今回はちょっと違うアプローチでマレット型が合う人はどんな人なのか考えてみました。

マレット型というと一般的にストロークをゆったりして、インパクトが無いうち方をする人に会うという感じになりますが、マレット型と呼ばれるパターには色々な特性があります。

まず一番はブレード型と呼ばれるパターよりもアドレスを作りやすいということです。ヘッドを置いて構えるだけでフェースの向きをあまり気にする必要が無い感じになります。

それは単にソールの面積が広いからであり、大型マレットになるとさらにそのすわりは良くなります。

それとシャフトが直接ヘッドに入っているタイプのマレット型であれば、重心が低いのも特徴になります。一方難しいと思われることが多いブレードタイプの重心は高めで、良いところで打つのが難しくなります。

地面から少し浮いたところで当たっても(当たった時の方が)、転がりの良い球が出やすくなります。そしてフェースバランスになっているものが多いので、テークバックでヘッドがオープンになりにくいです。

ですので、真っ直ぐ引いて真っ直ぐに出すというイメージが出しやすいパターになります。「真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す」という動きをやりたいという人が多いのでそれをやりやすいパターなのでマレット型はやさしく感じるのかもしれません。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 何故突然パンチが入るのか?

    2018.10.10

    何故突然パンチが入るのか?

    ショートパットでソフトに打てないという方が結構いらっしゃいます。ショートパットですのでテーク…

    何故突然パンチが入るのか?
  2. 自分に合っているパターとは?

    2018.06.1

    自分に合っているパターとは?

    この質問はパッティングストロークの分析をしていてよく聞かれる質問です。一般的にはフェースロー…

    自分に合っているパターとは?
  3. アドレスでのハンドファーストの度合い

    2019.03.1

    アドレスでのハンドファーストの度合い

    パッティングストロークの分析をしていて、表題のハンドファーストの度合いを聞かれることがよくあります…

    アドレスでのハンドファーストの度合い
  4. パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2

    2018.06.12

    パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2

    パターヘッドの重量は色々なものがあります。通常の34インチ前後の長さのパターにおいて軽い物は320g…

    パターヘッドの重量・バランスを考える 1/2
  5. パッティング練習グッズ 「Pro Putt」

    2018.10.15

    パッティング練習グッズ 「Pro Putt」

    「Pro Putt」 という練習グッズをご存知でしょうか?これ簡単な練習グッズですが、かなり効果がす…

    パッティング練習グッズ 「Pro Putt」
  6. 自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    2018.06.8

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2

    前回は長いこと、短いことによるデメリットについてお話ししました。ではそうならないために自分に合った長…

    自分に合った長さを見つけるには? 2/2
  7. ボールを置く位置が左過ぎないか?

    2018.10.12

    ボールを置く位置が左過ぎないか?

    みなさんボールを置く位置はある程度一定になっている方が多いです。ですが、そこに置いているからいつも同…

    ボールを置く位置が左過ぎないか?
  8. 遠過ぎるボールとの距離

    2019.03.13

    遠過ぎるボールとの距離

    先日近すぎるボールとの距離についてお話ししましたが、今日はその逆の遠すぎるボール位置についてです。…

    遠過ぎるボールとの距離
  9. シャフトを重くすると… その1

    2018.10.31

    シャフトを重くすると… その1

    パターのシャフトを重くしてみたいと思っている人は多いかと思います。みなさんが期待しているのは…

    シャフトを重くすると… その1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP