ショットでも同じなのですが、直前のミスの記憶が次のショットやパットに影響を与えることがあります。

直前のストロークミスを改善しようとして、普段の動きに戻るどころか意識し過ぎてしまうことがよくあります。

私の場合ですが、こういう邪念がよぎりそうなときはなるべくパッティングストロークをシンプルに考えるようにしています。

こうするようになってからショートパットのミスがかなり減らせたと思っています。

私の場合はショートパットのミスはプッシュアウト。それを気にし過ぎて次は左引っ掛け…。どうしても同じミスをしたくないと思ってしまっていたんです。

ですが最近は考え方を変えて、こう思ってストロークをすればミスをするはずがないと思うストロークを見つけて、そのストロークの仕方をなるべくシンプルにまとめることにしました。

これは人それぞれだと思いますが、私の場合は腕は「無」にして、体で動く(ショルダーストローク)でした。これはどうやってテークバックしようとか、どうやってフォローを出そうとか言う意識は一切ありません。

なにかいつもの自分と違うなと思った時にふと我に戻れる場所を探しておきたいです。その戻った場所の感覚でパッティング練習すると練習がより効果的です。

  • コメント: 6

関連記事

  1. 近過ぎるボールとの距離

    2019.03.11

    近過ぎるボールとの距離

    ストローク分析をする際に最初にフリーで打っていただいて色々観察させていただくのですが、ボールとの距…

    近過ぎるボールとの距離
  2. 下半身を動かさない意識

    2019.04.19

    下半身を動かさない意識

    パッティングストローク分析をしていると、下半身(特に後ろ足の膝)が動く人がかなりいます。膝…

    下半身を動かさない意識
  3. テークバックの時の意識

    2019.07.12

    テークバックの時の意識

    パッティングでテークバックのイメージについて聞かれることがあります。その時に答えるのは右利…

    テークバックの時の意識
  4. ソールに鉛は注意が必要

    2019.02.1

    ソールに鉛は注意が必要

    ヘッド重量をアップするのに手っ取り早いのはソール面に鉛を張ることです。ですがそれが原因です…

    ソールに鉛は注意が必要
  5. 傾斜を足で感じるために真っ直ぐ立つ

    2019.06.19

    傾斜を足で感じるために真っ直ぐ立つ

    パッティングをする際につま先側に傾きを感じたり、かかと側に傾きを感じたりすることが結構あります。…

    傾斜を足で感じるために真っ直ぐ立つ
  6. パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    2018.09.14

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency

    今日は パッティングストローク分析を受けてくれた方のデータを紹介します(数年前のデータですが...)…

    パッティングに関する色々な分布 1 Consistency
  7. ボールの赤道より上を打つ?

    2018.11.29

    ボールの赤道より上を打つ?

    最近ボールの転がりをよくするとかで、「赤道より上をフェースの下(リーディングエッジ)で打つ」なんて言…

    ボールの赤道より上を打つ?
  8. フェースバランスのパターでプッシュ

    2019.05.31

    フェースバランスのパターでプッシュ

    私も経験があるのですが、フェースバランスのパターや大型ヘッドのパターを使うとプッシュアウトのミスが…

    フェースバランスのパターでプッシュ
  9. またもや小さいテークバックの人が

    2020.02.10

    またもや小さいテークバックの人が

    先日ストローク分析をしにいらした方のテークバックがまたもや小さかったです。小さいので距離…

    またもや小さいテークバックの人が

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP