ソールに鉛を貼るときには注意が必要という話しをしました。

ということは、貼り方次第で色々な調整ができるということにもなります。鉛を使った調整には色々な方法があって、これはソールアングルを変える目的ですることで調整が可能になります。

Scotty Cameron のツアーパターでフェース面に近い側に溶接で山をフェース面に沿って盛ってある物があります。

ソールアングルはパターのすわりに影響し、ソールが真っ平らになるとパターはかぶって見えるようになります。それを軽減するためにソールアングルがあります。

使うのはこんな鉛テープです。半分程度に縦にカットして、片側を二つに折って、それをもう片方の真ん中に貼り付けます。

フェース面側から後方に向かって角度をつけることによってフェースをかぶらなくします。これを利用して少しフェース面側に出っ張りをつけることによってすわりの良いパターを作ることができます

逆に開いて見えるパターは、ヘッド後方を盛り上げると少しかぶらせることができます。

下が硬いところでやってみると効果をかなり感じることができます。芝の上では少し感じにくくなりますので、厚みをどのくらいにすると良いのか色々調整してみてください。0.5mm以上は厚みを出さないと効果を感じられないと思います。

この調整は実際にはロフトをいじっているのと同じになります。また違う機会にそれについてはお話しします。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Too much(やりすぎ) はダメ

    2018.10.4

    Too much(やりすぎ) はダメ

    Too much(やりすぎ) はゴルフには禁物です。ゴルフでのやりすぎにはいろいろなものがあ…

    Too much(やりすぎ) はダメ
  2. インパクトでパンチが入る人、緩む人

    2018.08.27

    インパクトでパンチが入る人、緩む人

    パッティングストロークをシンプルに考えるには、インパクトで急激な加速や減速はしたくありません。…

    インパクトでパンチが入る人、緩む人
  3. PING型はカッコイイんだけど…

    2018.11.21

    PING型はカッコイイんだけど…

    パッティングストロークの分析にいらっしゃる方で結構多い話が、PING型はカッコイイんだけど...って…

    PING型はカッコイイんだけど…
  4. ミドルパットで考えること

    2019.01.16

    ミドルパットで考えること

    前回はロングパットの話でした。今回はミドルパットの話です。ミドルパットというとあわよくば入れ…

    ミドルパットで考えること
  5. どっちに曲がるかわからない

    2018.11.15

    どっちに曲がるかわからない

    パッティングのラインを読むときに見る方向でラインが変わることって結構ありますよね。私の場合グ…

    どっちに曲がるかわからない
  6. 曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    2018.07.23

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる

    このブログを見てらっしゃる方はほとんどの方がわかっていることだとは思いますが、念のため書いておきます…

    曲がるラインを入れるルートは強さで変わる
  7. マレット型が合うタイプ

    2018.12.27

    マレット型が合うタイプ

    今回はちょっと違うアプローチでマレット型が合う人はどんな人なのか考えてみました。マレット型と…

    マレット型が合うタイプ
  8. パッティングでのグリップの持ち方を考える

    2018.08.14

    パッティングでのグリップの持ち方を考える

    パッティングでのグリップの持ち方は人それぞれで正解はありません。ですが、自分のやろうとしていることや…

    パッティングでのグリップの持ち方を考える
  9. グリップが真っ直ぐに入っているか?

    2018.10.22

    グリップが真っ直ぐに入っているか?

    ストローク分析にいらした方のグリップを見てみると結構色々です。アドレスでどうしてもまっすぐに…

    グリップが真っ直ぐに入っているか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP