今回はちょっと違うアプローチでマレット型が合う人はどんな人なのか考えてみました。

マレット型というと一般的にストロークをゆったりして、インパクトが無いうち方をする人に会うという感じになりますが、マレット型と呼ばれるパターには色々な特性があります。

まず一番はブレード型と呼ばれるパターよりもアドレスを作りやすいということです。ヘッドを置いて構えるだけでフェースの向きをあまり気にする必要が無い感じになります。

それは単にソールの面積が広いからであり、大型マレットになるとさらにそのすわりは良くなります。

それとシャフトが直接ヘッドに入っているタイプのマレット型であれば、重心が低いのも特徴になります。一方難しいと思われることが多いブレードタイプの重心は高めで、良いところで打つのが難しくなります。

地面から少し浮いたところで当たっても(当たった時の方が)、転がりの良い球が出やすくなります。そしてフェースバランスになっているものが多いので、テークバックでヘッドがオープンになりにくいです。

ですので、真っ直ぐ引いて真っ直ぐに出すというイメージが出しやすいパターになります。「真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す」という動きをやりたいという人が多いのでそれをやりやすいパターなのでマレット型はやさしく感じるのかもしれません。

  • コメント: 6

関連記事

  1. パターグリップをどう選ぶか?

    2018.06.22

    パターグリップをどう選ぶか?

    みなさんどうやってグリップを選んでいますか?今回はグリップを選ぶ際の注意点についてお話ししたいと思い…

    パターグリップをどう選ぶか?
  2. ショートパットで考えること

    2019.01.22

    ショートパットで考えること

    ショートパットはこれまでのロングパット、ミドルパットと違って入れたいという意識が強くなりますし、考え…

    ショートパットで考えること
  3. 万人向けの練習グッズはありませんが…

    2018.07.13

    万人向けの練習グッズはありませんが…

    世の中にはたくさんの練習グッズがあり、それぞれ開発者の意図する使い方があります。ですがそれをきちんと…

    万人向けの練習グッズはありませんが…
  4. パット数を数えていますか?

    2018.12.7

    パット数を数えていますか?

    パット数といってもいろいろな数え方があります。グリーン上で打ったパット数だけを数える方法と、…

    パット数を数えていますか?
  5. アッパー軌道の間違った認識

    2019.04.15

    アッパー軌道の間違った認識

    パッティングストローク分析に来ていただいた方に質問することがあります。それは自分が考える理…

    アッパー軌道の間違った認識
  6. ミドルパット vs ショートパット 2/2

    2018.05.31

    ミドルパット vs ショートパット 2/2

    前回は3mのパットの時と、1mのパットの時のデータを比較してみましたが特にミスが出そうな数値は見出せ…

    ミドルパット vs ショートパット 2/2
  7. パッティングでグリップを握る強さは?

    2018.06.15

    パッティングでグリップを握る強さは?

    よくグリップを握る強さについて聞かれることがあります。この質問に対しては即答で「しっかり握ってくださ…

    パッティングでグリップを握る強さは?
  8. フェースの素材とボール

    2019.02.25

    フェースの素材とボール

    ボールの種類によってドライバーのつかまりが変わったりしますが、パターのフェース面の素材と、ボールに…

    フェースの素材とボール
  9. ボールの赤道より上を打つ?

    2018.11.29

    ボールの赤道より上を打つ?

    最近ボールの転がりをよくするとかで、「赤道より上をフェースの下(リーディングエッジ)で打つ」なんて言…

    ボールの赤道より上を打つ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP