今回はちょっと違うアプローチでマレット型が合う人はどんな人なのか考えてみました。

マレット型というと一般的にストロークをゆったりして、インパクトが無いうち方をする人に会うという感じになりますが、マレット型と呼ばれるパターには色々な特性があります。

まず一番はブレード型と呼ばれるパターよりもアドレスを作りやすいということです。ヘッドを置いて構えるだけでフェースの向きをあまり気にする必要が無い感じになります。

それは単にソールの面積が広いからであり、大型マレットになるとさらにそのすわりは良くなります。

それとシャフトが直接ヘッドに入っているタイプのマレット型であれば、重心が低いのも特徴になります。一方難しいと思われることが多いブレードタイプの重心は高めで、良いところで打つのが難しくなります。

地面から少し浮いたところで当たっても(当たった時の方が)、転がりの良い球が出やすくなります。そしてフェースバランスになっているものが多いので、テークバックでヘッドがオープンになりにくいです。

ですので、真っ直ぐ引いて真っ直ぐに出すというイメージが出しやすいパターになります。「真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す」という動きをやりたいという人が多いのでそれをやりやすいパターなのでマレット型はやさしく感じるのかもしれません。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 狙う方向のイメージを変えるだけでも

    2018.11.30

    狙う方向のイメージを変えるだけでも

    パッティングストロークの分析をしていて出てくるデータに打ち出し方向(角度)があります。以前も…

    狙う方向のイメージを変えるだけでも
  2. ボールにラインを十字に入れる

    2018.11.16

    ボールにラインを十字に入れる

    以前も話題にしたことがあるかもしれませんが、ボールにラインを入れる話です。今回は真っ直ぐのラ…

    ボールにラインを十字に入れる
  3. ほとんどの人が動いている右膝

    2018.11.28

    ほとんどの人が動いている右膝

    パッティングストロークの分析をしていると、ほとんどの方が下半身(膝)が動いてしまっています。…

    ほとんどの人が動いている右膝
  4. パット数を数えていますか?

    2018.12.7

    パット数を数えていますか?

    パット数といってもいろいろな数え方があります。グリーン上で打ったパット数だけを数える方法と、…

    パット数を数えていますか?
  5. フェースミーリングと打感の関係

    2018.08.2

    フェースミーリングと打感の関係

    よくゴルフクラブは打感がどうと言う話が出てきますね。その中でもパターに関しては好きな打感というのが存…

    フェースミーリングと打感の関係
  6. フェース向きのコントロールの練習 2

    2018.08.7

    フェース向きのコントロールの練習 2

    今日はスクエアインパクトを練習する簡単な方法を紹介します。使うのはこれです。名刺が入…

    フェース向きのコントロールの練習 2
  7. ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    2018.07.3

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編

    まずは簡単に違いがわかるところから見ていきましょう。1カップ左、および右の角度は先日のタンジ…

    ショートパットのミスを知る実験 打ち出し方向編
  8. 超難しい練習グッズ

    2018.12.4

    超難しい練習グッズ

    先日やってみた練習グッズがどうにも難しくて練習になっているのかどうかわからないほどだったので紹介しま…

    超難しい練習グッズ
  9. Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

    2018.06.14

    Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

    この話も直接 Scotty Cameron 氏からお聞きした話です。Tiger Woods …

    Tiger Woods のパターがサイトドットの理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP