最近色々なメーカーがパターに採用しているシャフトを見ると、かなり研究されているなという印象を持つものが結構あります。

PING の細いシャフト、ODYSSEY の STROKE LAB の専用シャフトなど結構変わったものがあります。

市販されているシャフトは多分種類はそれほどないと思うのですが、全てを打ったことがあるわけではありません。重いスチールシャフトや、スチールシャフトのように重いカーボンシャフトなどは打ったことがありますが、シャフトによる打った時の感触の変化は結構あります。

PING の細いシャフトはかなりしなる印象があります。この感触はカーボンシャフトの柔らかいシャフトを作っているフジクラのMC Putter でも味わうことができます。

重いスチール、重いカーボンは共にかなりシャフトがしっかりしてしまうので、シャフトのしなりは全く感じない(元々しなるほど振ることはありませんが…)。

そしてストロークラボのシャフトはスチールとカーボンの複合シャフト、そして軽量です。

こうやっていろいろ自分の知らないテクノロジーがシャフトにも及んできているようなので、これから少しどんなものか徐々に試していきたいと思っています。

  • コメント: 10

関連記事

  1. 左目の下にボールは絶対か?

    2019.12.2

    左目の下にボールは絶対か?

    アドレスで左目の下にボールがあると良いということを知っている方は結構いらっしゃいます。ただ…

    左目の下にボールは絶対か?
  2. ライ角調整ができないパター

    2019.11.12

    ライ角調整ができないパター

    先日ライ角調整を依頼されたパターで頑張っても1度くらいしか曲がらないパターがありました。ラ…

    ライ角調整ができないパター
  3. ソール面にも角度があります

    2019.10.10

    ソール面にも角度があります

    パターの種類やそのパターのコンセプトによって違いますが、パターのソール面には角度があります。…

    ソール面にも角度があります
  4. ライ角/ロフト角調整時の注意 その3

    2020.03.11

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その3

    今日は3回目、最後の話になります。今回の話はパターの種類や形状、シャフトの種類によってラ…

    ライ角/ロフト角調整時の注意 その3
  5. 課題は一つずつ解決していく

    2019.08.20

    課題は一つずつ解決していく

    先日はあれこれ考えないという話をしましたが、それに通ずる話があります。それはパッティング練…

    課題は一つずつ解決していく
  6. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道
  7. マレット型が合うタイプ

    2018.12.27

    マレット型が合うタイプ

    今回はちょっと違うアプローチでマレット型が合う人はどんな人なのか考えてみました。マレット型と…

    マレット型が合うタイプ
  8. 真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    2019.07.22

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?

    よく自分のストロークをこう表現する方がいらっしゃいます。イメージとしてはフェースの向きが変…

    真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す?
  9. 体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    2018.11.5

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認

    自宅にパッティングミラーがあればいいのですが、なかなかそれを持っている人は少ないと思います。…

    体重のかかり方、ボールからの距離の確認

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP