今回は一番簡単な打点についてチェックしてみました。

SAM PuttLab(SPL) と M-Tracer(M-Tr) の7ストローク分の打点のデータは以下の通りでした。

1. SPL/ 5.16mm – M-Tr/7.3mm (差は2.14)
2. SPL/ 3.97mm – M-Tr/7.7mm (差は3.73)
3. SPL/ 0.14mm – M-Tr/2.2mm (差は2.06)
4. SPL/ 4.60mm – M-Tr/6.2mm (差は1.60)
5. SPL/ 4.07mm – M-Tr/6.6mm (差は2.53)
6. SPL/ -1.51mm – M-Tr/2.3mm (差は3.81)
7. SPL/ 2.13mm – M-Tr/2.8mm (差は0.67)

こうやって並べてみると結構違っていますが、M-Tracer の「0」合わせ(キャリブレーション)がどうされているかがわかれば、補正はできそうです。SAM PuttLab は計測前に必ずキャリブレーションをしていますので、正確に測定できていると思います。

結構違ってはいますが、今回の私のストロークデータにおける傾向はだいたい同じように出ていますので、まずまずだとは思います。

この項目についてはもう少し色々試して検証してみようと思っています。

  • コメント: 0

関連記事

  1. アドレス時の前後の体重のかけ方

    2018.08.15

    アドレス時の前後の体重のかけ方

    アドレスしている時の重心がどこにあるか意識したことはありますか?これはつま先よりになり過ぎてもだめで…

    アドレス時の前後の体重のかけ方
  2. パターグリップをどう選ぶか?

    2018.06.22

    パターグリップをどう選ぶか?

    みなさんどうやってグリップを選んでいますか?今回はグリップを選ぶ際の注意点についてお話ししたいと思い…

    パターグリップをどう選ぶか?
  3. ショットの縮図のパッティング

    2019.03.20

    ショットの縮図のパッティング

    パッティングストロークの分析での最初の打ちながらのヒアリングで、ショットについてのことを聞くことが…

    ショットの縮図のパッティング
  4. クロウグリップのメリットは?

    2018.07.26

    クロウグリップのメリットは?

    先日の全英オープンは久しぶりに面白かったですね。タイガー・ウッズが上位にいたので、いつもなら途中で寝…

    クロウグリップのメリットは?
  5. ほとんどの人が動いている右膝

    2018.11.28

    ほとんどの人が動いている右膝

    パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。…

    ほとんどの人が動いている右膝
  6. 打点の意識と縦の軌道

    2018.11.19

    打点の意識と縦の軌道

    少し前にボールの横に電池を置いて、フェースの下の方で打つ感覚を養う練習について話しました。そ…

    打点の意識と縦の軌道
  7. パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2

    2018.06.12

    パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2

    パターヘッドの重量は色々なものがあります。通常の34インチ前後の長さのパターにおいて軽い物は320g…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2
  8. 近過ぎるボールとの距離

    2019.03.11

    近過ぎるボールとの距離

    ストローク分析をする際に最初にフリーで打っていただいて色々観察させていただくのですが、ボールとの距…

    近過ぎるボールとの距離
  9. 利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    2018.09.3

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

    フェースを真っ直ぐに向けるイメージは人によって作り方が異なります。自分の場合は間違いなく利き…

    利き手の手の平なのか?反対の手の甲なのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP