ソールに鉛を貼るときには注意が必要という話しをしました。

ということは、貼り方次第で色々な調整ができるということにもなります。鉛を使った調整には色々な方法があって、これはソールアングルを変える目的ですることで調整が可能になります。

Scotty Cameron のツアーパターでフェース面に近い側に溶接で山をフェース面に沿って盛ってある物があります。

ソールアングルはパターのすわりに影響し、ソールが真っ平らになるとパターはかぶって見えるようになります。それを軽減するためにソールアングルがあります。

使うのはこんな鉛テープです。半分程度に縦にカットして、片側を二つに折って、それをもう片方の真ん中に貼り付けます。

フェース面側から後方に向かって角度をつけることによってフェースをかぶらなくします。これを利用して少しフェース面側に出っ張りをつけることによってすわりの良いパターを作ることができます

逆に開いて見えるパターは、ヘッド後方を盛り上げると少しかぶらせることができます。

下が硬いところでやってみると効果をかなり感じることができます。芝の上では少し感じにくくなりますので、厚みをどのくらいにすると良いのか色々調整してみてください。0.5mm以上は厚みを出さないと効果を感じられないと思います。

この調整は実際にはロフトをいじっているのと同じになります。また違う機会にそれについてはお話しします。

  • コメント: 2

関連記事

  1. パターが変わったときに気を付けること

    2018.10.5

    パターが変わったときに気を付けること

    先日久しぶりにエースパターではないパターを使ってみたのですが、距離感が合わず苦労しました。ヘ…

    パターが変わったときに気を付けること
  2. 多方面からラインを見る

    2018.11.26

    多方面からラインを見る

    先日のラウンドではこれまでよりも入念にラインを読むことを心掛けました。ラインを読むことも他の…

    多方面からラインを見る
  3. 距離感が合わない原因

    2018.11.9

    距離感が合わない原因

    パッティングストロークには大きく分けて2種類のタイプがあると思っています。一つはストローク中…

    距離感が合わない原因
  4. フェースの下目で打つイメージを作る練習

    2018.06.25

    フェースの下目で打つイメージを作る練習

    パッティングストローク分析をしていると、ヘッドの縦方向の動きがわかります。ダウンブローに当たっている…

    フェースの下目で打つイメージを作る練習
  5. パッティングでグリップを握る強さは?

    2018.06.15

    パッティングでグリップを握る強さは?

    よくグリップを握る強さについて聞かれることがあります。この質問に対しては即答で「しっかり握ってくださ…

    パッティングでグリップを握る強さは?
  6. 打つ時にあれこれ考えてると…

    2019.08.19

    打つ時にあれこれ考えてると…

    良いストロークをしようと強く思っている人ほど、ぎこちないストロークになってしまうことがあります。…

    打つ時にあれこれ考えてると…
  7. 短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?

    2018.08.13

    短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?

    自分の軸が右なのか左なのか知っている人はあまりいないかと思います。4スタンス理論の考え方にな…

    短いパットで片足だけ出すとしたらどっち?
  8. 芝目を意識する

    2019.05.13

    芝目を意識する

    芝目があるゴルフ場で常にやっている方はそれほど違和感がなくなっているのだと思いますが、普段普通のグ…

    芝目を意識する
  9. パターのお色直しで気分転換

    2019.04.22

    パターのお色直しで気分転換

    Putting Labo ではパターの色入れカスタマイズを行っています。今回は最近出番がな…

    パターのお色直しで気分転換

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP