パッティングストロークの分析にいらして、自分にどんなパターが合うかを知りたいという方が結構いらっしゃいます。

メーカーが行うパターフィッティングは、そのメーカーが売っているものの中から、あるパラメーターを参考にして選んでいるのが現状です。

自分がしているストロークに合うパターを勧めると言うのが一般的な流れです。それを決めるために関連づけているのは、パターの重心角とストロークのアークです。

重心角が大きければ、スイングアークはインサイドインが強くなりやすく、重心角が小さければインサイドインが弱くなります。

それによって、インサイドインが強くなればフェースの開閉も大きくなり、逆にインサイドインが弱くなればフェースの開閉が小さくなります。

それを今しているストロークと重ねて検討した結果を元に合うパターとして勧めているのがメーカーのパターフィッティングです。

ただ私の考えではパッティングの軌道や開閉はパターに任せて身体を動かしていれば勝手に変わるものだと思っていますので、パターは使いたいパターを使うというのがいいと思っています。

ただしそのパターを使って出ているミスがパターを変えることで改善できそうであればお勧めすることもあります。ですので、持っていてかっこいい、テンションがあがるパターを使うことを勧める場合が多いです。

  • コメント: 7

関連記事

  1. カップを見ながら打ってみる

    2019.01.11

    カップを見ながら打ってみる

    距離感が合わないという話をよく聞きますが、距離感を練習で養うのはなかなか難しいです。そんな人…

    カップを見ながら打ってみる
  2. 障害物を置いて練習

    2019.01.25

    障害物を置いて練習

    自分がどんな軌道でストロークをしているのか?パッティングストローク分析をするとそれが手に取る…

    障害物を置いて練習
  3. フォローでの左肘

    2019.03.18

    フォローでの左肘

    フォローで左の肘を抜いてしまう人が結構います。肘を抜くというのは、肘が体から離れていってし…

    フォローでの左肘
  4. 「決めたら打つ」って良い言葉

    2019.08.7

    「決めたら打つ」って良い言葉

    全英女子オープンを制した渋野プロのインタビューで印象的な言葉がこの「決めたら打つ」です。良…

    「決めたら打つ」って良い言葉
  5. 入らないことはミスではないことも

    2020.03.4

    入らないことはミスではないことも

    パッティングは他のショットと違うところがあります。それは穴に入れるという明確な目的があることです…

    入らないことはミスではないことも
  6. アドレスの時の顎の位置を考える

    2019.08.6

    アドレスの時の顎の位置を考える

    パッティングのアドレスの時の体重のかけ方については何回かに分けてお話ししましたが、今日は顎の位置に…

    アドレスの時の顎の位置を考える
  7. マレット型が合うタイプ

    2018.12.27

    マレット型が合うタイプ

    今回はちょっと違うアプローチでマレット型が合う人はどんな人なのか考えてみました。マレット型と…

    マレット型が合うタイプ
  8. ショートパットを確実に入れるために その3

    2019.11.7

    ショートパットを確実に入れるために その3

    ショートパットを確実に入れるための方法の3回目です。今回はパッティングはリズムが重要という…

    ショートパットを確実に入れるために その3
  9. 自分にどんなパターが合っているか?

    2019.07.10

    自分にどんなパターが合っているか?

    このお題は何回かやっていますが、これにはなかなか明確な答えがありません。ラウンド中30回以…

    自分にどんなパターが合っているか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP