自分がどんな軌道でストロークをしているのか?

パッティングストローク分析をするとそれが手に取るようにわかります。でも最初はにわかに信じない…と言う状況が結構あります。

ですが行っているはずがないと思っている軌道上に障害物を置いてみると、当たるはずがないのに当たる…

そこで初めて自分の悪い軌道を受け入れる事ができると言うのが結構多い流れです。

ではその障害物に当たらないようにするにはどのくらいの意識が必要なのか?例えばテークバックがアウトに上がってしまう人が、少しインサイドに軌道を直したい場合、どのくらいの意識でやればいいかは、人によって変わります。

このくらいの意識でやったら軽いインサイドの軌道に変わると言う事がわかればその感覚に慣れるだけです。その為にも悪い軌道になった時にそれを気づかせてくれる障害物は、結構有効ですのでやってみてください。

これは市販のミラーに組み合わせて使うゴム製のバーですが、これがあるだけで意識を随分変えられます。

  • コメント: 1

関連記事

  1. Other Brand Putters

    2018.05.3

    Other Brand Putters

    ここではその他のブランドのカスタマイズしたパターの作品集を紹介します。カスタマイズオーダー時の参考に…

    Other Brand Putters
  2. Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話

    2018.06.6

    Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話

    以前 Scotty Cameron 氏にインタビューした時、NEWPORT のサイトラインの話を聞い…

    Scotty Cameron 氏に聞いたサイトラインの話
  3. CAPTO 検証5 トウアップ/ヒールアップ

    2020.05.1

    CAPTO 検証5 トウアップ/ヒールアップ

    今日はトウアップ、ヒールアップ時のデータを比較してみました。このアドレス(インパクト)で…

    CAPTO 検証5 トウアップ/ヒールアップ
  4. 悪いイメージは忘れる

    2020.04.30

    悪いイメージは忘れる

    最近こんな話をしていることが多いですが、パッティングはもちろんメカニカルな部分も大事ではあります…

    悪いイメージは忘れる
  5. ショートパットを確実に入れるために その1

    2019.11.5

    ショートパットを確実に入れるために その1

    ショートパットに悩んでいる方が結構いらっしゃいます。パッティングストローク分析ではショート…

    ショートパットを確実に入れるために その1
  6. 長尺パター復活のための下準備 1

    2020.07.7

    長尺パター復活のための下準備 1

    長尺用のグリップが準備できたので、色々準備を始めました。まず最初に現状のスペック計測。…

    長尺パター復活のための下準備 1
  7. 打感の柔らかいパターのロフト設定

    2019.10.2

    打感の柔らかいパターのロフト設定

    パターの調整をされる方で ODYSSEY のように樹脂の柔らかいインサートが入ったパターを調整され…

    打感の柔らかいパターのロフト設定
  8. ボールにライン 応用編

    2020.04.2

    ボールにライン 応用編

    ストローク分析にいらした方で、ボールに線を入れているという方にはお話ししている内容です。…

    ボールにライン 応用編
  9. ボールがつかまりすぎる原因

    2020.01.14

    ボールがつかまりすぎる原因

    どうしても思ったより左に行ってしまうというときに考えるべきことがあります。一つはフェース…

    ボールがつかまりすぎる原因

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP