今回はちょっと違うアプローチでマレット型が合う人はどんな人なのか考えてみました。

マレット型というと一般的にストロークをゆったりして、インパクトが無いうち方をする人に会うという感じになりますが、マレット型と呼ばれるパターには色々な特性があります。

まず一番はブレード型と呼ばれるパターよりもアドレスを作りやすいということです。ヘッドを置いて構えるだけでフェースの向きをあまり気にする必要が無い感じになります。

それは単にソールの面積が広いからであり、大型マレットになるとさらにそのすわりは良くなります。

それとシャフトが直接ヘッドに入っているタイプのマレット型であれば、重心が低いのも特徴になります。一方難しいと思われることが多いブレードタイプの重心は高めで、良いところで打つのが難しくなります。

地面から少し浮いたところで当たっても(当たった時の方が)、転がりの良い球が出やすくなります。そしてフェースバランスになっているものが多いので、テークバックでヘッドがオープンになりにくいです。

ですので、真っ直ぐ引いて真っ直ぐに出すというイメージが出しやすいパターになります。「真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す」という動きをやりたいという人が多いのでそれをやりやすいパターなのでマレット型はやさしく感じるのかもしれません。

  • コメント: 9

関連記事

  1. 爪先でも踵でもない

    2019.08.1

    爪先でも踵でもない

    アドレス時の体重がかかる位置は爪先でもないですし踵でもありません。パッティングストローク分…

    爪先でも踵でもない
  2. 意外とヘッドアップしてた

    2019.06.7

    意外とヘッドアップしてた

    最近スマホのカメラの機能が良くなっていますね。ビデオの機能もスローモーションができたりして…

    意外とヘッドアップしてた
  3. ストローク分析@AFTER GOLF(栃木/佐野)

    2019.11.28

    ストローク分析@AFTER GOLF(栃木/佐野)

    ちょっと今日は告知です。四谷にあるトータルゴルフフィットネスさんではずっと出張ストローク分析をさせ…

    ストローク分析@AFTER GOLF(栃木/佐野)
  4. つま先の向きを利用する

    2019.05.14

    つま先の向きを利用する

    これはショットでもいえるのですが、つま先がどちらを向いているかは体の動きに影響を与えます。…

    つま先の向きを利用する
  5. インパクト後の余計な動き

    2018.11.8

    インパクト後の余計な動き

    結構このインパクト後の余計な動きをされる方が多いです。この余計な動きが自分が行きたくない方向…

    インパクト後の余計な動き
  6. 直さなくてもいい事もある

    2020.03.3

    直さなくてもいい事もある

    ストローク分析をしていて、ここは修正した方が良いと思う点と、ここはそのままでいいと思う点がありま…

    直さなくてもいい事もある
  7. ショットの縮図のパッティング

    2019.03.20

    ショットの縮図のパッティング

    パッティングストロークの分析での最初の打ちながらのヒアリングで、ショットについてのことを聞くことが…

    ショットの縮図のパッティング
  8. カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2

    2018.06.20

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2

    今日は実際のデータをお見せします。その前にまずは前回の3パターンを図にして、カップの中心からのずれが…

    カップまでの距離とカップインするための打ち出し方向の関係 2/2
  9. ボールの赤道より上はダメ

    2019.10.4

    ボールの赤道より上はダメ

    だれかが「ボールの赤道より上をリーディングエッジで打つ」なんて言う表現をするから、本当にそう打って…

    ボールの赤道より上はダメ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP