ショートパットはこれまでのロングパット、ミドルパットと違って入れたいという意識が強くなりますし、考えることも多くなります。

それは入れなくてはいけないという状況になっているからというのも要因となっているわけです。

ですがそうやって考えれば考えるほど動きはスムーズではなくなり、予想もしないような動きをしてしまったりします。

私の場合ショートパットはよりシンプルに考えるようにしています。これはもしかしたら万人には合わないかもしれませんのでその辺は少し含んだ状態でお聞きください。

ここ1年以上どうしても入れたいショートパットのときに考えるのは「リズム(テンポ)」だけです。

これができていれば自分の中では良いストロークができると思い込んでいるところがあって、これだけを気をつけてやっています。

どっちに引こうとかフェースの向きをどう意識しようとか、顔が上がらないようにとか気をつけることが多いほど自分の本来の動きができなくなってきてしまいます。

ですので、なるべくシンプルにリズム(テンポ)だけを気をつけるようにしたんです。そうしたら結構ショートパットの入る確率が上がってきました。

一生懸命たくさん練習をしている人ほど、ストロークを複雑にしてしまっていることが多くなります。なるべくシンプルに考えてみると少し楽になりますし、自分が動きたい動きが見えてきます。

  • コメント: 2

関連記事

  1. ストローク中に止める場所

    2019.12.11

    ストローク中に止める場所

    最近体がぶれないためにどこを動かさない意識でやるのが良いか色々考えています。ただ止めてしま…

    ストローク中に止める場所
  2. フォローを必要以上に出さないために その1

    2020.01.22

    フォローを必要以上に出さないために その1

    先日パッティングストロークの分析をしていて小さいテークバックから、かなり大きなフォローを出す人が…

    フォローを必要以上に出さないために その1
  3. ほとんどの人が動いている右膝

    2018.11.28

    ほとんどの人が動いている右膝

    パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。…

    ほとんどの人が動いている右膝
  4. パターのシャフトはまだまだ研究不足

    2019.01.23

    パターのシャフトはまだまだ研究不足

    最近色々なメーカーがパターに採用しているシャフトを見ると、かなり研究されているなという印象を持つもの…

    パターのシャフトはまだまだ研究不足
  5. パット数を数えていますか?

    2018.12.7

    パット数を数えていますか?

    パット数といってもいろいろな数え方があります。グリーン上で打ったパット数だけを数える方法と、…

    パット数を数えていますか?
  6. テークバックの時の意識

    2019.07.12

    テークバックの時の意識

    パッティングでテークバックのイメージについて聞かれることがあります。その時に答えるのは右利…

    テークバックの時の意識
  7. ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    2018.10.16

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法

    私の場合ストローク軌道が悪い状態になるとインに引きすぎてしまいます。インに引いて主に起こるのはプッシ…

    ストローク軌道を修正する意外に簡単な方法
  8. 下りのパットは思ったより曲がらない

    2019.07.29

    下りのパットは思ったより曲がらない

    ご存知の方も多いかと思いますが、知らない方もいらっしゃると思いますので書いておきます。ファ…

    下りのパットは思ったより曲がらない
  9. 腹圧を上げて右膝をロック

    2020.04.6

    腹圧を上げて右膝をロック

    手打ちにならないために意識するところを色々考えているのですが、表題のイメージが意外とわかりやすい…

    腹圧を上げて右膝をロック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP