ヘッド重量をアップするのに手っ取り早いのはソール面に鉛を張ることです。

ですがそれが原因ですわりが変わってしまいますので注意が必要です。ソールのフェース面側だけとか、後方だけにしてしまうのは結構危険です。

ソールに鉛を貼る場合はソール面全体に貼ることをお勧めします。

部分的に貼ることですわりを変えられるので、それを利用して調整することも結構あります。その方法についてはまた次回お話しします。

今のすわりを保ってヘッドを重くしたい場合はロゴや模様が隠れてしまいますが、ヘッド全体に同じ厚みで貼るようにしましょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    2018.07.23

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    このブログを見てらっしゃる方はほとんどの方がわかっていることだとは思いますが、念のため書いておきます…

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる
  2. ストロークを安定させるには

    2019.03.29

    ストロークを安定させるには

    パッティングストロークの分析をしていると、ストロークの安定感に問題がある人が結構います。安…

    ストロークを安定させるには
  3. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2018.08.1

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よくそんな事を言う人がいますが、この表現は危険です。正しくストロークすると真っ直ぐには引けま…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  4. ミドルパットで考えること

    2019.01.16

    ミドルパットで考えること

    前回はロングパットの話でした。今回はミドルパットの話です。ミドルパットというとあわよくば入れ…

    ミドルパットで考えること
  5. 自分のパッティングの弱点を知る

    2018.09.20

    自分のパッティングの弱点を知る

    みなさん自分がどんな状況の時にどんなミスをするか?把握できていますか?これを知っていると色々な対処方…

    自分のパッティングの弱点を知る
  6. ほんの少しのオープン/クローズで

    2018.09.26

    ほんの少しのオープン/クローズで

    パッティングストローク分析をしていてアウトサイドインになっている人は結構いらっしゃいます。それとは逆…

    ほんの少しのオープン/クローズで
  7. パターのロフト調整は…

    2018.10.2

    パターのロフト調整は…

    パッティングストロークの分析を受けていただくと、インパクト時のハンドファーストの度合いや上下のストロ…

    パターのロフト調整は…
  8. 初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018.05.22

    初めまして、パッティングラボの遠藤です

    2018年5月22日、新しいサイト「The Putting Laboratory(パッティングラボ)…

    初めまして、パッティングラボの遠藤です
  9. フォローでの左肘

    2019.03.18

    フォローでの左肘

    フォローで左の肘を抜いてしまう人が結構います。肘を抜くというのは、肘が体から離れていってし…

    フォローでの左肘

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP