今回はちょっと違うアプローチでマレット型が合う人はどんな人なのか考えてみました。

マレット型というと一般的にストロークをゆったりして、インパクトが無いうち方をする人に会うという感じになりますが、マレット型と呼ばれるパターには色々な特性があります。

まず一番はブレード型と呼ばれるパターよりもアドレスを作りやすいということです。ヘッドを置いて構えるだけでフェースの向きをあまり気にする必要が無い感じになります。

それは単にソールの面積が広いからであり、大型マレットになるとさらにそのすわりは良くなります。

それとシャフトが直接ヘッドに入っているタイプのマレット型であれば、重心が低いのも特徴になります。一方難しいと思われることが多いブレードタイプの重心は高めで、良いところで打つのが難しくなります。

地面から少し浮いたところで当たっても(当たった時の方が)、転がりの良い球が出やすくなります。そしてフェースバランスになっているものが多いので、テークバックでヘッドがオープンになりにくいです。

ですので、真っ直ぐ引いて真っ直ぐに出すというイメージが出しやすいパターになります。「真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す」という動きをやりたいという人が多いのでそれをやりやすいパターなのでマレット型はやさしく感じるのかもしれません。

  • コメント: 9

関連記事

  1. フェースバランスのパターでプッシュ

    2019.05.31

    フェースバランスのパターでプッシュ

    私も経験があるのですが、フェースバランスのパターや大型ヘッドのパターを使うとプッシュアウトのミスが…

    フェースバランスのパターでプッシュ
  2. 自分がどう動かそうとしているかの確認

    2018.10.24

    自分がどう動かそうとしているかの確認

    パッティングストロークの分析を受けに来ていただいた方には、必ず最初に打っていただきながらどんなイメー…

    自分がどう動かそうとしているかの確認
  3. アマラインに外れてませんか?

    2019.03.28

    アマラインに外れてませんか?

    先日のラウンドで思ったことなのですが、アマラインにばかり外れる人がいました。アマラインとい…

    アマラインに外れてませんか?
  4. SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」

    2018.09.10

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフ…

    今回はロフト角とライ角の決定です。ここは転がりに影響する一番重要なところです。このスペックの…

    SUS303 Rocker Sole Remake を作る 3 「ロフト角/ライ角」
  5. パッティングでのグリップの持ち方を考える

    2018.08.14

    パッティングでのグリップの持ち方を考える

    パッティングでのグリップの持ち方は人それぞれで正解はありません。ですが、自分のやろうとしていることや…

    パッティングでのグリップの持ち方を考える
  6. フェースバランスだから易しい?

    2020.03.27

    フェースバランスだから易しい?

    ストローク分析にいらっしゃる方に話を聞くと、大きいヘッドでフェースバランスだと易しいと思っている…

    フェースバランスだから易しい?
  7. パターマットを広げて

    2020.05.22

    パターマットを広げて

    久しぶりに部屋で練習しました。家で練習するなら常にパターマットは出てないとダメですね。なか…

    パターマットを広げて
  8. ボールの赤道より上はダメ

    2019.10.4

    ボールの赤道より上はダメ

    だれかが「ボールの赤道より上をリーディングエッジで打つ」なんて言う表現をするから、本当にそう打って…

    ボールの赤道より上はダメ
  9. 悪いイメージは忘れる

    2020.04.30

    悪いイメージは忘れる

    最近こんな話をしていることが多いですが、パッティングはもちろんメカニカルな部分も大事ではあります…

    悪いイメージは忘れる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP