今回は一番簡単な打点についてチェックしてみました。

SAM PuttLab(SPL) と M-Tracer(M-Tr) の7ストローク分の打点のデータは以下の通りでした。

1. SPL/ 5.16mm – M-Tr/7.3mm (差は2.14)
2. SPL/ 3.97mm – M-Tr/7.7mm (差は3.73)
3. SPL/ 0.14mm – M-Tr/2.2mm (差は2.06)
4. SPL/ 4.60mm – M-Tr/6.2mm (差は1.60)
5. SPL/ 4.07mm – M-Tr/6.6mm (差は2.53)
6. SPL/ -1.51mm – M-Tr/2.3mm (差は3.81)
7. SPL/ 2.13mm – M-Tr/2.8mm (差は0.67)

こうやって並べてみると結構違っていますが、M-Tracer の「0」合わせ(キャリブレーション)がどうされているかがわかれば、補正はできそうです。SAM PuttLab は計測前に必ずキャリブレーションをしていますので、正確に測定できていると思います。

結構違ってはいますが、今回の私のストロークデータにおける傾向はだいたい同じように出ていますので、まずまずだとは思います。

この項目についてはもう少し色々試して検証してみようと思っています。

  • コメント: 5

関連記事

  1. ボールの赤道より上を打つ?

    2018.11.29

    ボールの赤道より上を打つ?

    最近ボールの転がりをよくするとかで、「赤道より上をフェースの下(リーディングエッジ)で打つ」なんて言…

    ボールの赤道より上を打つ?
  2. 調子のいい時の状態を知っておく

    2019.04.16

    調子のいい時の状態を知っておく

    パッティングが調子が悪いというときにストローク分析に来られる方が多いのですが、調子の良い時のデータ…

    調子のいい時の状態を知っておく
  3. アドレスでのハンドファーストの度合い

    2019.03.1

    アドレスでのハンドファーストの度合い

    パッティングストロークの分析をしていて、表題のハンドファーストの度合いを聞かれることがよくあります…

    アドレスでのハンドファーストの度合い
  4. Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

    2018.06.14

    Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

    この話も直接 Scotty Cameron 氏からお聞きした話です。Tiger Woods …

    Tiger Woods のパターがサイトドットの理由
  5. ラウンド中に打ち方を変える

    2019.01.9

    ラウンド中に打ち方を変える

    パッティングが調子悪くて普段やらないことを急にやるのは難しいです。ですが普段から練習していてその打ち…

    ラウンド中に打ち方を変える
  6. パターのシャフトを重くする効果

    2018.07.12

    パターのシャフトを重くする効果

    パター用のシャフトに色々種類があるのはご存知でしょうか?ウッドやアイアンはシャフト交換という…

    パターのシャフトを重くする効果
  7. 不安定な動きには原因がある

    2019.03.7

    不安定な動きには原因がある

    パッティングストロークにおいて不安定になっている要素にはそれぞれ原因があります。例えばイン…

    不安定な動きには原因がある
  8. ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

    2018.07.27

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1

    ショルダーストロークを正しく理解できている人がどれだけいるでしょうか?もちろん自分もつい最近まで理解…

    ショルダーストロークを正しく理解する練習グッズ1
  9. パット数を数えていますか?

    2018.12.7

    パット数を数えていますか?

    パット数といってもいろいろな数え方があります。グリーン上で打ったパット数だけを数える方法と、…

    パット数を数えていますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP