエースの HILLCREST TRUECoG CUPRUM を使いまし…

    フェースがブレないエースパター
  6. オープン/クローズになってみる

    2019.02.27

    オープン/クローズになってみる

    テークバックの方向がうまくイメージできない人がたまにいらっしゃいます。そんな時に試していた…

    オープン/クローズになってみる
  7. 自分がやろうとしていることとやっていること

    2018.08.9

    自分がやろうとしていることとやっていること

    私のフィッティングやストローク分析ではよく言っているのですが、データを見てもらうことの意味は「自分が…

    自分がやろうとしていることとやっていること
  8. マレットヘッドで ARMLOCK

    2021.02.17

    マレットヘッドで ARMLOCK

    先日の WRISTLOCK(リストロック) パターはそのうちラウンドで使ってみますが、その前にやは…

    マレットヘッドで ARMLOCK
  9. ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    2019.01.7

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

    パッティングで良い当たりをした時の感触をこんな風に表現することがあります。適正なロフトで適正…

    ボールをフェースに乗せて運ぶ その1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP