グリップ交換を自分でされる方がたまにいらっしゃいます。そう言う方は普通のクラブであればバックラインなしのグリップにすれば、まあまあ簡単にできたりします。

ですがパターのグリップはそうはいきません。

ゴルフショップで変えてもらっても自分の感覚に合うことはなかなかありません。ほんの少しのことなのですがかぶって見えるとか、開いているとか…

グリップを入れる人が真っ直ぐにいれたと思っても実際には真っ直ぐになっていなかったり、真っ直ぐに入っているのに真っ直ぐに感じなかったり…

こんなことは結構あるのでできたら交換するその場にいて多少の微調整ができると良いですね。

私もその場でできない時は今入っているグリップの状態を細かくみて、それを再現するか、真っ直ぐに入れることを重視してやるかを決めてもらっています。

基本はその場でやるようにすると使う人の感覚に合わせる事ができます。

  • コメント: 8

関連記事

  1. マレット型は本当に易しいのか?

    2018.12.12

    マレット型は本当に易しいのか?

    パターがあまり得意ではないという理由でマレット型のパターを選んでいる方が結構いらっしゃいます。…

    マレット型は本当に易しいのか?
  2. ショートパットを確実に入れるために その1

    2019.11.5

    ショートパットを確実に入れるために その1

    ショートパットに悩んでいる方が結構いらっしゃいます。パッティングストローク分析ではショート…

    ショートパットを確実に入れるために その1
  3. ロフト角/ライ角調整は想像以上の効果

    2019.11.26

    ロフト角/ライ角調整は想像以上の効果

    以前から自分に合ったロフト角、ライ角に合わせることの重要性について話してきましたが、もう一度お話し…

    ロフト角/ライ角調整は想像以上の効果
  4. インパクトはアドレスの再現

    2018.12.17

    インパクトはアドレスの再現

    ショットではアドレスの位置に戻ってくるよりは若干ハンドファースト気味になるので、厳密にはインパクトが…

    インパクトはアドレスの再現
  5. テークバックでソールが引っかかる

    2020.06.3

    テークバックでソールが引っかかる

    こんな悩みを持った方は結構いるかもしれませんね。テークバックで地面に引っかかってしまうと、…

    テークバックでソールが引っかかる
  6. フォローを必要以上に出さないために その2

    2020.01.23

    フォローを必要以上に出さないために その2

    今回も昨日に続いてフォローを必要以上に出さないための方法を...。今日のやり方の方が効き目がある…

    フォローを必要以上に出さないために その2
  7. EVEN さんで Rocker Sole Remake を紹介していただきました

    2020.01.24

    EVEN さんで Rocker Sole Remake を紹介していた…

    今日はちょっと告知です。発売になって少し時間がたちましたが、HILLCREST …

    EVEN さんで Rocker Sole Remake を紹介していただきました
  8. テークバックは手で引かない

    2019.05.24

    テークバックは手で引かない

    パッティングストロークの分析にいらした方の話を聞くと、テークバックをどう引いたらいいかということを…

    テークバックは手で引かない
  9. フェースローテーションはするものではありません 1/2

    2018.07.17

    フェースローテーションはするものではありません 1/2

    パッティングストロークの分析をしに来ていたいた時に皆さんに聞くことがあります。最初にフリーで…

    フェースローテーションはするものではありません 1/2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP