ショートパットはこれまでのロングパット、ミドルパットと違って入れたいという意識が強くなりますし、考えることも多くなります。

それは入れなくてはいけないという状況になっているからというのも要因となっているわけです。

ですがそうやって考えれば考えるほど動きはスムーズではなくなり、予想もしないような動きをしてしまったりします。

私の場合ショートパットはよりシンプルに考えるようにしています。これはもしかしたら万人には合わないかもしれませんのでその辺は少し含んだ状態でお聞きください。

ここ1年以上どうしても入れたいショートパットのときに考えるのは「リズム(テンポ)」だけです。

これができていれば自分の中では良いストロークができると思い込んでいるところがあって、これだけを気をつけてやっています。

どっちに引こうとかフェースの向きをどう意識しようとか、顔が上がらないようにとか気をつけることが多いほど自分の本来の動きができなくなってきてしまいます。

ですので、なるべくシンプルにリズム(テンポ)だけを気をつけるようにしたんです。そうしたら結構ショートパットの入る確率が上がってきました。

一生懸命たくさん練習をしている人ほど、ストロークを複雑にしてしまっていることが多くなります。なるべくシンプルに考えてみると少し楽になりますし、自分が動きたい動きが見えてきます。

  • コメント: 2

関連記事

  1. ライ角調整をしていると…

    2019.07.31

    ライ角調整をしていると…

    パッティングストロークの分析をして、最適なライ角がみつかりその場で調整ということは結構あります。…

    ライ角調整をしていると…
  2. 軟鉄素材とステンレス素材の違い

    2018.12.11

    軟鉄素材とステンレス素材の違い

    先日久しぶりに軟鉄ヘッドに銅メッキを施した duckbill golf Rocker Sole Re…

    軟鉄素材とステンレス素材の違い
  3. Too much(やりすぎ) はダメ

    2018.10.4

    Too much(やりすぎ) はダメ

    Too much(やりすぎ) はゴルフには禁物です。ゴルフでのやりすぎにはいろいろなものがあ…

    Too much(やりすぎ) はダメ
  4. 良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    2019.03.19

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト

    ハンドファーストの仕方には良い方法と悪い方法があります。ハンドファーストというのはヘッドの…

    良いハンドファースト、悪いハンドファースト
  5. 小さいテークバックで良いことはありません

    2019.06.3

    小さいテークバックで良いことはありません

    パッティングストローク分析をするときに、フリーで打ってもらって色々な考えをお聞きします。そ…

    小さいテークバックで良いことはありません
  6. duckbill golf Putters

    2018.05.3

    duckbill golf Putters

    ここでは duckbill golf のオリジナルパターの作品集を紹介します。duckbill go…

    duckbill golf Putters
  7. パッティングは引きずらないこと

    2019.04.2

    パッティングは引きずらないこと

    パターがうまくいかない人の多くは一度のミスを次のパットに引きずってしまっています。普段通り…

    パッティングは引きずらないこと
  8. パッティングストローク分析をしていて感じること

    2018.05.27

    パッティングストローク分析をしていて感じること

    これまでたくさんのアマチュアゴルファー、プロゴルファーのパッティングストローク分析をしてきました。…

    パッティングストローク分析をしていて感じること
  9. STABILITY Shaft 実験1

    2019.06.13

    STABILITY Shaft 実験1

    先日 ANSERFREAK で紹介したパター用のシャフト「STABILITY Shaft」の色々な…

    STABILITY Shaft 実験1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP