ここ何回かのストローク分析で、表題の通りパターがすわる位置に合わせて手首の角度や手首の形を決めてしまっている人がいました。

本当はもっと手の位置を低くしたかったり、高くしたかったりするのに、パターヘッドのトウやヒールが浮かないように調整してしまう…

長さが合っていればまだ良いのですが、長さもあったいない場合はかなり不幸なことになります。こんな時はもう見ただけで違和感があります。

ストローク分析に来た方には様々な長さのパターや、ライ角が違うパターを打ってもらう事があります。本当はどこに手が来るのが気持ちが良いのか?そのためにはどんな長さが良いのか?で会うスペックを絞り込んで行きます。

更に持ち方でストロークをした時にどのくらいの角度で、どんな軌道で打っているのか?これがわかればその人に最適なスペックが決まります。

ですので、市販のままでそれがベストマッチと言う人は皆無に近いです。皆さんもパターに構えさせられていないかチェックすることをお勧めします。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 身体を動かさないとできないショルダーストローク

    2018.10.23

    身体を動かさないとできないショルダーストローク

    ショルダーストロークのイメージを伝えるのは結構大変なので、いつもは練習グッズを使って体感してもらって…

    身体を動かさないとできないショルダーストローク
  2. グリップエンドの動きに注目

    2018.08.22

    グリップエンドの動きに注目

    パッティングのストローク中のグリップエンドに注目してみてください。上の動画のようにシ…

    グリップエンドの動きに注目
  3. 下半身を動かさない意識

    2019.04.19

    下半身を動かさない意識

    パッティングストローク分析をしていると、下半身(特に後ろ足の膝)が動く人がかなりいます。膝…

    下半身を動かさない意識
  4. 一般的なANSER型の重心位置

    2019.02.7

    一般的なANSER型の重心位置

    少し前の Scotty Cameron NEWPORT ですがシャフトを外して重心位置を調べてみま…

    一般的なANSER型の重心位置
  5. フェースが真っ直ぐに向く感覚

    2018.10.25

    フェースが真っ直ぐに向く感覚

    アドレス時のフェースの向きは絶対に真っ直ぐに向いていなければならないというとそうでもないのですが、や…

    フェースが真っ直ぐに向く感覚
  6. 良いストロークをするには?

    2018.10.3

    良いストロークをするには?

    良いストロークをするためには色々重要なことがあります。もちろん良いストロークをすることも必要なのです…

    良いストロークをするには?
  7. パターが変わったときに気を付けること

    2018.10.5

    パターが変わったときに気を付けること

    先日久しぶりにエースパターではないパターを使ってみたのですが、距離感が合わず苦労しました。ヘ…

    パターが変わったときに気を付けること
  8. 期待しすぎないパッティング

    2018.11.20

    期待しすぎないパッティング

    私自身も含めてパッティングの結果を期待し過ぎている方が多いと思います。期待が大きければ大きい…

    期待しすぎないパッティング
  9. 右サイドを動かさない意識

    2018.08.23

    右サイドを動かさない意識

    パッティングに限らず右サイドを動かさない意識を常に持っています。特にパッティングでは右サイド…

    右サイドを動かさない意識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP